JR貨物、鉄道コンテナ輸送の総合管理システムをリプレース

国産メインフレームの更改に終止符! 情シスが選んだ新たな選択肢とは

日本で唯一、全国を一元管理して鉄道貨物輸送を行っている日本貨物鉄道株式会社(以下 JR貨物)は、鉄道コンテナ輸送の総合管理システム「FRENS(フレンズ)」のリプレースにあたり、メインフレームの単純更新以外の対応策が求められていました。
新たなビジネスモデル構築を目指すJR貨物にとって、現状のデータベースの処理性能、機能拡張、保守運用などの課題をお持ちでした。
これらの課題をクリアし、今後10年継続して利用できるプラットフォームとしてIBM iを採用いただきました。
同社が、IBM iを選定いただいた理由、移行プロジェクトの過程、導入効果の詳細を、ぜひご覧ください。


今回は事例をダウンロードせず、「IBM i」ページへ

お客様情報をご記入ください。

この質問には必ずお答えください

この質問には必ずお答えください

この質問には必ずお答えください

この質問には必ずお答えください

この質問には必ずお答えください

この質問には必ずお答えください

この質問には必ずお答えください

利用可能なメール・アドレスを入力してください

この質問には必ずお答えください