IBMのWatson Marketing とは?

ソーシャルメディアやモバイルアプリに象徴されるデジタルを中心に変化し続ける顧客接点。マーケティングはいかに進化して顧客体験、カスタマー・エクスペリエンス (CX) を創造しブランドの価値をカスタマーに届けるのか。IBMのコグニティブシステム「IBM Watson」が実現するWatson Marketingは「新しい顧客体験」「より高度なデータ分析」「マーケティング業務の効率化」の3つの領域から新しいマーケティングを実現します。

Watson Marketing 活用事例

ここでは、Watson Marketing実現に不可欠な、データを蓄積し活用するための仕組みづくりの事例から、IBM Watsonの機能を最大限に活用した最先端事例まで、幅広くご紹介します。


プレスリリース


お客様事例紹介ビデオ

North Faceは「IBM Watson」を活用し、お客様が買いたい服や小物などを簡単に見つけらるように音声のショッピング・ガイドを導入することで、お客様とのより強いエンゲージメントとパーソナライゼーションを実現しています。

Watson Marketingを始めるには?

Watson Marketingには3つのエントリーポイントがあり、自社の課題や実現したいことに合わせてはじめることができます。
データを蓄積し活用するための仕組みが準備できれば、Watsonの機能はそこに自動的に組み込まれ、マーケターは自然とそれを使いこなすことができます。

キャンペーン・オートメーション:
IBM Watson Campaign Automation

顧客行動を起点としたマーケティング・キャンペーンのクロスチャネルでの実施を支援し、業務を効率化しながら、よりきめ細かいキャンペーン設計を実現します。


マーケティング・インサイト:
IBM Tealeaf Customer Experience on Cloud

顧客の行動データを用いて、クロスチャネルのショッピング・ジャーニーを分析し、より確度の高いオーディエンスに対して理想的なインタラクションを提供できるようになります。


リアルタイムパーソナライゼーション:
IBM Interact

今、まさに対面している個人にパーソナライズされた最適なオファーやコンテンツをリアルタイムに届けることができ、その精度はWatsonの自己学習により常に改善されていきます。


お問い合わせはこちら