IBM Support

Notes Standard 版が動作不安定時における JVMヒープ調整による対策について

Troubleshooting


Problem

Notes クライアントの動作が不安定になる場合があります。具体的には画面の描画不良 (表示されない、表示が乱れるなど)、緩慢な動作 (起動に時間を要する、操作に対する反応が遅い)、起動の失敗、一時的・永続的なハングアップ、クラッシュなどです。この状況は Standard 版では発生しますが Basic 版で起動した場合には発生しません。

 

Cause

Notes Standard 版は、Basic 版と異なり、基盤として Java で作られた Eclipse Rich Client を使用し、その上で Notes クライアントが動作しています。Basic 版では問題が発生しないが Standard 版でのみ問題が起きる場合は Eclipse Rich Client に原因があることが殆どです。


Java ではメモリーの再利用を行うためにガベージ・コレクションと呼ばれる処理が自動的に行われます。使用済みのメモリー領域を掃除し、以後のプログラム処理に使うまとまった領域を確保します。この処理が行われる場合はプログラムは一時停止し、ベージ・コレクション完了後に再開します。ガベージ・コレクションの所要時間はさまざまであり 1秒未満から数十秒を要する場合もあります。メモリー領域が狭く、空きに余裕がない場合にはガベージ・コレクションが頻繁に動作します。そのため、プログラムが一時停止したり、最悪の場合にはメモリーが不足して描画不良や動作停止したりするなどさまざまな形で影響が表面化します。
 

Resolving The Problem

原因はさまざまであり問題の解消にはデバッグログを取得するなどして原因特定が不可欠です。しかしながら、過去に発生した同事象の調査結果から、Notes クライアントに設定されている JVM ヒープ設定により、問題の解消、改善に至る例が多く存在します。同事象が発生した場合の対処策の一つとして有効な場合がありますので、以下に設定変更方法を示します。

1. Notes クライアントを終了する。
2. <Notes プログラム>\framework\rcp\deploy\jvm.properties をエディターで開き、先頭付近にある以下の内容を変更し、保存する。変更にあたっては元の設定値をメモする、あるいはファイルをバックアップするなどして、元に戻せるようにしておきます。
Notes の一部のバージョンや Fix Pack 利用時には、一部項目が既にこの設定になっている場合があります。

vmarg.Xmx=-Xmx512m
vmarg.Xms=-Xms128m
vmarg.Xmca=-Xmca512k

3. Notes クライアントを起動して、動作確認を行います。効果確認を行い、他の PC への適用を行ってください。

 

  • Xmx は最大使用メモリー量を規定します。経験的に Notes クライアントの利用では 512 MB を超えることはありません。Notes クライアントが不安定になる場合の最大の原因は Xmx の不足です。512m  にすることで効果を発揮します。
  • Xms は起動時に取得するメモリー領域を規定します。128m ないしは 256m を設定しておきます。
  • Xmca はメモリー不足時に追加で取得する増分を規定します。小さな増分量で繰り返しメモリー取得を行うよりも、ある程度の大きさで取得する方が効率は向上します。

 

PC の搭載メモリーは発売時期や製品構成により大きく異なり、なかには 1GB のものやメモリーを大きく確保できない 32-bit OS も存在します。そのような状況において、Notes クライアントがメモリーを大きく予め確保した場合の副作用と 、Notes クライアントの安定動作のバランスを考慮してデフォルト値を決定、動作確認を行っています。しかしながら、ハードウェアのリソースを共有する PC においてはデフォルトでは不足するケースが発生します。

Notes 利用環境においてメモリーが潤沢に利用可能な場合には上記設定は有効であり、全体的なパフォーマンス向上の効果もあります。ただし、搭載メモリーが 1 GB や 2GB などの PC で、他のアプリケーションの利用などにより利用可能なメモリーが潤沢ではない場合には、PC 全体のパフォーマンスとの兼ね合いの点において考慮が必要です。

Document information

More support for: IBM Notes

Software version: 9.0

Operating system(s): Windows

Software edition: Standard Edtion

Reference #: 0734781

Modified date: 11 October 2018