IBM Notes/Domino 9.0.1 はサポート期間を延長し、 IBM Connections V5.5 のソーシャル機能を活用したコラボレーション機能を拡張します

概要概要技術情報技術情報
主要前提条件主要前提条件発注情報発注情報
出荷開始予定日出荷開始予定日契約条件契約条件
機能詳細機能詳細料金料金
プログラム番号プログラム番号AP ディストリビューションAP ディストリビューション
製品資料製品資料 


Top rule
ハイライト
Bottom rule

IBM® Notes、 IBM Domino、 IBM Notes Traveler、 IBM Enterprise Integrator は、2021 年 9 月まで、バージョン 9 としてのサポート期間を延長します。以下の関連ライセンスのサポート期間も 2021 年 9 月まで延長されます。

  • IBM Sametime® 9.0 Limited Use
  • IBM Domino Designer 9.0.1
  • IBM Mobile Connect V6.1.5
  • IBM Domino Global Workbench V9.0.1

さらに、 IBM Notes/Domino 9.0.1 は、 IBM Connections™ V5.5 を使ったソーシャル機能を追加できます。



Back to top

Top rule
概要
Bottom rule

IBM Notes/Domino は、統合された形でビジネス・メール、アプリケーション、ソーシャル・コラボレーション機能を提供します。ソーシャル機能がユーザーのデスクトップ、ブラウザー、モバイル・デバイスに統合されることにより、コラボレーション・ツールからビジネス・アプリケーション、ソーシャル・ネットワーク、メール、カレンダー、フィード、ウィジェットへの一元的なアクセスが可能です。

バージョン 9 に対するサポートの延長

IBM Notes/Domino、Traveler、 IBM Enterprise Integrator (旧称: Lotus Enterprise Integrator®) 9.0.x に対するサポートは、2021 年 9 月まで延長されます。

新しいソーシャル機能

IBM Notes/Domino 9.0.1 には、 IBM Connections V5.5 のソーシャル機能が含まれています。 IBM Connections と組み合わせることで IBM Notes/Domino 9.0.1 のソーシャル機能を拡張できます。それにより、ご使用のコラボレーション・アプリケーションと緊密に連携したかたちで、必要とする人やコンテンツを素早く見つけられるようになります。

以下のライセンスに含まれている IBM Connections V5.5 のライセンスを活用することで、 IBM Notes/Domino のお客様は、クライアント、ブラウザー、モバイル・デバイスのどれからでも、追加料金なしで、 IBM Connections の「ファイル」機能および「プロフィール」機能を導入・利用できます。

  • IBM Domino Enterprise Client アクセス・ライセンス
  • IBM Domino Messaging Client アクセス・ライセンス
  • IBM Domino Collaboration Express® ライセンス
  • IBM Domino Messaging Express ライセンス

IBM Connections V5.5 のライセンスの使用権を活用することで、ユーザーは、最小限の労力で専門家集団が保持している知識にアクセスできます。

  • 「ファイル」機能によってユーザーはその他のユーザーとコンテンツを簡単に共有できるようになり、メールを使った大容量のファイル送信が不要になります。ユーザーはコンテンツのソーシャル化ができるようになり、それによってその他のユーザーは簡単にコンテンツを検索したり、推奨を行ったり、さらに多くのユーザーと共有したりできるようになります。
  • 「プロフィール」機能は、他の人々がその情報を発見してそこから利益を得られるようにするために、専門知識、現在のプロジェクト、責任、ソーシャル化スキル、関心、組織構造を特定するタグを使用して組織のコンテンツ全体を検索することにより、ユーザーが必要な人々を見つけられるように支援します。

IBM Domino Utility Server の機能サポートの改定

Microsoft™ Outlook に対する IBM の電子メールによるサポートには、ソフトウェア発表レター JP16-0317 で以前に発表された IBM Domino Utility Server は含まれません。



