IBM Support

IBM Notes Traveler: デバイスのワイプ前の不正解パスワード数について

Question/Answer


Question

IBM Notes Traveler を使用しています。
デバイスのセキュリティ設定にある「デバイスのワイプ前の不正解パスワード数」とは、どのような機能なのでしょうか?

Answer

Traveler の管理画面 (lotustraveler.nsf) の 「デバイスの設定」 -> 「設定」-> 「セキュリティ設定」 にある、各デバイスのセキュリティ設定の一つに、「デバイスのワイプ前の不正解パスワード数」の項目があります。(この項目は「デバイスのパスワードが必要」の項目を有効にすると表示されます)
 
デフォルトのデバイス設定とセキュリティ設定の値
 
この項目は、設定すると次の機能が有効になります。
 
[1] iOS デバイスにおいて、iOS 標準のメールアプリを使用する場合 ("Apple Mail" のタブにて設定した場合)
 
iOS デバイスの画面がロックした後、ロックを解除する際のパスワード入力において、「デバイスのワイプ前の不正解パスワード数」で設定した回数、パスワード入力を間違えると、デバイスがハードリセットされます。

 
[2] iOS デバイスにおいて、Verse for iOS を使用する場合 ("IBM Verse" のタブにて設定した場合)

他のセキュリティ項目の設定と合わせ、Verse 起動時に「アプリケーションパスコード」というパスワード設定が可能になります。
以降、Verse の起動ではこのパスワード入力が必要になりますが、パスワード入力において、「デバイスのワイプ前の不正解パスワード数」で設定した回数、パスワード入力を間違えると、Verse アプリが初期化されます。


[3] Android デバイスにおいて、iOS 標準のメールアプリを使用する場合 ("Android" のタブにて設定した場合)
 
Android デバイスの画面がロックした後、ロックを解除する際のパスワード入力において、「デバイスのワイプ前の不正解パスワード数」で設定した回数、パスワード入力を間違えると、デバイスがハードリセットされます。


 

Document information

More support for: IBM Traveler

Software version: All Versions

Operating system(s): Windows

Reference #: 0737157

Modified date: 30 October 2018