IBM Support

元号の変更に伴う IBM i の対応について

Flashes (Alerts)


Abstract

2019年5月1日に元号変更にともなうIBM iへの影響をまとめました。

Content

1.対象のお客様
IBM i をご使用のお客様

2.対象ソフトウェア
IBM i 7.2, 7.3

3.元号の変更による影響
2019年5月1日に元号が変更となり、新元号の公表はその1ヶ月前となる見通しです。

IBM i の管理している時刻情報は協定世界時(UTC)であり、元号そのものは扱っておりません。このため元号が変更になってもOSの動作には影響はありません。
IBM i としては元号に関連する機能をいくつか提供していますが、IBM i 内で提供されるライセンス・プログラムにおいてこれら機能は使用していないため、動作への影響はありません。

元号に関連する機能として、合字※の文字コード間の変換機能、合字を含むフォントを提供しています。ユーザー・アプリケーションがこれらを使用している場合は、新元号の発表後に対応が必要となります。

※ 漢字2文字からなる元号を、1文字にまとめて表示する特殊文字

4.対応方法
4-1. 時刻の元号表示 (IBM i)
IBM i では時刻を元号で表示する機能が無く、IBM i の COBOL/RPG/SQL には和暦対応機能や西暦-和暦変換機能はありません。(※PASEやQshellのUNIX統合実行環境ではdateコマンドにて和暦対応機能はあります)
現在、システム日付/QDATE を和暦/平成で運用しており改元後は新元号で運用をする場合、タイムゾーン(システム値 QTIMZON)の活用をお勧めします。
UTC からの時差やサマータイムの情報を含むタイムゾーン(*TIMZON)を指定することで、ローカルタイムである QDATE や QTIME が決まり和暦対応となります。

タイムゾーンにはローカルカレンダーの年が西暦と何年違うかを指定する「年オフセット(YEAROFS)」パラメーターがあります。
新元号をシステム日付にする場合、新しいタイムゾーンを作り、西暦と新元号の差である「-18」を設定します。
タイムゾーンの名前は任意です。下記では仮に「JP_NEW」という名前でタイムゾーンを作成しています。

CRTTIMZON TIMZON(JP_NEW) OFFSET(+540) YEAROFS(-18)

作成したタイムゾーンを QTIMZON にセットすれば、QDATE は即時に新元号に切り替わります。制限状態や IPL は不要です。

CHGSYSVAL SYSVAL(QTIMZON) VALUE('JP_NEW')

タイムゾーン使用の注意事項としては、新元号のタイムゾーンに変更したとしてもジョブスケジューラの日付は旧元号のままとなります。
OS標準のWRKJOBSCDEコマンドと有償ライセンスプログラムの拡張ジョブスケジューラ(IBM Advanced Job Scheduler for i)の両方が対象となります。
WRKJOBSCDEコマンドの場合は手動でジョブ・スケジュール項目の変更が必要となり、拡張ジョブスケジューラはジョブのリセット処理で日付が自動更新されます。

4-2. 時刻の元号表示 (Java)
Javaでは時刻を元号で表示する機能がjava.util.Calendarクラス、およびJava8からのJSR-310 Date and Time APIで提供されています。
これらの機能を使用している場合、新元号に対応したアップデートを適用いただくことをお勧めします。

4-3. 合字の文字コード変換・フォント
新元号の合字はUNICODEとEBCDIC(CCSID 1399)に用意される予定です。
新元号の合字には UNICODE の U+32FF が割り振られます。
対応するEBCDICとして CCSID 1399 に x'E860' として割り振られる予定です。
新元号の合字を利用するには下記の両方での対応が必要です。

  • 表示・印刷のためのフォント
通常、表示・印刷のためのフォントには Windows などクライアント上のものが利用されます。
そのため、利用するのであれば、クライアント上のフォントが更新されるのが前提です。
プリンター上のフォントを利用している場合、そちらの更新が前提になります。

IBM i 上にも表示・印刷用のフォントが存在します。
AFP印刷の場合、IBM i 上のフォントが利用可能です。
しかし、IBM Advanced Function Printing DBCS Fonts for AS/400 (5769-FN1) は、そもそも CCSID 1399 に対応しておらず、元号合字を持っていません。こちらを利用の場合は、現在、元号合字を利用していないため対応は不要です。
IBM AFP Font Collection for IBM i product (5733-B45) は元号合字を持っているため、利用している可能性があります。元号合字を利用しているか調査し、利用している場合は、新元号も合字を利用するか検討したうえで、フォントが更新される時期を IBM に確認してください。
更新時期については当フラッシュ発行時点(2019/2/15)では未定です。

