IBM Support

[DB2 LUW] バックアップ・イメージの互換性

技術情報(FAQs)


質問

システムの移行に伴い、現在 Linux で稼動しているデータベースを AIX に移行する予定です。
既存のシステムで取得したデータベースのバックアップを、移行先のシステムにリストアできますか。

回答

DB2 は異なるプラットフォームで取得されたバックアップのリストアをサポートしています。
ただし、異なるプラットフォームでのバックアップおよびリストア操作は、以下のプラットフォーム・ファミリー内でのみサポートされる点に注意してください。

    • ビッグ・エンディアン Linux および UNIX
    • リトル・エンディアン Linux および UNIX
    • Windows
    例えば、Windows 版のバックアップは Linux/UNIX 版にリストアできません。また、Linux x86-64 (リトル・エンディアン) 版で取得したバックアップは、AIX (ビッグ・エンディアン) 版にリストアできません。

バックアップ・イメージの互換性がないプラットフォームに移行する場合、db2move ユーティリティを使うか、db2look でオブジェクト定義を移行し、エクスポート/インポート (またはロード) によるデータ移行を検討してください。
[Db2] db2move によるデータベースの移行方法

運用上の考慮点
バージョンおよびフィックスパック
    • DB2 のバージョンやフィックスパックは、バックアップを取得したシステムより、リストアするシステムの方が同じか新しくなければなりません。たとえば V10.5 のバックアップは V10.1 へはリストアできません。
      注: Db2 V11.1 以降のモディフィケーションが異なると、バックアップとリストアの互換性が失われる場合があります。
      Compatibility between DB2 for LUW Version 11.1 Mod-Packs and Fix-Packs
    • バージョンが異なる場合、オフライン・バックアップのリストアのみサポートされます。リストア完了後、自動的にデータベースのアップグレードが行われます。
      V10.1 へアップグレード可能なデータベースは V9.5 以降で採取されたバックアップに限られます。
      V10.5 へアップグレード可能なデータベースは V9.7 以降で採取されたバックアップに限られます。
      V11.1 へアップグレード可能なデータベースは V9.7 以降で採取されたバックアップに限られます
    • バージョンが同じなら、オンライン・バックアップのリストアもサポートされます。これはロールフォワードが異なるバージョンのログをサポートしていないためです。
      ただし、V10.5 FP7 以降と V11.1 は特定の構成でロールフォワードに互換性があります。

      DB2 V11.1 インストールおよびアップグレードの機能拡張

ビット数の考慮点
    • 32 ビット・インスタンスで取得されたバックアップは、32 ビットおよび 64 ビット・インスタンスにリストアできますが、64 ビット・インスタンスで取得されたバックアップは 32 ビット・インスタンスにリストアできません。
      (ビット数が異なってもバックアップ・イメージ自体に互換性はあります。しかし、64 ビットで動作したメモリー構成が 32 ビットで動作する保証がありません。)

関連情報
DB2 サーバーのアップグレード V11.1
DB2 サーバーのアップグレード V10.5
DB2 サーバーのアップグレード V10.1

お問合せ先
技術的な内容に関して、サービス契約のもと IBM サービス・ラインにお問い合わせください。
IBM サービス・ライン

Document information

More support for: DB2 for Linux, UNIX and Windows
OTHER - Uncategorised

Software version: 9.5, 9.7, 10.1, 10.5, 11.1

Operating system(s): AIX, HP-UX, Linux, Solaris, Windows

Reference #: 1612389

Modified date: 15 June 2016