[導入事例] 旭化成

SAP HANAのシステムでメモリー増設の限界に直面していませんか?

旭化成では、ほぼリアルタイムでデータを活用し分析できるインメモリー・データベースのSAP HANAが活発に利用されています。しかし、蓄積されるデータ量の増大への対応のためにメモリーの追加を行おうとしたところ、稼働させていたSAP HANAアプライアンス・マシンにはメモリー増設が行えませんでした。


SAP HANAの稼働環境の抜本的な見直しの結果、旭化成が採用したのは、アプライアンス・マシンよりも大容量のメモリーが搭載可能なIBM Power Systemsでした。採用のポイントとなったのは「システムを止めることなく、必要なときに必要なだけコアやメモリーを増減できる」こと。


その詳細と、Power Systemsの導入効果は、必要事項を入力のうえ、「資料をダウンロード」をクリックしてください。


関連最新情報:


お客様情報をご記入ください。

この質問には必ずお答えください

この質問には必ずお答えください

この質問には必ずお答えください

この質問には必ずお答えください

この質問には必ずお答えください

この質問には必ずお答えください

この質問には必ずお答えください

利用可能なメール・アドレスを入力してください

この質問には必ずお答えください