ビジネス現場で分析者が足りない!!

日本国内でデータ・サイエンティストが在籍している企業は全体の4割程度と言われています。データ・サイエンティストには業務知識のみならず数学や統計学、情報処理の能力が求められますが、それらを兼ね備えた人材を育成するには非常に時間がかかります。データ・ドリブンにビジネスの決断を進める期待に応える組織づくりは、ビジネス現場の課題となっています。

全11回 分析力がアップする IBM SPSS Modelerメールシリーズ

解決1: 初心者でも簡単にデータ・マイニングにトライできる環境を作る

このようなデータ・サイエンティスト人材の不足を埋めてくれるのが、データマイニング・ソフトウェアであるSPSS Modelerです。 専門的なデータサイエンスの知識を持たない業務部門の方でも、分かりやすいGUIによる操作で、簡単にデータマイニングを行うことができます。

データ・マイニング 予測分析ソフト 国内シェアNo.1*

IBM SPSS Modeler は、全世界で多くの企業に選ばれており、業務に多用される分析手法から最新の機械学習までを幅広くカバーした統合予測分析ソリューションです。

解決2: オープン・ソースを駆使しながらも、1人のスーパーマンを育成するのではなく、「データ・サイエンス・チーム」を作る

オープン・ソースを操るデータ・サイエンティストを抱える分析チームの方へ。今、企業に必要なのは、1人のスーパーマンを育成することではなく「データ・サイエンス・チーム」を作ることです。最高のオープン・ソースとIBMを同時に使用することで、コラボレーションが進み、より迅速に価値を創出できます。

 

SPSS Modelerはなぜ現場で受け入れられるのでしょう?

 
icon

ノンプログラミングでデータ分析を行うことができます。

icon

わかりやすいビジュアルインターフェースで、2-3日の講習で操作を覚えることができます。

icon

分析に必要なデータ加工も同時に行うことができます。

icon

分析シナリオがアイコンで視覚化され、分析ロジックを業務部門にも共有化しやすくなってます

icon

ライセンスは1ユーザーから利用可能なため、比較的安価なスタートが可能です。

選ばれる理由

 

IBM SPSSを導入いただいた企業の方へ「分析をどう活用されてるのか」「なぜSPSSを選んだのか」などインタビューしまします。

株式会社本田技術研究所

「お客様を知る」ため、素早くアプリケーションの開発/デプロイ/修正を短いサイクルで繰り返し、アイデアを育てる環境を構築

株式会社本田技術研究所

株式会社リクルートライフスタイルデータサイエンティスト 松本健氏 氏

R やPython も取り込めるので、分析の統合プラットフォームとしても重要な役割を担うことに

株式会社リクルートライフスタイルデータサイエンティスト 松本健氏 氏

日本航空株式会社 Web販売部 1to1マーケティンググループ アシスタントマネジャー 渋谷 直正 氏

SPSS Modelerなら、GUIでデータ加工・集計から分析まで一気通貫でデータ分析者育成のハードルを乗り越えられる

日本航空株式会社 Web販売部 1to1マーケティンググループ アシスタントマネジャー
渋谷 直正 氏

エキスパートと話す

IBMアクセスセンター(一次受付)電話番号:0120-550-210
(識別コード:SPSS)

SPSS Modelerがあれば

 

予測に基づく洞察であらゆる意思決定を支援
IBM SPSS ソフトウェアがあれば、どこにいてもデータに基づく意思決定を下し、ビジネスの成果を向上させ、
リスクを管理できます。

約4分でわかる! IBM SPSS Modeler

わかりやすいビジュアル・インターフェイス

直感的でわかりやすいビジュアル・インターフェースを使い、ユーザーのレベルにかかわらず、高度な分析や予測モデルの構築ができます。ビジネス知識や専門領域の知識をもつビジネス・ユーザーは、コーディングといった技術的なタスクではなく、その知識をデータ・マイニングのプロセスに活かすことができます。

データ準備とクレンジング

時間のかかるデータ準備を自動化し、分析に最適なフォーマットのデータをすばやく用意できます。自動化されるタスクには、修正が必要なデータの識別、フィールドの選別、新規属性の導出、高度なスクリーニング技術によるパフォーマンスの向上などがあります。

