IBM Support

(参考) Sametime サーバーに接続しているクライアントの種類を特定する方法

Question/Answer


Question

  • Sametime サーバーへの接続に利用されているクライアントの種類、バージョンを確認する方法を教えてください。
  • サポートされているクライアントうち、一部のクライアントのみ Sametime サーバーへのアクセスを拒否する方法を教えてください。
  • Notes クライアントのバージョンアップ (内蔵 Sametime クライアントのバージョンアップ) 直後から、それまで使えていた Sametime サーバーにログインできなくなりましたが、どうすればよいでしょうか。

Answer

Sametime サーバーにログインするクライアントは、ログイン時に自分のクライアント ID をサーバーに渡します。各クライアントに対応するクライアント ID は以下のとおりです。
 

クライアントの種類 クライアント クライアントID
Sametime Connect クライアント (スタンドアロン) Sametime Connect 9.0.1 0x130F
Sametime Connect 9.0 0x130E
Sametime Connect 8.5.2 0x130D
Sametime Connect 8.5.1 0x130C
Sametime Connect 8.5 0x130B
Sametime Connect 8.0.2 0x130A
Sametime Connect 8.0.1 0x1308
Sametime Connect 8.0 0x1306
Sametime Connect (UIM) クライアント - 7.5, 7.5 CF1, 7.5.1 0x1304
Sametime Connect for desktop (C++ クライアント) - 3.1, 6.5.1, 7.0 0x1002
Sametime Connect for browsers (Java Connect) - 3.1, 6.5.1, 7.0 0x1003
Sametime Proxy クライアント Sametime 9 Proxy Server (ブラウザクライアント) 0x14AF
Sametime 9 Proxy Server (Meeting クライアント, ログインページからリダイレクトされる) 0x14B1
Sametime 9 Proxy Server (Meeting クライアント) 0x14B2
Sametime 9 Proxy Server (iNotes クライアント) 0x14B4
Sametime 9 Proxy Server (SDK アプリケーション) 0x14B6
Sametime 9 Proxy Server (SDK アプリケーション) 同時ログインサポート 0x14B8
Sametime browser (Web proxy) クライアント 8.5.2 0x14AD
Sametime browser (Web proxy) クライアント 8.5.1 0x14A2
Sametime browser (Web proxy) クライアント 8.5.0 0x14A0
Verse 0x14B9
Sametime Directory applet Sametime Directory applet 7.5.1 IMLU およびそれ以後のバージョン 0x1010
Sametime Meetings Sametime Meeting Room クライアント(ブラウザ) 0x1099
STLinks & Mobile Sametime 9 Mobile ブラウザ 0x1443
Sametime 9 Mobile iPhone 0x143C
Sametime 9 Mobile Android 0x143D
Sametime 9 Mobile 統合 iOS 0x143E
Sametime 9 Mobile 統合 Android 0x143F
Sametime Mobile native for iOS 8.5.2 IFR 1 0x143A
Sametime Mobile for iOS クライアント 8.5.2 0x1439
Sametime Mobile MIDP クライアント 8.5.2 0x1437
Sametime Mobile for Windows Mobile Expeditor 8.5.2 0x1438
Sametime Mobile native for Android 8.5.2 0x143B
Sametime Mobile iPhone クライアント 8.5.1 0x1436
Sametime Mobile UCC クライアント 8.5.1 0x1435
Sametime Mobile MIDP クライアント 8.5.1 0x1434
Sametime Mobile UCC クライアント 8.5 0x100A
Sametime Mobile MIDP クライアント 8.5 0x1431
Sametime Mobile 8.0.1 クライアント、Sametime Links (stlinks) アプリケーション (Domino Web Access など) 0x100A
Sametime Mobile 8.0 クライアント 0x101A
Sametime Mobile 7.5.1 クライアント 0x101A
Notes Notes 10 (統合 9.0.1 クライアントを使用)