Back to top

Top rule
主要前提条件
Bottom rule

詳しくは、『 前提ソフトウェア 』のセクションを参照してください。



Back to top

Top rule
出荷開始予定日
Bottom rule

2016 年 9 月 13 日



Back to top

Top rule
機能詳細
Bottom rule

Notes/Domino 9.0.1 は、改善されたコラボレーション機能、モバイル機能、アプリケーション開発機能をソーシャル・ビジネスに装備させるというさらに高い価値を提供します。 IBM Notes/Domino 9.0.1 により、ソーシャル・ビジネスを促進することを目的とした品質や使いやすさに関する一連の強化、 IBM Domino に対する追加のアクセシビリティー・サポート、 IBM Notes Traveler 9.0.1 の機能拡張を入手できます。

IBM Notes/Domino 9.0.1 により、以下が行えるようになります。

  • 別の作業をおこなうために別のアプリケーションに切り替える必要がなくなり生産性が向上します。
  • 幅広いデバイスについて十分な機能を備えたモバイル・コラボレーションで「BYOD (Bring Your Own Device)」をサポートすることによりモビリティーを向上させます。
  • ビジネス・アプリケーションをこれまで以上に素早く、容易に統合、開発、導入します。 IBM Domino 9.0 は、Security Assertion Markup Language (SAML) および Open Standard for Authorization (OAuth) をサポートします。
  • 管理とサポートを簡素化するツールを用いることで、総所有コストを削減できます。
  • 充実したセキュリティー機能を提供する一方で、より生産性が高い作業環境を提供します。

Notes/Domino 9.0.1 には IBM Connections V5.5 のライセンスが含まれているため、「プロフィール」機能を利用して組織全体を対象に専門知識を備えたユーザーを検索したり、個人が以下を実行するのを支援する「ファイル」機能を活用したりできます。

  • より効果的にファイルを整理する。個人のファイルを複数階層のフォルダーに整理できます。
  • より容易にファイルをアップロードする。任意のブラウザーにファイルをドロップすることで、 IBM Connections Files にアップロードできます。編集時の競合を回避するために編集中にファイルをロックしたり、変更が共有できる状態になったときにロックを解除したりできます。
  • 複数のファイルをデスクトップに同期させる。 IBM Connections からデスクトップにコピーしたファイルで指定したものを常に最新のものにしておくことができます。
  • 階層フォルダーをプラグインにより移動させる。デスクトップの新規プラグインを活用して、 Microsoft Windows™ デスクトップから IBM Connections へのアップロード・コンテンツの一括処理を行えます。デスクトップのプラグインは、『 IBM Collaboration Solutions Catalog 』でダウンロードできます。
  • ファイルおよびそれに関連するソーシャル・データを容易に閲覧する。新規ビューアーでは、ファイルを閲覧しながらそのファイルの詳細、コメント、共有、バージョンへアクセスすることが容易化されています。
  • モバイルでファイルを編集する。新しい独立型モバイル・アプリケーション IBM Connections Editor を使用すると、モバイル・デバイスから IBM Connections のファイルを安全に編集できます。このモバイル・アプリケーションは Apple App ストアおよび Google Play からダウンロードできます。

アクセシビリティー情報

アクセシビリティーの準拠に関する詳細が記述されている米国リハビリテーション法第 508 条の Voluntary Product Accessibility Template (VPAT) は、 IBM アクセシビリティー Web サイトで確認できます。



Back to top

Top rule
プログラム番号
Bottom rule
Program number VRM Program name
5724-Z08 9.0.1 IBM Domino® Enterprise client access
5724-Z09 9.0.1 IBM Domino Messaging client access
5724-Z10 9.0.1 IBM Domino Messaging/Collaboration Express
5724-Z14 9.0.1 IBM Domino Server
5724-L76 9.0.1 IBM Enterprise Integrator