自動データ・モデリング

自動モデリングで、複数のモデル化手法の比較が可能です。各モデル・タイプに特定のオプションを設定し、さまざまなモデルの組み合わせとオプションを探索できます。生成されたモデルは、指定した評価基準に基づきランク付けられ、最も優れたモデルを保存してスコアリングや、さらなる分析に使用できます。

豊富な分析アルゴリズム

CHAID, Quest, C&R, C5.0, 判別分析, 時系列分析(ARIMA等), ニューラルネット,ロジスティック回帰, SVM, ベイジアンネットワーク, アソシエーション, クラスター分析などが備わっており、データマイニングの現場で多用される手法がカバーされています。

R、Pythonプログラム言語での拡張性

SPSSのインターフェイスを使い、RやPythonのシンタックスを実行できます。データ変換や統計解析、予測分析のためのアルゴリズムといったSPSSの機能に、RやPythonによるカスタム・コードを適用することができます。さらに、カスタム・ダイアログ・ビルダーで、分析にRやPythonのようなプログラミングを使用しないユーザーとも、Rで作成したスクリプトの共有や再使用が可能です。

SPSS

いま、分析に必要な知識を動画で学ぶ。

メールで受け取る全11回
「IBM SPSS Modelerで分析力アップ」登録申し込み

第1回:データ分析プラットフォームIBM SPSS Modeler

国内シェアNo.1のデータ分析プラットフォームは、一体何ができるのか?4分間で学習します。

  • インターフェース説明
  • データの読み込みと検査
  • ストリームの利便性説明

第2回:SPSS Modelerおすすめ機能「データのハンドリング」

分析データの準備にかかる煩雑な手間と労力は、分析チーム共通の悩み。データ準備とデータ分析まで、一連の分析業務を効率する秘訣を学習します。

  • データの抽出とクレンジング
  • データの結合
  • スーパーノード

第3回:SPSS Modelerおすすめ機能「自動変数選択と自動モデリング」

複数の予測分析アルゴリズムを利用しながらも、短時間に分析精度の高い予測分析モデルを作成するには?!予測分析ツールならではの醍醐味をお楽しみください。

  • 自動変数選択
  • 自動モデリング・アンサンブル
  • データ自動準備と欠損処理

第4回:SPSS Modelerで機械学習にトライ「決定木とスコアリング」

ビジネスの現場で利用頻度の高い決定木分析を学習します。判別予測、数値予測にご利用いただける予測分析モデルのひとつです

  • インタラクティブモード
  • スコアリング
  • 精度分析

第5回:SPSS Modelerで機械学習にトライ「ニューラルネットワークとサポートベクターマシーン」

機械学習アルゴリズムである、ニューラル・ネットワークやサポートベクターマシンを試します。一方で、個々の分析モデルの信頼度評価をどうすすめるべきでしょう?

  • ニューラルネットワーク
  • サポートベクターマシーン
  • 評価グラフ

第6回:SPSS Modelerで実践「予測の自動化と業務展開」

予測分析モデルから結果を得ることだけにとどまらず、予測結果をビジネスに活用する検討をする場合、何が必要となるでしょう。

  • 休眠スコア算出と対応の自動化
  • リアルタイムスコアリング説明
  • マッチングによるWebレコメンド例

第7回:SPSS Modeler「無料トライアルのお申込み」など

いよいよ予測分析へのトライをスタートさせましょう

第8回:SPSS Modelerトライアルのクイック・スタートのために

トライアルに欠かせないハンズオンガイドのご紹介など

第9回:SPSS Modeler分析ユースケース別チュートリアル

チュートリアルのシナリオは、2017年7月現在27種類。中でも人気のシナリオをご紹介します。

第10回:データ・サイエンスリサーチ結果

ガートナー社による16のデータ・サイエンス・プラットフォームのプロバイダー評価

第11回: IBM SPSS Modelerのご検討のために

購入方法、更に学習を続けたい方へデータ・サイエンティストUniversityのご紹介など

データ・サイエンティスト育成のためのコンサルティングサービス登場

SPSS データ・サイエンティストUniversity

分析チームの育成に課題をお持ちですか? SPSS Modelerを利用し、お客様のデータを使用して、
実際にお客様のデータを用いた分析モデルを作成しながら、
IBMがお客様の分析チームの強化を強力に支援します。

 

エキスパートと話す

IBMアクセスセンター(一次受付)電話番号:0120-550-210
(識別コード:SPSS)

お問い合わせはこちら