0x122A

Notes 9.0.1 (統合 9.0.1 クライアントを使用) 0x129C
Notes 9.0.1 (統合 9.0 クライアントを使用) 0x1299
Notes 9.0.1 (統合 8.5.2 クライアントを使用) 0x1298
Notes 9.0 Basic / Domino Administrator 0x1216
Notes 9.0 (統合 9.0.1 クライアントを使用) 0x129B
Notes 9.0 (統合 9.0 クライアントを使用) 0x1247
Notes 9.0 (統合 8.5.2 クライアントを使用) 0x1246
Notes 9.0 Basic / Domino Administrator 0x1216
Notes 9.0 Beta 0x1246
Notes 8.5.3 (統合 8.5.2 クライアントを利用) 0x1244
Notes 8.5.3 (統合 8.5.1 クライアントを利用) 0x1243
Notes 8.5.3 Basic / Domino Administrator 0x1216
Notes 8.5.2 (統合 8.5.2 クライアントを利用) 0x1240
Notes 8.5.2 (統合 8.5.1 クライアントを利用) 0x123d
Notes 8.5.2 (統合 8.0.2 クライアントを利用) 0x123c
Notes 8.5.2 Basic / Domino Administrator 0x1216
Notes 8.5.1 (統合 8.5.2 クライアントを利用) 0x1248
Notes 8.5.1 (統合 8.5.1 クライアントを利用) 0x123B
Notes 8.5.1 (統合 8.5 クライアントを利用) 0x123A
Notes 8.5.1 (統合 8.0.2 クライアントを利用) 0x1235
Notes beta 8.5.1 0x1235
Notes 8.5 0x1234
Notes Beta 8.5 0x1333
Notes 8.0.2 Basic/ Domino Administrator 0x1216
Notes 8.0.2 Standard 0x1233
Notes 8.0.2 Mobile クライアント 0x01200
Notes 8.0.1 0x1233
Hotfix 179 (HF179) 適用済みの Notes 8.0 0x1150
Notes 8.0 Standard 版 (Eclipse) 0x1231
Notes 8.0 Basic 版 (non-Eclipse) 0x1215, 7.0.2 と同じ
Notes 7.0.4 (FP1、FP2 を含む) 0x1216
Notes 7.0.3 0x1216
-with fix to VROI6QTQK2/MLAT6UD735
Macintosh 用の Notes 7.0.2 0x1220
Macintosh 用クライアント以外の Notes 7.0.2 0x1215
- Notes 7.0.1 と同じ、問題報告番号 JSTN6YU3TJ を参照
Domino Administrator 7.0.2 0x1214 and 0x1215
Notes 7.0.1 0x1215
Notes 7.0 HF277 0x1216
Notes 7.0 0x1214
Notes 6.5.5 CCH1 0x1204
Notes 6.5.5 0x1203
Notes 6.5.4 CCH6 0x1204
Notes 6.5.4 CCH4/CCH5 0x1203
Notes 6.5.4 CCH2 0x1201
Notes 6.5.4 0x1200
Notes 6.5.3 CCH5 0x1203
Notes 6.5.2 0x1200
Notes 6.5.1 0x1002
Telephony Telephony Presence Adapter 8.5.1 0x17AA
Third party Trillian Pro with Sametime Plug-in 1.2.1 (alphaworks) 0x16BB
Trillian Sametime Plug-in 0.9.2.0 (SourceForge) 0x16AA
GAIM Meanwhile 1.2.8 0x1700
Pidgin Instant Messaging 2.5.1 0x1700
ツールキット C++ ツールキット利用クライアントの場合のデフォルト値 (GXS Monitor など) 0x1000
Java ツールキット利用クライアントのデフォルト値 (Blackberry など) 0x1001
Proxy 8.5.2 SDK クライアント 0x14AB
Proxy 8.5.2 iNotes クライアント 0x14A4
Proxy 8.5.1 SDK クライアント 0x14A3
Proxy 8.5 SDK クライアント 0x14A1
  Proxy 8.5 SDK iNotes 0x14A4


許可されるクライアントタイプの設定:

Sametime サーバーの sametime.ini の [config] セクションに以下のパラメータを追加することで、特定のクライアントのみログインできるように設定することができます。Sametime サーバーは、接続を要求しているクライアントのクライアント ID が sametime.ini パラメータにて指定されている場合のみ、接続を許可します。

VPS_ALLOWED_LOGIN_TYPES

このパラメータの値が設定されたサーバーをホームサーバーとして指定されている、すべてのクライアントのログインに影響します。

注意:sametime.ini を変更した後、変更を反映するためにサーバーを再起動する必要があります。

例:
[Config]
VPS_ALLOWED_LOGIN_TYPES=1001,1002

 

クライアント接続に関する stlog.nsf のエントリーの例:

IBM Sametime Community Server の stlog.nsf の Notes Community Server Login and Logout Events by Time または by User ビューを開きます。記録例を以下に示します。

重要度: Very Low

コミュニティサーバーイベント Login
日時: 2010/07/26 14:39
IP アドレス: 9.xxx.xxx.xxx
アプリケーション名: unknown type(0x1200) コメント:Notes クライアントのリリースを示します。この場合、0x1200 から Notes 6.5.4 クライアントが利用されていることがわかります。このパラメータは Notes クライアントの区別もします。

理由:
ユーザー ID: Username@servername.domain.japan.ibm.com
IBM Sametime Connectivity: Direct
クライアントバージョン: V6.5.1 コメント:クライアント内の Sametime コンポーネントのバージョンを示します。例えば Notes クライアント内の IM を開発するのに利用されたツールキットのバージョンを示します。
プロトコルバージョン: 30.6510

 

デバッグログを使った確認方法

上記 stlog.nsf ではバージョン情報が出力しない場合は、デバッグログを使って確認します。Community Server の sametime.ini に以下のパラメーターを設定し、Community Server を再起動します。

[Debug]
VPS_DEBUG_LOGIN_MSG=1

Trace フォルダーに StCommunity_*.txt 形式の CSV ファイルが生成されます。この中から "eType=xxxx, name" が存在し且つ、uID= にユーザー名が存在する (空ではない) ものを取り出して確認します。uID が空のものは uID=, のように区切り文字が直後に存在します。grep -i "eType=...., name" StCommunity_181023_1425_3504_000.txt | grep -i -v "uID=," のようにフィルタリングするとよいでしょう。出力例を以下に示します。

181023_142624.000,INF,LOGIN_MS,Sending LOGIN_ACK to 192.168.1.2, masterChId=13, info: eId=186b9eec 09bc8897, uId=CN=Domino Administrator,O=ibm, eType=1216, name=Domino Administrator, isPre75=1, clusterName=cn=wide33com/o=ibm, communityName=WIDE
 

---------------------------------------

優先ログインリストの設定:

優先ログインリストの設定にもこの表の値を使用することができます。あるユーザーが複数の異なるクライアントを通じて Sametime サーバーに接続している場合に、Sametime はログインリストの順序でそのインスタントメッセージングセッションを受け取るクライアントタイプを特定します。詳細については InfoCenter の優先ログインリストの設定を参照してください。


関連文書

原文:
(英文) 「How to determine the Client Type that is connecting to a Sametime server」(Technote #1114318)

(英文) 「Integrated awareness on Notes 6.5.x results in server outages」(Technote #1206369)
(英文) 「Notes Instant Messaging displays several public groups as 'Loading..'」(Technote #1154287)

この文書は、米国 IBM 社の資料を翻訳した参考文書です。日本語環境での検証は行っておりませんのでご注意ください。翻訳元の文書は、関連文書のリンクよりご参照ください。

 


Cross reference information
Product Component Platform Version Edition
IBM Notes Instant Messaging

Historical Number

731644

Document information

More support for: IBM Sametime

Component: Connectivity

Software version: 6.5.1, 7.0, 7.5, 8.0, 8.5, 9.0, 9.0.1

Operating system(s): AIX, IBM i, Linux, OS X, Solaris, Windows

Reference #: 1465158

Modified date: 01 November 2018


Contact and feedback

Need support?