Back to top

Top rule
オファリング情報
Bottom rule

製品情報は IBM オファリング情報 Web サイトで入手可能です。

追加情報については、 パスポート・アドバンテージおよびパスポート・アドバンテージ・エクスプレス Web サイトから入手できます。



Back to top

Top rule
製品資料
Bottom rule

なし



Back to top

Top rule
技術情報
Bottom rule

所定稼働環境

前提ソフトウェア

詳細については、 システム要件の詳細ページ を参照してください。

プログラムの仕様および所定稼働環境に関する情報は、使用可能な場合、README ファイルなどプログラムに付随する文書の中、または発表レターなど IBM で公表されるその他の情報に含まれます。資料やプログラムに関するその他のコンテンツは、英語以外の言語では提供されない場合があります。

IBM エレクトロニック・サポート

IBM サポート・ポータルは、技術サポートへのゲートウェイとして機能します。このサポート・ポータルには、時間の節約およびサポートの簡素化を支援する、ソフトウェアおよびハードウェア向けの IBM エレクトロニック・サポートのツールおよびリソースが含まれています。エレクトロニック・サポートのツールは、疑問に対する回答の検索、修正のダウンロード、トラブルシューティング、データ収集の自動化、サービス・リクエストのオンライン・ツールでの問題の報告と追跡、各種スキルの向上に役立ちます。これらのツールはすべて、 IBM サポート契約によりご利用いただけます。 IBM エレクトロニック・サポート Web サイトを参照してください。

IBM Support Portal ページおよびオンラインの サービス要求および PMR ツールにアクセスして、追加のサポートを受けることもできます。

計画情報

パッケージング

本製品は、インターネット経由で提供されます。

このプログラムを Web サイトからダウンロードした場合は、適用される IBM プログラムのご使用条件、および該当する場合はライセンス情報 (LI) が含まれており、これらは、当プログラムのインストール時に同意・不同意を確認するために表示されます。ライセンスおよびライセンス情報 (LI) は、将来の参照のために LICENSE.TXT などのファイル名でディレクトリーに保管されます。



Back to top

Top rule
発注情報
Bottom rule

本製品は、パスポート・アドバンテージを介してのみ提供されます。本製品は、パッケージ製品としては提供されません。

製品グループ: IBM Notes/Domino

製品: 5724-Z08、5724-Z09、5724-Z10

製品カテゴリー: IBM Notes

パスポート・アドバンテージ

Program name/Description Part number
IBM Domino Enterprise client access  
IBM Domino Enterprise CAL Per Authorized User Annual SW S&S Rnwl E07UMLL
IBM Domino Enterprise CAL Per Authorized User Lic + SW S&S 12 Mo D0B7HLL
IBM Domino Enterprise CAL Per Authorized User SW S&S Reinstate 12 Mo D0B7ILL
Program name/Description Part number
IBM Domino Messaging client access  
IBM Domino Messaging CAL Per Authorized User Annual SW S&S Rnwl E07UNLL
IBM Domino Messaging CAL Per Authorized User Lic + SW S&S 12 Mo D0B7JLL
IBM Domino Messaging CAL Per Authorized User SW S&S Reinstate 12 Mo D0B7KLL
Program name/Description Part number
IBM Domino Collaboration Express  
Domino Collaboration Express Per Authorized User Annual SW S&S Renewal E00ZZLL
Domino Collaboration Express Per Authorized User Lic +SW S&S 12 Months D52VQLL
Domino Collaboration Express Per Authorized User SW S&S Reinstate 12 Months D52VRLL
Program name/Description Part number
IBM Domino Messaging Express  
Domino Messaging Express Per Authorized User Annual SW S&S Renewal E01B3LL
Domino Messaging Express Per Authorized User Lic + SW S&S 12 Months D53V5LL
Domino Messaging Express Per Authorized User SW S&S Reinstate 12 Months D53V6LL

