SPSS Modelerが実現する需要予測の世界

顧客の属性情報の分析で十分ですか?
成長を続ける企業の顧客分析とは、顧客の行動を分析して顧客の次のうごきを予測し、効率的で効果的なアクションを実施することです。

需要予測システムの精度や適正在庫をどう判断するかについて、課題をお持ちですか。予測分析ソフトSPSS Modelerを活用し、最新の統計モデルを適用した需要予測モデルを構築できます。需要予測をもとに、適正安全在庫水準を算出し、発注サイクル、発注ロットサイズ、リードタイムの最適化を図ることが可能です。


顧客の維持とロイヤルティの向上

顧客の維持とロイヤルティの向上

現在と将来の顧客のニーズを正確に予測することで、マーケティング・キャンペーン結果の向上、販売サイクルの短縮、顧客満足度の向上、ニーズにあった生産、他のビジネスとの密な連携が可能です。


予知保全により企業収益をダウンさせる非効率の回避

予知保全により企業収益をダウンさせる非効率の回避

装置や機器が故障するタイミングが予測できれば、故障を未然に防ぐことができ、アセットの不測のダウンタイムを抑え、メンテナンスコストの削減を実現できます。定期的なメンテナンスを最適化して従業員の生産性を向上し、在庫コストを下げることで、企業は大幅なコスト削減を実現できます。さらに、製品の品質改善にもつながり、これはお客様満足度の向上に寄与します。

 

選ばれる理由

IBM SPSSを導入いただいた企業の方へ「なぜSPSSを選んだのか」その決め手をインタビューしました

ユーザーの行動分析から継続率向上を

分析者に大切なのは社会経験に基づく想像力。
SPSS Modelerなら幅広い人材を分析者にできる

株式会社ルグラン代表取締役 共同CEO 泉 浩人 氏


株式会社リクルートライフスタイルデータサイエンティスト 松本健氏 氏

SPSS Modeler はプログラミングに慣れていないマーケティング担当者でも簡単に分析できる。最近ではR やPython も取り込めるので、分析の統合プラットフォームとしても重要な役割を担うことに

株式会社リクルートライフスタイルデータサイエンティスト 松本健氏 氏


日本航空株式会社 Web販売部 1to1マーケティンググループ アシスタントマネジャー 渋谷 直正 氏

SPSS Modelerなら、GUIでデータ加工・集計から分析まで一気通貫でデータ分析者育成のハードルを乗り越えられる

日本航空株式会社 Web販売部 1to1マーケティンググループ アシスタントマネジャー
渋谷 直正 氏

エキスパートと話す

電話番号:0120-550-210
(識別コード:SPSS)

 

SPSS Modelerがあれば

予測に基づく洞察であらゆる意思決定を支援
IBM SPSS ソフトウェアがあれば、どこにいてもデータに基づく意思決定を下し、ビジネスの成果を向上させ、リスクを管理できます。

IBM SPSS Modelerを約2分で分かりやすくご紹介(日本語字幕)

データマイニングワークベンチ IBM SPSS Modeler
※登録フォームは英語ですが、日本語で入力いただけます

わかりやすいビジュアル・インターフェイス 直感的でわかりやすいビジュアル・インターフェースを使い、ユーザーのレベルにかかわらず、高度な分析や予測モデルの構築ができます。ビジネス知識や専門領域の知識をもつビジネス・ユーザーは、コーディングといった技術的なタスクではなく、その知識をデータ・マイニングのプロセスに活かすことができます。
データ準備とクレンジング 時間のかかるデータ準備を自動化し、分析に最適なフォーマットのデータをすばやく用意できます。自動化されるタスクには、修正が必要なデータの識別、フィールドの選別、新規属性の導出、高度なスクリーニング技術によるパフォーマンスの向上などがあります。
自動データ・モデリング 自動モデリングで、複数のモデル化手法の比較が可能です。各モデル・タイプに特定のオプションを設定し、さまざまなモデルの組み合わせとオプションを探索できます。生成されたモデルは、指定した評価基準に基づきランク付けられ、最も優れたモデルを保存してスコアリングや、さらなる分析に使用できます。
地理空間情報分析 位置情報と結びつけることができるデータ・エレメントの関係性を探索し、データの地理的、空間的分析を実行して、表やグラフからでは把握できない知見を明らかにできます。空間的なマイニングでは、ESRI シェープファイルを使用して容易に地理空間データを取り出して利用できます。非空間データと空間データの両方を分析することで、モデルの精度が全体的に高まり、人やイベントに対する知見を深めることができます。
R、Pythonプログラム言語での拡張性 SPSSのインターフェイスを使い、RやPythonのシンタックスを実行できます。データ変換や統計解析、予測分析のためのアルゴリズムといったSPSSの機能に、RやPythonによるカスタム・コードを適用することができます。さらに、カスタム・ダイアログ・ビルダーで、分析にRやPythonのようなプログラミングを使用しないユーザーとも、Rで作成したスクリプトの共有や再使用が可能です。

わかりやすいビジュアル・インターフェイス


直感的でわかりやすいビジュアル・インターフェースを使い、ユーザーのレベルにかかわらず、高度な分析や予測モデルの構築ができます。ビジネス知識や専門領域の知識をもつビジネス・ユーザーは、コーディングといった技術的なタスクではなく、その知識をデータ・マイニングのプロセスに活かすことができます。


データ準備とクレンジング


時間のかかるデータ準備を自動化し、分析に最適なフォーマットのデータをすばやく用意できます。自動化されるタスクには、修正が必要なデータの識別、フィールドの選別、新規属性の導出、高度なスクリーニング技術によるパフォーマンスの向上などがあります。


自動データ・モデリング


自動モデリングで、複数のモデル化手法の比較が可能です。各モデル・タイプに特定のオプションを設定し、さまざまなモデルの組み合わせとオプションを探索できます。生成されたモデルは、指定した評価基準に基づきランク付けられ、最も優れたモデルを保存してスコアリングや、さらなる分析に使用できます。


地理空間情報分析


位置情報と結びつけることができるデータ・エレメントの関係性を探索し、データの地理的、空間的分析を実行して、表やグラフからでは把握できない知見を明らかにできます。空間的なマイニングでは、ESRI シェープファイルを使用して容易に地理空間データを取り出して利用できます。非空間データと空間データの両方を分析することで、モデルの精度が全体的に高まり、人やイベントに対する知見を深めることができます。


R、Pythonプログラム言語での拡張性


SPSSのインターフェイスを使い、RやPythonのシンタックスを実行できます。データ変換や統計解析、予測分析のためのアルゴリズムといったSPSSの機能に、RやPythonによるカスタム・コードを適用することができます。さらに、カスタム・ダイアログ・ビルダーで、分析にRやPythonのようなプログラミングを使用しないユーザーとも、Rで作成したスクリプトの共有や再使用が可能です。


 

簡単5ステップで「分析プロセスを構築」を体験してみませんか。 

Step1

ibm analytics

複数のデータソースを読込可能

Step2

ibm analytics

複数のデータソースを結合して特定条件で抽出、また新しい項目の生成

Step3

ibm analytics

散布図で2項目間の相関を確認したりヒストグラムで分布を理解

Step4

ibm analytics

存続/離反の結果を決定づける要因を取引履歴からつきとめ構造化する

Step5

ibm analytics

複数の予測モデルの精度を比較、エクセル帳票として出力、バッチ・ルーチン化して業務に展開

あなたのニーズに合わせた最適なプランをご提案します。
マーケットプレイスへ

エキスパートと話す

電話番号:0120-550-210
(識別コード:SPSS)

お問い合わせはこちら