IBM Support for Runtimes は、オープン・ソース・フレームワークおよびプログラミング言語のサポートを企業全体にわたって提供します


概要概要技術情報技術情報
主要前提条件主要前提条件発注情報発注情報
出荷開始予定日出荷開始予定日契約条件契約条件
プログラム番号プログラム番号料金料金
製品資料製品資料AP ディストリビューションAP ディストリビューション


Back to top

概要

Top rule

IBM® Support for Runtimes は、関連する Web フレームワークに対するオプションのサポートとともに、外部ソースの Java™ (Eclipse Open J9 を使用した OpenJDK)、Node.js、および Swift ランタイムのサポートを購入できるようにする IBM Selected Support オファリングです。

2 つのサポート・ティアが提供されます。

  • IBM Foundation Support for Runtimes は、ランタイムおよびバンドルされたアプリケーション・プログラミング・インターフェース (API) をサポートします。
  • IBM Advanced Support for Runtime Frameworks は、Foundation Support for Runtimes、ならびに Node.js 用の Express.js および Loopback Web フレームワークおよび Swift 用の Kitura Web フレームワークをサポートします。

24 時間 365 日のサポートには、ランタイムおよび関連のフレームワークのオープン・ソース・コード内の疑いのある障害のインストール、構成、および分析に対する支援が含まれます。また、このサポートでは、個別のオープン・ソース・コミュニティー内で IBM との関係を活用することによって、フィックスを受け入れ、後のリリースに組み込みます。詳しくは、 IBM ソフトウェア・サポート・ハンドブック の「特定サポート」オファリングのトピックを参照してください。



Back to top

主要前提条件

Top rule

適用外



Back to top

出荷開始予定日

Top rule

2017 年 10 月 31 日

各国語の出荷予定については、 『各国語の出荷予定』 セクションを参照してください。



Back to top

各国語の出荷予定

Top rule

Description Availability date Language
IBM Support for Runtimes October 31, 2017 English, German, French, Italian, Spanish, Brazilian Portuguese, Japanese, Simplified Chinese, and Traditional Chinese

翻訳版に関する情報は、入手可能な場合は、 Translation Reports Web サイトにあります。



Back to top

プログラム番号

Top rule

Product number VRM Product name
5737-F61 Support Service IBM Support for Runtimes


Back to top

オファリング情報

Top rule

製品情報は IBM オファリング情報 Web サイトで入手可能です。

詳細情報は、 パスポート・アドバンテージおよびパスポート・アドバンテージ・エクスプレス Web サイトでも入手できます。



Back to top

製品資料

Top rule

適用外



Back to top

技術情報

Top rule

所定稼働環境

前提ソフトウェア

適用外

計画情報

パッケージング

このオファリングはサービスです。物理メディアや電子成果物はありません。



Back to top

発注情報

Top rule

製品グループ: Application Infrastructure

製品: IBM Support for Runtimes (5737-F61)

製品カテゴリー: WebSphere®

パスポート・アドバンテージ

Part name and description Part number
IBM Advanced Support for Runtime Frameworks Virtual Processor Core SW Support 12 Months D1VS0LL
IBM Foundation Support for Runtimes Virtual Processor Core SW Support 12 Months D1VS2LL

課金単位

Product name PID number Charge metric
IBM Support for Runtimes 5737-F61 Virtual Processor Core

仮想プロセッサー・コア

仮想プロセッサー・コアは、Support Service の取得に適用される測定単位です。物理サーバーとは、処理装置、メモリーおよび入出力機能から構成され、1 人または複数のユーザー、あるいは 1 つまたは複数のクライアント・デバイスが要求するプロシージャー、コマンドまたはアプリケーションを実行する物理コンピューターをいいます。ラック、ブレード筐体、または類似の装置が使用されている場合、必要なコンポーネントを持つ分離可能な物理デバイス (例えばブレードまたはラック・マウントのデバイス) はそれ自体が個別の物理サーバーと見なされます。仮想サーバーは、物理サーバーが使用可能なリソースを分割化して作成される仮想コンピューター、または分割化されていない 1 物理サーバーのいずれかになります。プロセッサー・コア (通常はプロセッサーまたは CPU と呼ばれる) は、命令を解釈および実行するコンピューティング・デバイス内の機能単位です。プロセッサー・コアは、最低 1 つの命令制御装置と 1 つ以上の演算装置または論理装置で構成されます。仮想プロセッサー・コアは、分割化されていない物理サーバーのプロセッサー・コア、または仮想サーバーに割り当てられる仮想コアです。 お客様は、Support Service の対象であるプログラムで使用可能な仮想プロセッサー・コアごとにライセンスを取得する必要があります。



Back to top

契約条件

Top rule

この発表レターに記載されている情報は、参考のため、および便宜上の目的のためにのみ提供されています。 IBM の Selected Support Services の取得に関するあらゆる取引に適用される契約条件については、 IBM インターナショナル・パスポート・アドバンテージ契約またはインターナショナル・パスポート・アドバンテージ・エクスプレス契約から構成されます。

ソフトウェア・メンテナンス取得契約

適用外

ライセンス情報 (LI) の資料番号

適用外

限定保証の適用

なし

ボリューム発注 (IVO)