パスポート・アドバンテージのトレードアップ

トレードアップ製品の同等ライセンスの取得に適格となるためには、以前に以下の先行版製品のライセンスを取得している必要があります。

Precursor product Trade-up product Trade-up part number
Domino Messaging Express Per Authorized User Trade Up Lic+SW S&S 12 Months D53V8LL D54TYLL
Domino Collab Express AU Frm Domino Messaging Exp AU TradeUp Lic+SW S&S12Mo D53V9LL D52WSLL
Domino Collaboration Express AU from IBM OEM Trade Up Lic + SW S&S 12 Mo D53V9LL D54TZLL

ご不明な点は、 IBM 担当員にお問い合わせください。

課金単位

Program name Part number or PID number Charge metric
IBM Domino Collaboration Express 5724-Z10 Per Authorized User
IBM Domino Enterprise client access 5724-Z08 Per Authorized User for System z®
IBM Domino Enterprise client access 5724-Z08 Per Authorized User
IBM Domino Messaging Express 5724-Z10 Per Authorized User
IBM Domino Messaging client access 5724-Z09 Per Authorized User for System z
IBM Domino Messaging client access 5724-Z09 Per Authorized User

許可ユーザー

許可ユーザーは、プログラムのライセンス交付を受けるための測定単位です。許可ユーザーとは、「プログラム」へのアクセス権を付与された個人をいいます。プログラムは任意の数のコンピューターまたはサーバーにインストールすることができ、各許可ユーザーはプログラムの任意の数のインスタンスに同時にアクセスできます。ライセンス所有者は、何らかの手段でプログラムに直接的または間接的に (例: 多重化プログラム、多重化デバイス、または多重化アプリケーション・サーバー経由) アクセスできる許可ユーザーごとに個別の専用ライセンスを取得する必要があります。許可ユーザー・ライセンスはその許可ユーザーに固有のものであり、共有することはできません。また、別の個人に永続的に移転する場合を除き、再割り当てすることはできません。

注: プログラムによっては、デバイスをユーザーと見なしてライセンスが交付されるものがあります。その場合、以下が適用されます。「プログラム」から一組のコマンド、プロシージャー、またはアプリケーションの実行を要求する、またはその実行を受信するコンピューティング・デバイス、あるいはそうでなければ「プログラム」によって管理されるコンピューティング・デバイスはプログラムの別々のユーザーとみなされ、そのデバイスが人間として扱われるため、ライセンスが必要となります。



Back to top

Top rule
契約条件
Bottom rule

この発表レターに記載されている情報は、参考のため、および便宜上の目的のためにのみ提供されています。 IBM とのあらゆる取引を規定する契約条件については、 IBM プログラムのご使用条件、 IBM インターナショナル・パスポート・アドバンテージ契約、および IBM ソフトウェア・メンテナンス取得契約などの該当する契約書に記載されています。

本製品は、パスポート・アドバンテージを介してのみ提供されます。

ライセンス交付

ライセンス情報文書およびライセンス証書 (PoE) を含む IBM プログラムのご使用条件は、お客様によるプログラムの使用を規定します。すべての許可使用に、PoE が必要です。パスポート・アドバンテージ以外から提供されるパーツ番号のみの製品 (該当する場合) は、ライセンスのみが提供され、ソフトウェア・メンテナンスは含まれません。

このソフトウェア・ライセンスには、ソフトウェア・サブスクリプション&サポート (ソフトウェア・メンテナンスともいう) が含まれています。

ソフトウェア・メンテナンス取得契約

これらのプログラムは、 IBM プログラムのご使用条件 (IPLA)、および関連するソフトウェア・メンテナンス取得契約の下でライセンス交付を受け、これにより、プログラムのリリースおよびバージョンへの継続的なアクセスがサポートされます。 IBM は、お客様が取得された各プログラムの初期ライセンス取得に、1 年間のソフトウェア・サブスクリプション&サポート (ソフトウェア・メンテナンスともいう) を組み込んでいます。ソフトウェア・サブスクリプション&サポート (ソフトウェア・メンテナンスともいう) の初期保守期間は、更新オプション (選択可能な場合) を注文することによって延長できます。これらのプログラムには、プログラム使用のための一括払いのライセンス使用料および、更新可能な1年間有効の拡張サポートが含まれています。拡張サポートには電話によるサポート (通常の営業時間中の電話による障害サポート) ならびにサポートの有効期間中におけるプログラムの更新、リリース、およびバージョンへのアクセスが含まれます。