  • 製品内の変換テーブル
PCOMM や ACS の 5250 エミュレーションで新しい合字を利用するには製品内のUNICODE-EBCDICのテーブルへの追加が必要です。JT400/Toolbox for Javaでの利用も同様です。
これらは各製品の更新を待ち、利用環境へ導入する必要があります。元号合字を利用しているか調査し利用している場合は、新元号も合字を利用するか検討したうえで、更新される時期を IBM に確認してください。
更新時期については当フラッシュ発行時点(2019/2/26)では未定ですが、ACSについては後述のとおり2019年4月に予定されるアップデートで対応予定です。

4-4. その他更新計画
1)ロケール
システム提供の日本語ロケールは新元号を反映するように更新されます。ソース・ファイルとロケール・オブジェクトが必要な変更が反映されて更新されます。
更新時期については当フラッシュ発行時点(2019/2/26)では未定です。

2)Integrated Language Environment (ILE)
IBM i の統合化言語環境(ILE)はILE Common Execution Environment (CEE) APIsを提供しています。日付関連のAPI(CEEDAYS, CEEDATE, CEESECS, CEEDATM)は必要な変更が反映されて更新されます。
更新時期については当フラッシュ発行時点(2019/3/15)では未定です。

3)PASE
ロケールとコンバーターで必要な変更を反映するようにPASEを更新する予定です。
ただし、PASEはその元となるAIXの更新に依存しているため、AIXでの計画が確定すると正確な更新時期を提供することが可能です。

4)IBM i オプション43 追加フォント
このオプションに含まれるWorld Typeフォントを新元号対応に更新する予定です。
APARでの更新予定日は2019年4月26日です。

5)Toolbox for Java (JT Open, JT400)
UNICODEとEBCDIC間の変換サポートは、新しいマッピングをサポートするように更新予定です。
更新時期については当フラッシュ発行時点(2019/2/26)では未定です。

6)IBM i Access Client Solutions (ACS)
ACSは2019年4月に予定されているアップデートで、新元号に対応予定です。なお、テストFixは作成済みなため、正式提供される前に検証等で必要な場合はIBM サービス・ラインへのお問い合わせにてテストFixの提供も可能です。5250エミュレーターは全ての日本のホストコードページに対応する予定です。
また、ACSはJavaに依存しているため、Javaを新元号に対応するレベルに更新する必要があります。

7)IBM AFP Font Collection (5733-B45)
このライセンスプログラムで提供されるAFPフォントは新元号に対応予定です。
更新時期については当フラッシュ発行時点(2019/2/26)では未定です。

8)IBM Developer Kit for Java
Java 7/7.1/8にて新元号に対応予定です。
更新時期については当フラッシュ発行時点(2019/2/26)では未定です。

9)ILE C と C++
CEEDAYS APIなどのC/C++ランタイムでの処理は、ロケール設定の影響を受けます。前述した新しいロケール・オブジェクトがシステムにインストールされると新しい値がランタイムによって使用されます。

10)シェル・サポート
PASEには3つのシェル(Korn, Bourne, C Shell)が含まれており、これらはPASEが更新されると新元号に対応します。

4-5. 非対応情報
1)IBM i Access for Windows (5770-XE1)
この製品の最終リリースはV7.1であり、2019年4月30日をもってサポート終了となるため更新予定はございません。
保守終了に関する詳細はこちらをご覧ください。
https://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=isg3T1026807

2)IBM i オプション39 International Components for Unicode (ICU)
ICUサポートは更新される予定はございません。新しいバージョンのICUを希望される場合は、以下のICUのソースサイトから入手可能です。ICUサイトによると、新元号を含む最初のICUリリースはICU 64.2以降のメンテナンス・アップデートを予定しています。
http://site.icu-project.org/home

3)Advanced Function Printing DBCS Fonts/400 (5769-FN1)
前述のとおり、CCSID 1399に対応していないため、更新予定はございません。

4)AFP Font Collectionの旧製品 (5648-B45, 5648-E77)
更新予定はございません。

4-6. PTF情報
これらのPTFは特に明記されない限り、4月12日までに公開される予定です。

機能 APAR番号 備考
CCSID conversions MA47452 公開済み、IPL必要
R720: MF65729    R730: MF65728
Locale Source SE70802 4月1日の新元号発表待ち
Locale Objects SE70542 4月1日の新元号発表待ち
ILE support SE70630 4月1日の新元号発表待ち
Option 43: Additional Fonts 未定 4月26日の公開を予定

以上

Related information

2019年 新元号対応に関するガイド ~IBMシステム製品~

Document information

More support for: Power Systems

Version: All Versions

Operating system(s): IBM i

Reference #: 0872332

Modified date: 29 March 2019