IBM の予知保全ソリューションは、早期に異常を検知することでコストのかかるダウンタイムを回避し、保全費を削減することをご支援します。予測分析により障害の予兆を検出できるため、早期に必要な意思決定を促し、障害を未然に防止することを可能にします。
企業はこれにより、限られた保全リソースをより効率的に活用し、設備の稼働率を高め、製品の歩留まりを改善するなど、経営効率を高めることができます。

予兆を捉えて問題を未然に解決

IBMの予知保全ソリューションPredictive Maintenance and Quality(PMQ)がどのような仕組みで早期に異常を検知し、必要な対応を可能にするのかをご紹介します。

お問い合わせはこちら

まずはお気軽にご相談ください

ソリューション

Watson IoT施設管理

施設管理ソリューションにより、不動産を適正な規模にすることができます。

将来を予測することで、生産ラインの稼働状態を維持

生産ライン・マネージャーの1日を例に、1つのトラブルを契機に連鎖的に発生する問題をシミュレーション。PMQがそれをどのように回避するのかをご説明します。

アナリティクスでプロセスと資産管理を最適化

製造業の上級管理職は日々、経営に関わる多くの意思決定に追われています。それを直感ではなくデータに基づいたものにするためのソリューションをご紹介します。

企業収益をダウンさせる非効率を防ぐ

故障による効率の低下が企業の最終収益にどのようなインパクトを与えるのか、それを回避できればどれほどの効果があるのか、予知保全の重要性についてご紹介します。

エキスパートと話す

電話番号:0120-550-210
(識別コード:IoT)

事例

株式会社I H I物流産業システム

株式会社I H I物流産業システム

設備の遠隔監視と故障予測、計画点検など予防保全を行う保守サービス基盤を構築。

「設備の稼働率を向上させることは顧客満足度の向上や競合他社との差別化につながります。そこで従来の“故障後のメンテナス”から、“故障させないメンテナンス”への転換を図ることにしたのです」
杉山 良一氏
メンテナンス技術部 部長

日本電産

日本電産

日本電産グループのモータを組み込んださまざまな生産設備・機器における「早期異常検知による稼働率向上」と「要因分析の効率化による停止時間の短縮」を主な目的としたビッグデータ解析技術に関する取組みを開始

日立造船

日立造船

ごみ焼却発電プラントにおける「燃焼の異常検知」と「燃焼の安定・最適燃焼値の導出」を中心とする最適運転管理システムを構築

本田技術研究所

本田技術研究所

電気自動車(EV)のバッテリーの生産からリサイクル、廃棄まで一品ずつ追跡し、そのライフサイクル全体を管理できるシステムを構築。

「限りある化石由来のエネルギー・資源の使用や温室効果ガス排出の抑制に貢献できるEVの普及が期待されます。優れたEV用バッテリーシステム開発に向け、性能変化に影響を及ぼすキーファクターを見極めようと、さまざまな実測データを集め、分析することにしました。」
武政 幸一郎氏
主任研究員

詳細情報はこちら

  IBM Predictive Maintenance and Quality (PMQ)

生産設備や機器の稼働率とパフォーマンスを最大化させる「予知保全ソリューション」

アナリスト・レポート: 資産管理 - アナリティクスで予知保全を促進

業界トップの企業はいかにして日常業務の一部にアナリティクスを取り入れて、資産の障害を予測し、関連するプロセスを最適化しているのか

ホワイト・ペーパー: 資産の生産性と運用実績を最大化 - 予防保全のためのアナリティクス

予防保全とは何か、予防保全を問題領域に適用する際の簡単な手順など をわかりやすくご紹介

アナリスト・レポート: 資産管理 - アナリティクスで予知保全を促進

業界トップの企業はいかにして日常業務の一部にアナリティクスを取り入れて、資産の障害を予測し、関連するプロセスを最適化しているのか

ホワイト・ペーパー: 資産の生産性と運用実績を最大化 - 予防保全のためのアナリティクス

予防保全とは何か、予防保全を問題領域に適用する際の簡単な手順など をわかりやすくご紹介

エキスパートと話す

電話番号:0120-550-210
(識別コード:IoT)