なし

パスポート・アドバンテージの適用

あり。情報は、 パスポート・アドバンテージおよびパスポート・アドバンテージ・エクスプレス の Web サイトでも参照できます。

ソフトウェア・サブスクリプション&サポートの適用

なし

可変課金の適用

なし

教育機関向け割引の利用

適用外



Back to top

適切なセキュリティー実施について

Top rule

IT システム・セキュリティーには、企業内外からの不正アクセスの侵入防止、検知、および対応によって、システムや情報を保護することが求められます。不適切なアクセスにより、情報の改ざん、破壊、または悪用を招くおそれがあるほか、システムが誤用された場合は他者へのシステムを攻撃してしまうおそれがあります。セキュリティーに対して包括的なアプローチをとらない IT システムや IT 製品は、完全にセキュアであるとみなすべきではなく、また単一の製品や単一のセキュリティー対策で極めて効果的に不正アクセスを防止できるものはありません。 IBM システムおよび製品は、規制に準拠したセキュリティーに関する包括的な取り組みの一環として設計されています。これには必然的に追加の運用手順が含まれ、これを最も効果的なものとするには、他のシステム、製品、またはサービスが必要となる場合もあります。

重要: IBM では、いずれのシステム、製品、あるいはサービスも第三者の悪質な行為、および不正な行為による影響を受けていないこと、または将来受けないことを保証するものではありません。



Back to top

料金

Top rule

ビジネス・パートナーのための情報

IBM ビジネス・パートナー (IBM から製品を入手するワークステーション・ソフトウェアのディストリビューター) の場合は、販売店のためのパスポート・アドバンテージ・オンラインにリンクして、ビジネス・パートナー向けの料金設定情報を取得できます。 IBM Passport Advantage® またはIBM PartnerWorld® Web サイトにアクセスするには、IBMid とパスワードが必要です。

料金設定例

IBM Support for Runtimes - Elite and Virtual Processor Core (VPC) の月別の料金設定では、期間およびサブスクリプションに基づいてお客様には必要な分だけお支払いただきます。そのため、選択したオンプレミス・デプロイメントとオンクラウド・デプロイメントで、アプリケーション・デプロイメントを簡単に最適化できます。VPC は、分割化されていない物理サーバーのプロセッサー・コア、または仮想サーバーに割り当てられる仮想コアです。

お客様は、ランタイム (Java 、Node、または Swift) に使用可能な VPC ごとにライセンスを取得する必要があります。カウント規則は簡単です。 基本的に、お客様がランタイムに使用可能な仮想コアをお持ちの場合、それがオンプレミス内かクラウド内かとは関係なく、コアの VPC に対してライセンス認証を受けます。使用中の物理コアの数をお客様が把握している場合、仮想コア数または物理コア数の少ない方の数でライセンス認証を受けます。

VPC のカウント例

クラウド・デプロイメントの例

クラウド・デプロイメントで、お客様は次のような状況だとします。

  • 社内プライベート・クラウドまたはパブリック・クラウドのサービス・プロバイダー (IBM SoftLayer® 、 Microsoft™ Azure、または Amazon など) のサービスとして仮想クラウド・サーバーを購入します。
  • 8 コアの仮想 CPU 環境を注文します。
  • この環境の場合、8 個の VPC のライセンス認証を受ける必要があります。

オンプレミス・デプロイメントの例

VMWare™ を使用するオンプレミス・デプロイメントで、お客様は次のような状況だとします。

  • ランタイムを実行するために複数の VMWare ホストをデプロイします。サーバーは、2 ソケットのサーバーで、ソケットごとに 4 コア搭載されています。物理コアの合計数は 8 になります。
  • サーバー上で IBM WebSphere® を実行する 16 の VMWare ホストを稼働します。 VMWare ホスト全体での仮想コアの総数は 16 になります。
  • このハードウェアは 8 コア・サーバーとして物理的に識別できるので、お客様にお支払いただくのは 16 ではなく 8 VPC に対してのみです。2 つのうち、小さい方の数値を採用します。

各地域の料金設定については、 IBM 担当員にお問い合わせください。

パスポート・アドバンテージ

パスポート・アドバンテージに関する情報および料金については、 IBM 担当員または Channel Value Rewards について認定された IBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。 追加情報は、 パスポート・アドバンテージおよびパスポート・アドバンテージ・エクスプレス Web サイトでも入手できます。



Back to top

AP ディストリビューション

Top rule

Country/Region Announced
AP IOT
ASEAN * Yes
India/South Asia ** Yes
Australia Yes
Hong Kong Yes
Macao SAR of the PRC Yes
Mongolia Yes
New Zealand Yes
People's Republic of China Yes
South Korea Yes
Taiwan Yes
Japan IOT
Japan Yes

*ブルネイ・ダルサラーム、カンボジア、インドネシア、ラオス人民民主共和国、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、東ティモール、およびベトナム

**バングラデシュ、ブータン、インド、モルジブ、ネパール、およびスリランカ

商標

IBM、Passport Advantage、Express、PartnerWorld および WebSphere は、IBM Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

Oracle および Java は、Oracle やその関連会社の米国およびその他の国における商標です。

Softlayer は、IBM グループ会社の SoftLayer, Inc. の登録商標です。

Microsoft は、Microsoft Corporation の米国およびその他の国における商標です。

VMWare は、VMware, Inc. の米国およびその他の国における商標です。

他の会社名、製品名およびサービス名等はそれぞれ各社の商標です。

ご利用条件

お客様の国で発表されて入手可能な IBM の製品およびサービスは、その時点で有効な適用可能な標準契約書、条項、条件、および料金に基づいて発注できます。 IBM は、この発表をいつでも予告なしに変更または撤回する権利を保有します。この発表はお客様の参照用としてのみ提供されています。追加のご利用条件については、次の Web サイトでご確認ください。

ご利用条件

この製品発表レターは、IBM Corporation が発表した時点での製品発表レターの抄訳です。

IBM 製品に関する最新情報については、 IBM 担当員または販売店にお問い合わせいただくか、 IBM Worldwide Contacts ページをご覧ください。

日本 IBM

Share this page

Digg Linked In

Contact IBM

Feedback

-->