Skip to main content

by Category

by Category

IBM Literature

不透明な時代を乗り切る設備保全管理の仕組みの考察

社会や企業活動の基盤となる設備管理においては、設備監視や遠隔診断が一般的ですが、最終的に保全担当者の関与が必ず必要になります。包括的な保全管理の仕組み、設備の能 ...

5G+エッジで強くなる製造現場

これまで日本の製造現場は、高齢化・人手不足という課題に対応するための変革に取り組んできました。新型コロナウィルスにより、この変革は現場の危機耐性を高めるという意 ...

コグニティブが拓く自動車の未来 - 膨大なデータを活用して格別な体験を提供する -

自動車メーカーは日々の取引や顧客とのやり取りから生成されるデータという宝の山に囲まれている。しかし、いくら宝の山があってもそれを掘り起こす道具がなくては意味がな ...

デジタルを駆ける - 自動車業界とデジタル・リインベンション -

自動車業界における変化のスピードは加速の一途を辿っている。従来はメーカーがどのような車を生産し販売するかを決めてきたが、今では顧客体験を起点とした価値創造から考 ...

APIユースケースの明確化:自動車業界

このホワイトペーパーは、業務担当者とIT担当者を対象に、自動車業界におけるAPI活用のユースケースをご紹介します。 ...

IoTによって複雑化するモノづくりとニーズへの対応 【ITmedia モノづくりスペシャリストのための情報ポータル「MONOist」掲載記事】

IoT の本格化により製造業を取り巻く環境は複雑化し、課題は山積みだ。世界的な自動車部品メーカーはこの課題の解決に「継続的エンジニアリング」の考えを導入すること ...

IoTを用いてお客様を理解する ~運転行動データの活用で安心安全を実現 ~

Hondaはモビリティカンパニーとしてハードウェアの提供だけでなく、運転する楽しさや安心安全にも取り組んでいます。 本講演では、近年急速に発展し進化したIoT技 ...

ビジネストランスフォーメーションを支えるグローバルプラットフォーム

LIXIL は2011年の国内5社による設立、海外企業のM&Aにより、住宅設備業界において、1兆8千億円のグローバル企業となりました。自社データセンタの日本と欧 ...

富士フイルムにおけるIBM Watson活用検討の取り組み

グループ全体でのワークショップ、PoC、Watsonハッカソンなどを通じて、AIが得意とする領域、自社業界の特性、データの入手容易性などを整理しました。グループ ...

「賢い黒板」が会議を変える!!

リコー様では「リコー・インタラクティブ・ホワイトボード」にIBM Watsonの機能を加える「コグニティブ・ワークプレース」の実現により、会議の生産性向上と意思 ...

技術を社会へ

講演ではIoT/ AI/ Roboticsを中心に産総研の研究開発状況を紹介するとともに、イノベーション創出、次世代産業育成のための産総研の役割について、話題に ...

グローバルビジネスを支えるこれからの先進クラウド・インフラストラクチャ

IBM クラウド・ソリューションは、迅速かつ柔軟に、昨今要求されるビジネス環境に対応することができます。迅速な革新を促進し、ユーザー・エクスペリエンスを豊かにし ...

「マツダの変革」~ イノベーションの現場から ~中山裕之講演

環境・安全技術の高度化や新興国の追い上げなど、ますます厳しさを増していく自動車産業の中で、比較的規模の小さいマツダが生き残るために、これまでどんな考え方やプロセ ...

ビッグデータ活用したプラント自動化への取り組み

従来から実績を上げている遠隔運転監視システムと日本IBMのデータ解析ソリューションPMQを活用した異常の早期予測など、工場自動化に向けた具体的な取り組みと今後の ...

「マツダの変革」~ イノベーションの現場から ~

環境・安全技術の高度化や新興国の追い上げなど、ますます厳しさを増していく自動車産業の中で、比較的規模の小さいマツダが生き残るために、これまでどんな考え方やプロセ ...

Internet of Things and IBM predictive analytics for the auto industry

IBM® predictive analytics for automotive provides thecapabilities needed to integrate ...

2025年自動車業界の将来展望 - 境界線のない業界 -

2025年自動車産業の将来展望を21カ国175人のエグゼクティブにインタビューしたスタディをご紹介します。 ...