IBM

(発信人:日本アイ・ビー・エム株式会社)

■画像が表示されない方はこちらをご覧ください。

※当メールは、IBMホームページ、各種イベントなどでe-メール・アドレスを登録されたお客様、
各種イベントで名刺を頂戴したお客様、および弊社社員が名刺交換をさせていただいたお客様にお送りしています。

IBMが大規模Mac導入を成功させた理由

IBMでは、利用端末を自由に選べるCYOD (Choose Your Own Device)を採用。 iOS端末も含めると14万台以上が導入済みで、毎週1,900台のデバイスが新たに展開されています。 ユーザーは、システム部門を通さず直送されたデバイスを、30分ほどの初期設定対応で業務利用しています。

IBMのワークプレース変革(Mac@IBMプログラム)の成果

Windows PCユーザーの40%がヘルプデスクを利用しているのに対し、Macユーザーは5%。問い合わせに対する一次問題解決率は98%以上。 早期に問題解決されることで、ユーザーの早期の業務復帰を実現しています。

ユーザー自己解決力を実現した方法とは? >>

ヘルプデスクでは、サポート要員1人あたり、4,200人の社員をサポートし、ユーザー満足度85%を達成しています。 (※Windows PC サポートのユーザー満足度は53%)。

パーソナライズされたサポートとは? >>

既存のWindows PCと比較し、1台あたり270ドルのコスト軽減効果を上げています。

Mac@IBMプログラムのTCO削減の実績 >>

IBMでのMac導入事例をダウンロード

Mac導入をお考えですか? IBMにお任せください。

IBMは、自社への導入経験で得られたベスト・プラクティスを活用して、 Macデバイスの業務利用を検討している企業様向けサービス「IBM Managed Mobility Services for Mac (MMS for Mac)」をご提供しています。
詳しくは、弊社ホームページをご覧いただくか、担当営業 菊地まで直接お問い合わせください。

IBMでのMac導入事例をダウンロード いつでもお問い合わせください菊地 景子のWebサイトへ

▼関連情報

●  ニュースリリース : 企業利用Macの導入・管理・運用支援サービス 「IBM MMS for Mac」

IBM
IBM
IBM

このe-メールに関するお問い合わせ窓口
IBMアクセスセンター
フリーダイヤル:0120-300-426 受付時間:9:30~17:30(土、日、祝日を除く)
※お問い合わせの際は「Macデバイスの導入・運用・管理サービス」の件とお申し付けください。

※今後、IBMからのe-メールによるお知らせを希望されない場合には、当メールへの返信にて、件名に「すべてのe-メール不要」とご記入の上お送りください。 また、DMや電話による情報提供を希望されない場合には、その旨も明記ください。 なお、登録変更には、しばらくお時間がかかりますことをあらかじめご了承願います。
・宛先アドレス: ciopgm@jp.ibm.com
・表題:[すべてのe-メール不要]

※HTMLメールを希望されない場合には、返信メールで件名に「HTMLメールの情報不要」とご記入の上お送りください。その場合には、テキストメールにて配信させていただきます。

※IBM、IBMロゴ、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。 現時点でのIBMの商標リストについては、www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。

※Windows は、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における商標です。

発信人:日本アイ・ビー・エム株式会社
〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21 e-mail:ciopgm@jp.ibm.com