1. 発表のタイプ:H/W新製品の発表
  2. カテゴリー:オプション; 他社製品
  3. レター番号:VLH04099-0
  4. 発表日:20040324
  5. 更新日:20040324
  6. OfferID:23K0243; 23K0244
  7. 1章コメント履歴:

他社製品取扱いの発表(サーバーVLH)/(株)アンペール取扱い APC UPS Smart-UPS RT 5000製品の発表


[1]発表の概要



[1-1]製品概要

本日付けで、他社製品ハードウエア (株)アンペール取扱 APC UPS Smart-UPS RT5000製品取扱を発表いたします。


[1-2]ハイライト


    ハイライト】
●軽量でスリムな5000VA常時インバータ方式UPS(3Uブラック)新登場
 Smart-UPS RT 5000

・縦置き,ラックマウント(19インチラック)のどちらにも使用可能
・業界最軽量 重量58Kg、高さわずか3Uのスリムなボディ
・同容量クラスの他社製常時インバータUPSと比べ、リーズナブルなプライス設定を実現
・プラグ入力のため、L6-30R(GG)のコンセントをご用意頂ければ、設置作業が簡単
・入力電圧低下状態及び過電圧低下状態を自動的に補正して出力
・サージやノイズ等から負荷システムを保護
・前面LEDやブザーによる警告機能
・ユーザーによるバッテリ交換が簡単(バッテリ寿命は5~25℃で通常2.5年)
・拡張スロットにNetwork Management Card MXが標準搭載
・業界標準UPS管理ソフトウェアPowerChuteシリーズで効率的な管理が可能
・IBMからの購入のみ、1年間の延長保証を価格据置でバンドル
 (供給元によるバッテリも含めた無償期間保証期間3年間)
・アンペール独自の保守体制、故障時には即交換品を発送。
・廃棄バッテリはAPC社で処理します(送料はユーザー負担)
・IBM SERVERにマッチするブラックフェイス。

・製品保障期間:3年の保障サ-ビスは製品供給元により行われます。

    製品の概要】
・業界標準のAPC社製常時インバータ方式UPS(無停電電源装置)
 EIA規格19インチラックに搭載可能(レール別売)、縦置きも可能
・定格入力電圧:AC200V 単相2線
・90%までの充電時間:3時間(負荷50%時)
・入力コンセント:NEMA L6-30P(入力ハードワイヤ接続による配線も可能)
・入力ケーブル長:2.9m
・標準プラグ(NEMA5-15P)での最大出力容量: 5000VA / 3500W
・出力コンセント:NEMA L6-20R ×2個、 NEMA L6-30R ×2個
 出力ハードワイヤ接続も可能(別途PDUの購入が必要)
 100V出力はStep-Down Transformer(別売)で可能
・寸法(mm):130(高さ)×432(幅)×705(奥行き)
・正味重量:約58kg / 梱包重量:約64kg
・消費電力:305W(通常時、全負荷)
・発熱量 :1098.0kJ/h(通常時、全負荷)
・増設バッテリ(別売)によりバッテリ運転時間の延長が可能
・オプションレールキット(別売)を使用することによりラック搭載可能。
・UL1778、 VCCI Class A
・UPS電源管理ソフトウェア(別売):
 Powerchute Network Shutdown
 -Powerchute Plus対応予定はありません。
 -Powerchute Business Edition Ver7より対応
・インターフェイス:RS-232C、10BASE-T/100BASE-TX

    [保証サービス]
    保証サービスは製品提供元により行われます

    ・株式会社 アンペール お客様窓口
    ・TEL:03-5330-6802
    ・FAX:03-5330-7027
    ・URL:http://www.ampere.co.jp/ups/ibm/


    [1-3]製品価格


    製品番号

    メーカー名

    製品型番

    製品名

    標準価格

    23K0243

    ㈱アンペール

    SURT5000XLJ

    Smart-UPS RT 5000

    ¥812,500

    23K0244

    ㈱アンペール

    SURTRK2

    Smart-UPS RT用ラックマウント用レールキット

    ¥27,800


    ThinkPad ( ノートブック製品 ) 、ThinkCentre ( デスクトップ製品 ) およびその他のPC製品はLenovo社の製品です。このページはIBMおよびLenovo社のThinkPad ThinkCentreの両サイトへのリンクを含んでいます。詳細はこちら