IBM mail support for Microsoft Outlook V2.0 は IBM Notes/Domino でのメール・クライアントの選択肢を広げます


概要概要技術情報技術情報
主要前提条件主要前提条件発注情報発注情報
出荷開始予定日出荷開始予定日契約条件契約条件
機能詳細機能詳細料金料金
プログラム番号プログラム番号AP ディストリビューションAP ディストリビューション
製品資料製品資料 

 

(2016 年 8 月 23 日修正)

『プログラム番号』と『課金単位』セクションを修正しました。



Top rule
ハイライト
Bottom rule

IBM® mail support for Microsoft™ Outlook を既存の Domino インフラストラクチャーに加えることで、ユーザーは Microsoft Outlook または IBM Notes のいずれかを、メール・クライアントとして使用できるようになります。 IBM mail support for Microsoft Outlook は、 IBM Notes/Domino と連携して動作するため、ソフトウェアの更改を行う必要はなく、既存の IT の投資価値を維持できます。その一方で、従業員によるクライアント選択性が加わります。



Back to top

Top rule
概要
Bottom rule

IBM mail support for Microsoft Outlook は、 Microsoft Outlook クライアントを Domino V9.0.1 Server に接続できるようにするためのものです。Domino V9.0.1 のユーザーは、 IBM mail support for Microsoft Outlook を無料でパスポート・アドバンテージ・サイトからダウンロードできます。

IBM mail support for Microsoft Outlook V2.0:

  • BYOC (Bring Your Own Client) モデルを支援します。ビジネスに重要なアプリケーションの価値を保全しつつ、メール・クライアントについては個々人が作業するうえで最適なものを選択できる環境を提供します。
  • バックエンドとしての Domino の強みを生かせます。 Microsoft Outlook 2013 クライアントを Domino V9.0.1 Server に接続して、Domino のすべての長所を享受できます。
  • ソーシャル統合機能を提供します。Outlook クライアントの操作環境で IBM Connections™ Files や Profiles サービスをネイティブに使用できる無料のプラグインを利用できます。
  • メール、カレンダー、連絡先 (Verse モバイル)、およびソーシャル・コンテンツ (Connections モバイル) 用のネイティブ・モバイル・アプリケーションを使用できます。


Back to top

Top rule
主要前提条件
Bottom rule

IBM SmarterCloud Notes クライアントの要件のページ を参照してください。。



Back to top

Top rule
出荷開始予定日
Bottom rule

2016 年 6 月 28 日



Back to top

Top rule
機能詳細
Bottom rule

IBM Domino V9.0.1 のお客様は、 IBM mail support for Microsoft Outlook をパスポート・アドバンテージのダウンロード・サイトから無料でダウンロードできます。以下の 2 つのコンポーネントが必要です。

  • Domino メール・サーバーには、今回の機能するための、そしてメールを管理するための IMSA アドオンが加わります。
  • ユーザーのワークステーションには、小型軽量の Outlook 用クライアント・アドオンが、インストールされている必要があります。ユーザーは既存の認証情報でログインできます。

オプションで IBM Collaboration Solutions Catalog には IBM Connections との連携機能を追加するためのプラグインが提供されています。:

  • Microsoft Windows™ 用 IBM Connections Desktop プラグイン
  • Microsoft Outlook 用 IBM Connections プラグイン

IBM mail support for Microsoft Outlook では、以下の機能が利用可能になります。

  • メール
  • メール作成
  • メッセージの送受信
  • ドラフトの同期
  • 容量制限/使用状況表示
  • サマリーの同期
  • フォルダーのサポート
  • Notes 暗号化
  • カレンダー
  • 空き時間検索
  • 会議室予約
  • 連絡先
  • クライアント全般の機能
  • 検索
  • クライアントの自動更新
  • ネットワーク接続時に自動実行される送受信
  • オフライン・サポート
  • 不在通知機能


Back to top

Top rule
プログラム番号
Bottom rule
Program number Program name
   
5724-Z08 IBM Domino® Enterprise client access
5724-Z09 IBM Domino Messaging client access
5724-Z10 IBM Domino Messaging and Collaboration Express®


Back to top

Top rule
製品資料
Bottom rule

なし



Back to top

Top rule
技術情報
Bottom rule

所定稼働環境

前提ソフトウェア

詳細については システム稼動要件 のページを参照してください。

プログラムの仕様および所定稼働環境に関する情報は、使用可能な場合、README ファイルなどプログラムに付随する文書の中、または発表レターなど IBM で公表されるその他の情報に含まれます。資料やプログラムに関するその他のコンテンツは、英語以外の言語では提供されない場合があります。