ライセンス情報 (LI) の資料番号

製品のサポート情報については、 IBM Software License Agreement Web サイトの License Information documents ページを参照してください。

限定保証の適用

あり

限定保証

IBM は、「プログラム」について、お客様が「プログラム」を IBM 所定の稼動環境で使用する限り、IBM 所定の仕様に合致することを保証します。かかる保証は、「プログラム」の変更の加えられていない部分についてのみ適用されるものとします。 IBM は、「プログラム」の実行が中断しないこともしくはその実行に誤りがないこと、または、すべての誤りが修正されることを保証しません。「プログラム」の使用結果については、お客様の責任とします。

IBM は、お客様に対して、既知の「プログラム」の誤り、誤りの修正、制限事項および回避措置に関する情報を含んだ IBM データベースへのアクセスを追加料金無しで提供します。詳細については、 IBM ソフトウェア・サポート・ハンドブック を参照してください。

IBM は、「プログラム」の当初の使用権の取得者が「プログラム」を取得してから最低 1 年間(以下「保証期間」といいます。)、この情報を提供します。

プログラム技術サポート

プログラム製品のバージョンまたはリリースの技術サポートは、一般出荷可能日から最低 3 年間、お客様のソフトウェア・サブスクリプション&サポート (「ソフトウェア・メンテナンス」とも呼ばれる) が有効である限り利用することができます。この技術サポートでは、プログラム製品のインストールおよび操作に関する製品固有の作業本位の質問について、 IBM からの (電話または電子的手段による) 支援を受けることができます。ソフトウェア・サブスクリプション&サポート (ソフトウェア・メンテナンス) は、プログラムの更新 (モディフィケーションまたはフィックス)、リリース、およびバージョンへのアクセスも提供します。サポートの終了は、発表レターによって終了の 12 カ月前までにお客様に通知されます。終了日以降へのサポートの延長も含め、 IBM から追加の技術サポートが必要な場合は、 IBM 担当員または IBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。この延長は有料でご利用いただけます。

返金保証

なんらかの理由で本プログラムに満足いただけなかった場合は、オリジナル・ライセンス所有者である場合に限り、送り状の日付から 30 日以内に本プログラムとその PoE を販売元にお返しいただければ、お支払い額を返金いたします。本プログラムをダウンロードした場合の返金のお受け取り方法につきましては、本プログラムをお買い求めの販売元にお問い合わせください。

明確にするために、以下のことにご留意ください。(1) IBM インターナショナル・ パスポート・アドバンテージ® 契約のもとで取得されたプログラムの場合、この条件は当該プログラムの取得にのみ適用されます。(2) IBM のいずれかの On/Off Capacity on Demand (On/Off CoD) ソフトウェア契約のもとで取得されたプログラムの場合、この条件は適用されません。これは、これらの契約が、お客様が既に取得されて使用中のプログラムのみに適用されるためです。

ボリューム発注 (IVO)

なし

パスポート・アドバンテージの適用

追加情報については、 パスポート・アドバンテージおよびパスポート・アドバンテージ・エクスプレス Web サイトから入手できます。

ソフトウェア・サブスクリプション&サポートの適用

あり。 ソフトウェア・サブスクリプション&サポート (「ソフトウェア・メンテナンス」ともいう) は、パスポート・アドバンテージおよびパスポート・アドバンテージ・エクスプレスを介してご注文いただくライセンスに含まれています。製品アップグレードおよび技術サポートは、契約に記載されたソフトウェア・サブスクリプション&サポートのオファリングによって提供されます。製品アップグレードでは、対象ソフトウェアの最新バージョンおよびリリースが提供され、技術サポートでは、世界中の IBM サポート組織への音声および電子アクセスが提供されます。

