IBM Support

[Db2] システム起動時に DB2 インスタンスを自動起動する方法

Question/Answer


Question

オペレーティング・システム起動時に、DB2 インスタンスを自動的に起動できますか? できる場合、その方法を教えてください。

Answer

DB2 Unix/Linux 版は以下のいずれかの方法で、システム起動時にインスタンスを自動起動できます。

DB2 製品として意図された自動起動方法は a です。
しかし、障害モニターで監視されたインスタンスでは、結果としてシステム起動時にインスタンスが自動起動することがあるため、b として記載しています。

    1. 障害モニター・コーディネーター・デーモン (db2fmcd) による起動
      db2fmcd 起動時に、自動起動が設定されたインスタンスの db2start を実行します。
    2. 障害モニター・デーモン (db2fmd) による起動
      障害モニターによる監視が有効 (FM_ON) なインスタンスが活動化 (FM_ACTIVE) 状態の場合、そのインスタンスを起動します。db2fmd を自動起動するために、db2fmcd を起動する必要があります。

この Technote ではそれぞれの方法について説明します。

a) b) 共通

システム起動時に障害モニター・コーディネーター・デーモン (db2fmcd) が起動するように設定します。

  1. root でログインし、以下のコマンドを実行します。

    # <path_to_db2_install>/bin/db2fmcu -u -p <path_to_db2_install>/bin/db2fmcd

    /opt/ibm/db2/V10.5/bin/db2fmcu -u -p /opt/ibm/db2/V10.5/bin/db2fmcd

    注: db2fmcu コマンドは V10.5 FP8 および V11.1 FP0 まで systemd に対応していないため、RHEL7 など systemd を使用するオペレーティング・システムでは、以下の FAQ を参照して db2fmcd サービスを構成してください
    [DB2 LUW] RHEL 7 上 で DB2 インスタンスを自動開始する方法
    なお、V10.5 FP9 および V11.1 M1 FP1 以降の db2fmcu コマンドは systemd に対応しているため、systemd サービスを手動で構成する必要はありません。
    IT17462: RHEL 7: THE DB2 FAULT MONITOR FEATURE DOES NOT SUPPORT THE SYSTEMD INIT SYSTEM

a) 障害モニター・コーディネーター・デーモンによる起動

  1. インスタンス・オーナーでログインし、以下のコマンドを実行します。
    $ db2iauto -on <インスタンス名>
  2. db2iauto による変更が正しく反映されていることを確認します。
    $ db2set DB2AUTOSTART
    YES
    $ db2greg -getinstrec instancename=<instance_name>| grep -i StartAtBoot
    StartAtBoot  = 1
 

b) 障害モニター・デーモン (db2fmd) による起動

  1. インスタンス・オーナーでログインし、以下のコマンドを実行します。
    $ db2fm -i <instance_name> -f on // 障害モニターを有効にします。
    $ db2fm -i <instance_name> -U // 障害モニターを活動化します。
  2. db2fm による変更が正しく反映されていることを確認します。
    $ grep FM_ $HOME/sqllib/fm.*
      FM_ON = yes
      FM_ACTIVE = yes


    注: FM_ACTIVE は db2start/db2stop によって更新されます。
    システムをシャットダウンする前に db2stop でインスタンスを停止した場合、FM_ACTIVE は no に変更され、インスタンスは自動起動しません。


運用上の考慮点

V11.1 Linux 版では IT22237 のため、 a) db2fmcd による自動起動ができない場合があります。
IT22237 THE DB2FMCD PROCESS DOES NOT START DB2 INSTANCES AT SYSTEM BOOT TIME.

関連情報

db2fmcu - DB2 障害モニター・コントローラー・コマンド
db2fm - DB2 障害モニター・コマンド
インスタンスの自動開始
DB2 障害モニター・レジストリー・ファイル
パスポート・アドバンテージによく寄せられる質問

お問合せ先

技術的な内容に関して、サービス契約のもと IBM サービス・ラインにお問い合わせください。
IBM サービス・ライン

Document information

More support for: DB2 for Linux, UNIX and Windows

Component: --

Software version: 9.7, 10.1, 10.5, 11.1

Operating system(s): AIX, HP-UX, Linux, Solaris

Reference #: 2008168

Modified date: 06 February 2019