IBM エレクトロニック・サポート

IBM サポート・ポータルは、技術サポートへのゲートウェイとして機能します。このサポート・ポータルには、時間の節約およびサポートの簡素化を支援する、ソフトウェアおよびハードウェア向けの IBM エレクトロニック・サポートのツールおよびリソースが含まれています。エレクトロニック・サポートのツールは、疑問に対する回答の検索、修正のダウンロード、トラブルシューティング、データ収集の自動化、サービス・リクエストのオンライン・ツールでの問題の報告と追跡、各種スキルの向上に役立ちます。これらのツールはすべて、 IBM サポート契約によりご利用いただけます。 IBM エレクトロニック・サポート Web サイトを参照してください。

IBM Support Portal ページおよびオンラインの サービス要求および PMR ツールにアクセスして、追加のサポートを受けることもできます。

計画情報

パッケージング

本製品は、インターネット経由で提供されます。物理メディアはありません。

このプログラムを Web サイトからダウンロードした場合は、適用される IBM プログラムのご使用条件、および該当する場合はライセンス情報 (LI) が含まれており、これらは、当プログラムのインストール時に同意・不同意を確認するために表示されます。ライセンスおよびライセンス情報 (LI) は、将来の参照のために LICENSE.TXT などのファイル名でディレクトリーに保管されます。



Back to top

Top rule
発注情報
Bottom rule

本製品は、パスポート・アドバンテージを介してのみ提供されます。本製品は、パッケージ製品としては提供されません。

製品グループ: IBM Smarter Cloud Notes

製品: IBM Smarter Cloud Notes

製品カテゴリー: IBM Smarter Cloud Notes

パスポート・アドバンテージ

Program name Part number
IBM Domino Enterprise client access AH192EN
IBM Domino Messaging client access AH193EN
IBM Domino Messaging and Collaboration Express AH194EN

課金単位

Program name PID number
IBM Domino Enterprise client access 5724-Z08
IBM Domino Messaging client access 5724-Z09
IBM Domino Messaging and Collaboration Express 5724-Z10


Back to top

Top rule
契約条件
Bottom rule

IBM Notes および Domino V9.0.1 Social Edition の契約 条件は、ソフトウェア発表レター JP13-0598 で既に発表された内容と同様で変更されてい ません。



Back to top

Top rule
適切なセキュリティー実施について
Bottom rule

IT システム・セキュリティーには、企業内外からの不正アクセスの防止、検出、および対応によって、システムや情報を保護することが求められます。不適切なアクセスにより、情報の改ざん、破壊、または悪用を招くおそれがあるほか、システムが誤用された場合は他者へのシステムを攻撃してしまうおそれがあります。セキュリティーに対して包括的なアプローチをとらない IT システムや IT 製品は、完全にセキュアであるとみなすべきではなく、また単一の製品や単一のセキュリティー対策で極めて効果的に不正アクセスを防止できるものはありません。 IBM システムおよび製品は、法的に認められたセキュリティーに関する包括的な取り組みの一環として設計されています。これには必然的に追加の運用手順が含まれ、これを最も効果的なものとするには、他のシステム、製品、またはサービスが必要となる場合もあります。

重要: IBM では、いずれのシステム、製品、あるいはサービスも第三者の悪質な行為、および不正な行為による影響を受けていないこと、または将来受けないことを保証するものではありません。



Back to top

Top rule
IBM エレクトロニック・サービス
Bottom rule

Electronic Service Agent™ および IBM エレクトロニック・サポート Web ポータルは、迅速で卓越したサポートを、 IBM システムを使用するお客様に提供することのみを目的としています。 IBM Electronic Service Agent ツールは、追加料金不要のツールで、システム・エラー、パフォーマンスの問題、インベントリーなどのハードウェア・イベントをプロアクティブにモニターおよび報告します。 エレクトロニック・サービス・エージェント ・ツールは、お客様が企業の戦略的ビジネス・イニシアチブに集中し、時間を節約して、日常的な IT メンテナンス問題への対応の労力を軽減できるように支援します。このツールで使用可能になるサーバーは、追加料金なしで、 IBM サポートが 24 時間リモートでモニターします。

AIX® V5.3、 AIX V6.1、および AIX V7.1 の基本オペレーティング・システムに新たに組み込まれた Electronic Service Agent は、システム障害および使用状況の問題を IBM に電子的に自動報告するように設計されています。これにより、問題解決が迅速化され、可用性が向上します。 Electronic Service Agent ツールが収集したシステム構成およびインベントリー情報は、セキュアなエレクトロニック・サポート Web ポータルでも表示できます。これらの情報は、お客様と IBM サポート・チームが問題の判別および解決を改善する目的で使用されます。ツールのメインメニューにアクセスするには、「smitty esa_main」と入力してから、「Configure Electronic Service Agent 」を選択します。また ESA には、強力な Web ユーザー・インターフェースが新たに組み込まれ、管理者が状況、ツール設定、問題情報、およびフィルターに簡単にアクセスできるようになりました。 Electronic Service Agent の構成方法と使用方法に関する詳細情報および資料は、 IBM エレクトロニック・サポート Web サイトを参照してください。