取得された各プログラム・ライセンスには、1 年間のソフトウェア・サブスクリプション&サポートが含まれています。ソフトウェア・サブスクリプション&サポートの初期期間は、更新オプション (利用可能な場合) を購入することによって延長できます。

ソフトウェアのサブスクリプション&サポートの有効期間中は、お客様の通常の短期インストール作業や使用 (使用方法) についての疑問、およびコード関連の質問などについて、 IBM が支援いたします。 IBM は、お近くの IBM サポート・センターの通常の営業時間 (公表されている基本シフト時間) 内に、お客様の情報システム (IS) 技術サポート担当者に対してのみ、電話および (利用できる場合は) 電子アクセスを通じて支援を提供いたします。 (この支援は、お客様のユーザーにはご利用いただけません。) IBM では、重大度 1 の支援は、通年 1 日 24 時間 週 7 日体制で提供します。追加の詳細については、 で提供する IBM ソフトウェア・サポート・ハンドブック を参照してください。ソフトウェア・サブスクリプション&サポートには、アプリケーションの設計および開発、所定稼働環境以外の環境でのプログラムの使用、または該当契約のもとで IBM が責任を負わない製品に起因する障害に対する支援は含まれていません。

作成されたお客様との契約書に別途指定されていない限り、 IBM は、 IBM が提供していないサード・パーティー製品をサポートしません。 対象範囲内のサポートを受けるために IBM に連絡する場合は、必ず IBM が IBM ソフトウェア・サポート・ハンドブック を参照してください。

インターナショナル・パスポート・アドバンテージ契約および IBM インターナショナル・パスポート・アドバンテージ・エクスプレス契約の追加情報については、 パスポート・アドバンテージおよびパスポート・アドバンテージ・エクスプレス Web サイトから入手できます。

System i ソフトウェア・メンテナンスの適用

なし

可変課金の適用

なし

教育機関向け割引の利用

適用外



Back to top

Top rule
適切なセキュリティー実施について
Bottom rule

IT システム・セキュリティーには、企業内外からの不正アクセスの防止、検出、および対応によって、システムや情報を保護することが求められます。不適切なアクセスにより、情報の改ざん、破壊、または悪用を招くおそれがあるほか、システムが誤用された場合は他者へのシステムを攻撃してしまうおそれがあります。セキュリティーに対して包括的なアプローチをとらない IT システムや IT 製品は、完全にセキュアであるとみなすべきではなく、また単一の製品や単一のセキュリティー対策で極めて効果的に不正アクセスを防止できるものはありません。 IBM システムおよび製品は、法的に認められたセキュリティーに関する包括的な取り組みの一環として設計されています。これには必然的に追加の運用手順が含まれ、これを最も効果的なものとするには、他のシステム、製品、またはサービスが必要となる場合もあります。

重要: IBM では、いずれのシステム、製品、あるいはサービスも第三者の悪質な行為、および不正な行為による影響を受けていないこと、または将来受けないことを保証するものではありません。



Back to top

Top rule
IBM エレクトロニック・サービス
Bottom rule

Electronic Service Agent™ および IBM エレクトロニック・サポート Web ポータルは、迅速で卓越したサポートを、 IBM システムを使用するお客様に提供することのみを目的としています。 IBM Electronic Service Agent ツールは、追加料金不要のツールで、システム・エラー、パフォーマンスの問題、インベントリーなどのハードウェア・イベントをプロアクティブにモニターおよび報告します。 エレクトロニック・サービス・エージェント ・ツールは、お客様が企業の戦略的ビジネス・イニシアチブに集中し、時間を節約して、日常的な IT メンテナンス問題への対応の労力を軽減できるように支援します。このツールで使用可能になるサーバーは、追加料金なしで、 IBM サポートが 24 時間リモートでモニターします。

