1. 発表のタイプ:H/W新製品の発表
  2. カテゴリー:ThinkPad
  3. レター番号:MBL98007-1
  4. 発表日:19980225
  5. 更新日:19980316
  6. OfferID:260670J
  7. 1章コメント履歴:

ThinkPad 535Xの発表


[1]発表の概要



[1-1]製品の概要

ThinkPad 535Xを発表致します。このモデルは好評のThinkPad 535ウルトラ・ポータブルPCシリーズの最新版です。CPUにはMMXTMテクノロジ PentiumTM 200MHzプロセッサを採用,情報処理機能とバッテリー性能に優れたパフォーマンスを実現しています。また128bitビデオ・アクセラレーターNeoMagicTM MagicGraph128XDTMを搭載して優れたグラフィックス能力を提供、ハード・ディスクは大容量の3.2GBを内蔵しモービル環境での大容量データ、アプリケーションの取り扱いに威力を発揮します。メインメモリーは32MB EDO(最大96MBまで拡張可能)を標準装備し快適な動作環境を提供します。拡張性としてはCardBusおよびZVポートに対応したPCカードスロットや、USBポートを備え、多彩な周辺機器の接続が可能です。さらに高速のデータ・ファクス・ボイス・モデムやIrDA準拠の赤外線通信ポート装備により充実したコミュニケーションを実現しています。




このように、ThinkPad 535Xはコンパクトなボディに最先端の高性能を詰め込んだウルトラ・ポータブルPCとして活躍します。


[1-2]ハイライト

ThinkPad 535Xは次のような機能があります。

  • Intel MMX**テクノロジPentium**プロセッサー200MHzを搭載、さらに256KBのL2キャッシュを採用
  • 10.4インチTFTによる800×600ドットSVGA、262,144色表示のカラー液晶パネルを搭載
  • 128bitSVGAアクセラレーターNeoMagic** MagicGraph128XD**で高速な画面表示を実現
  • 2MBのビデオ・メモリーを装備しており、外部ディスプレイによるXGA解像度でも65,536色表示が可能
  • メモリーは32MBを標準実装、最大で合計96MBまで拡張可能
      ThinkPad用64ビット、144ピンの16MB、32MB、または64MBのEDO SO DIMM 3.3V ノン・パリティー・メモリーが使用可能
  • ハードディスクは大容量3.2GB, パスワード保護機能付きを内蔵
  • ウルトラポータブル・コンパクトサイズ (247x186x41mm)
  • 軽量 1.7Kg(バッテリー・パックを含む)の本体
  • 長時間駆動が可能で軽量なLi-Ionバッテリー・パックを標準装備、きめ細かいパワー・マネージメントによりバッテリーでの使用時間をさらに改善
  • Sound Blaster Pro互換機能を備えた高品位なオーディオ機能を内蔵(16ビット・ステレオ)
  • マイクロフォン/スピーカー搭載
  • 高速のデータ・ファクス・ボイス・モデム内蔵
データ転送速度最大 56Kbps(k56flex),ファックス転送速度最大 14.4Kbps
  • IrDA V1.1準拠、最大4Mbpsの赤外線通信ポート
  • 様々な周辺機器の登場が期待されるUSBポートをはじめ、本体だけですべての周辺機器用ポートを提供
  • TrackPointⅢ標準装備
  • タイプしやすい標準サイズの88%の大きさのキーボード
  • 外付け1.44MB 3モードFDD
  • CardBus対応PCカード・スロット(TypeⅠ/Ⅱ×2もしくはTypeⅢ×1)装備、任意の一方のスロットでZVポート対応カードが1枚使用可能


[1-3]お勧めしたいお客様

最先端の強力な処理能力のあるPCを積極的に持ち歩いてご使用になりたいお客様


[1-4]販売窓口と発注情報


*販売窓口
・IBM特約店
・IBM営業担当員
・IBM通信販売窓口(IBM PC Direct)


*発注情報
製品名
MachineType-Model
出荷開始予定日
ThinkPad 535X
260670J
平成10年3月13日
価格はオープン価格です。 IBM PC Directの価格はhttp://www.ibm.co.jp/direct/pcd/index.htmlをご参照ください。


ThinkPad ( ノートブック製品 ) 、ThinkCentre ( デスクトップ製品 ) およびその他のPC製品はLenovo社の製品です。このページはIBMおよびLenovo社のThinkPad ThinkCentreの両サイトへのリンクを含んでいます。詳細はこちら