IBM エレクトロニック・サポート・ポータルは、 IBM のインターネット・サービスおよびサポートにアクセスするのに従来使用されていた複数のエントリー・ポイントに代わる、単一のインターネット・エントリー・ポイントになります。このポータルでは、技術的な問題の解決を支援するための IBM リソースに簡単にアクセスできます。My システム機能およびプレミアム検索機能により、 Electronic Service Agent ツールを使用可能なお客様は、システム・インベントリーの追跡および関連修正の検索がさらに容易になります。

メリット

アップタイムの増大: Electronic Service Agent™ ツールは、ハードウェア・エラー・レポートをより迅速に提供し、システム情報を IBM サポートにアップロードすることで、保証またはメンテナンス契約を強化できるように設計されています。これにより、「症状」をモニターし、エラーを診断して、 IBM サポートに手動で電話して問題記録をオープンするという無駄な時間を短縮できます。24 時間 365 日のモニター機能および報告機能により、エラーの報告に人の介入が不要になります。

セキュリティー: Electronic Service Agent ツールは、モニター、報告、および IBM でのデータの保管をセキュアに行えるように設計されています。 Electronic Service Agent ツールは、インターネット (HTTPS または VPN) またはモデムのいずれかを介してセキュアな送信を行い、サイトからのお客様の出口を一元化するように設計されています。 通信は片方向です。 Electronic Service Agent をアクティブにしても、 IBM はお客様のシステムには侵入できません。

追加情報については、 http://www.ibm.com/support/esa Web サイトを参照してください。

より正確な報告: サービス・リクエストと並行して、システム情報およびエラー・ログが IBM サポートに自動的にアップロードされるため、システム情報を探し出して送信する必要はありません。これにより、エラーの誤報告や誤診断のリスクが軽減されます。 いったん IBM に送信された問題エラー・データは、データ知識管理システムを通り、その問題の記録に知識アーティクルが追加されます。

カスタマイズ・サポート: お客様は、起動中に入力された IBM ID を使用して、 IBM エレクトロニック・サポート ページの『My システム』および『プレミアム検索』 の各セクションでシステム情報およびサポート情報を確認できます。

My システムは、 エレクトロニック・サービス・エージェント がシステムから収集した情報を使用して、導入済みのハードウェアおよびソフトウェアの価値あるレポートを提供します。レポートは、 IBM ID に関連付けられているすべてのシステムについて提供されます。プレミアム検索は、検索機能と、 Electronic Service Agent の情報の価値を結合し、技術サポート知識ベースの拡張検索機能を提供します。プレミアム検索、およびシステムから収集された エレクトロニック・サービス・エージェント の情報を活用することで、お客様のシステムのみに該当する検索結果を表示できます。

IBM エレクトロニック・サービスの能力の活用方法に関する詳細は、 IBM システム・サービス担当者にお問い合わせいただくか、 IBM エレクトロニック・サポート Web サイトを参照してください。



Back to top

Top rule
料金
Bottom rule

この発表において、料金の変更はありません。



Back to top

Top rule
AP ディストリビューション
Bottom rule
Country/Region Announced
AP IOT
ASEAN * Yes
India/South Asia ** Yes
Australia Yes
Hong Kong Yes
Macao SAR of the PRC Yes
Mongolia Yes
New Zealand Yes
People's Republic of China Yes
South Korea Yes
Taiwan Yes
Japan IOT
Japan Yes

* ブルネイ・ダルサラーム、カンボジア、インドネシア、ラオス人民民主共和国、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、東ティモール、およびベトナム

**バングラデシュ、ブータン、インド、モルジブ、ネパール、およびスリランカ

商標

IBM Connections および Electronic Service Agent は、世界の多くの国で登録された International Business Machines Corporation の商標です。

IBM、Notes、Domino、Passport Advantage、IBM SmarterCloud、Express および AIX は、世界の多くの国で登録された International Business Machines Corporation の商標です。

Microsoft および Windows は、Microsoft Corporation の米国およびその他の国における商標です。

他の会社名、製品名およびサービス名等はそれぞれ各社の商標です。

ご利用条件

お客様の国で発表されて入手可能な IBM の製品およびサービスは、その時点で有効で適用可能な標準契約書、条項、条件、および料金に基づいて発注できます。 IBM は、この発表をいつでも予告なしに変更または撤回する権利を保有します。この発表はお客様の参照用としてのみ提供されています。追加のご利用条件については、次の Web サイトでご確認ください。

ご利用条件

この製品発表レターは、IBM Corporation が発表した時点での製品発表レターの抄訳です。

IBM 製品に関する最新情報については、 IBM 担当員または販売店にお問い合わせいただくか、 IBM Worldwide Contacts ページをご覧ください。

http://www.ibm.com/planetwide/jp/

Share this page

Digg Linked In

Contact IBM

Feedback

-->