IBM Support

Notes 9.0.1FP10 で Notes 再起動後にデータベースの文書を開くことができなくなる

Troubleshooting


Problem

Notes 9.0.1FP10 適用後、Notes 再起動後に次の操作を行うとデータベース内の文書を開くことができなくなります。

<問題の再現手順>
1. Notes 側で次の設定を有効にしておきます。
・設定 - ウィンドウとテーマ - ウィンドウの管理 - アプリケーションごとに、文書はひとつのタブにまとめる
・設定 - ウィンドウとテーマ - Lotus Notes 終了時に開いていたタブを、起動時に再度開く
2. Notes でディスカッションデータベース等任意のデータベースを開き、開いたままで Notes をシャットダウン、その後起動します。
3. Notes を再起動後、「Lotus Notes 終了時に開いていたタブを、起動時に再度開く」の設定に基づき手順 2 で開いていたデータベースのウィンドウタブが表示されています。そのタブに移動します。
4. ビューより文書をダブルクリックで開く、または文書を選択した状態で Enter キーを押しても文書を開くことができません。

Resolving The Problem

当事象は問題報告番号 JADGAWTUBH として IBM Quality Engineering に報告されておりますが、現時点で修正予定は未定です。

<回避策>
Note 9.0.1FP10 以降のリリースでは、「アプリケーションごとに、文書はひとつのタブにまとめる」ではない他の選択肢(例:各文書を別のタブで開く)をご利用ください。
 

<補足>

Notes 9.0.1FP10 以降のリリースにおいて、次の設定であるにもかかわらず条件が揃うと同様の問題が発生することがあります。

・「設定 - ウィンドウとテーマ - ウィンドウの管理 - アプリケーションごとに、文書はひとつのタブにまとめる」は有効
・「設定 - ウィンドウとテーマ - Lotus Notes 終了時に開いていたタブを、起動時に再度開く」は無効

Notes 使用中にクラッシュやハングアップが発生して Notes を強制終了し直後の Notes の起動時には「Lotus Notes 終了時に開いていたタブを、起動時に再度開く」が無効であっても強制終了する直前まで開いていたデータベースのウィンドウタブが開かれてしまう場合があります。

この状況において「アプリケーションごとに、文書はひとつのタブにまとめる」が有効であると、問題報告番号 JADGAWTUBH で報告されている事象が発生します。問題発生時には Notes を一旦「ファイル - 終了」で終了し、その後 Notes を起動します。そうすることでウィンドウタブが開かれた状態で起動しないため問題の回避が可能です。

Document information

More support for: IBM Notes

Software version: 9.0.1.10

Operating system(s): Windows

Reference #: 0730229

Modified date: 01 November 2018