AIX® V5.3、 AIX V6.1、および AIX V7.1 の基本オペレーティング・システムに新たに組み込まれた Electronic Service Agent は、システム障害および使用状況の問題を IBM に電子的に自動報告するように設計されています。これにより、問題解決が迅速化され、可用性が向上します。 Electronic Service Agent ツールが収集したシステム構成およびインベントリー情報は、セキュアなエレクトロニック・サポート Web ポータルでも表示できます。これらの情報は、お客様と IBM サポート・チームが問題の判別および解決を改善する目的で使用されます。ツールのメインメニューにアクセスするには、「smitty esa_main」と入力してから、「Configure Electronic Service Agent 」を選択します。また ESA には、強力な Web ユーザー・インターフェースが新たに組み込まれ、管理者が状況、ツール設定、問題情報、およびフィルターに簡単にアクセスできるようになりました。 Electronic Service Agent の構成方法と使用方法に関する詳細情報および資料は、 IBM エレクトロニック・サポート Web サイトを参照してください。

IBM エレクトロニック・サポート・ポータルは、 IBM のインターネット・サービスおよびサポートにアクセスするのに従来使用されていた複数のエントリー・ポイントに代わる、単一のインターネット・エントリー・ポイントになります。このポータルでは、技術的な問題の解決を支援するための IBM リソースに簡単にアクセスできます。My システム機能およびプレミアム検索機能により、 Electronic Service Agent ツールを使用可能なお客様は、システム・インベントリーの追跡および関連修正の検索がさらに容易になります。

メリット

アップタイムの増大: Electronic Service Agent™ ツールは、ハードウェア・エラー・レポートをより迅速に提供し、システム情報を IBM サポートにアップロードすることで、保証またはメンテナンス契約を強化できるように設計されています。これにより、「症状」をモニターし、エラーを診断して、 IBM サポートに手動で電話して問題記録をオープンするという無駄な時間を短縮できます。24 時間 365 日のモニター機能および報告機能により、エラーの報告に人の介入が不要になります。

セキュリティー: Electronic Service Agent ツールは、モニター、報告、および IBM でのデータの保管をセキュアに行えるように設計されています。 Electronic Service Agent ツールは、インターネット (HTTPS または VPN) またはモデムのいずれかを介してセキュアな送信を行い、サイトからのお客様の出口を一元化するように設計されています。 通信は片方向です。 Electronic Service Agent をアクティブにしても、 IBM はお客様のシステムには侵入できません。

追加情報については、 http://www.ibm.com/support/esa Web サイトを参照してください。

より正確な報告: サービス・リクエストと並行して、システム情報およびエラー・ログが IBM サポートに自動的にアップロードされるため、システム情報を探し出して送信する必要はありません。これにより、エラーの誤報告や誤診断のリスクが軽減されます。 いったん IBM に送信された問題エラー・データは、データ知識管理システムを通り、その問題の記録に知識アーティクルが追加されます。

カスタマイズ・サポート: お客様は、起動中に入力された IBM ID を使用して、 IBM エレクトロニック・サポート ページの『My システム』および『プレミアム検索』 の各セクションでシステム情報およびサポート情報を確認できます。

My システムは、 エレクトロニック・サービス・エージェント がシステムから収集した情報を使用して、導入済みのハードウェアおよびソフトウェアの価値あるレポートを提供します。レポートは、 IBM ID に関連付けられているすべてのシステムについて提供されます。プレミアム検索は、検索機能と、 Electronic Service Agent の情報の価値を結合し、技術サポート知識ベースの拡張検索機能を提供します。プレミアム検索、およびシステムから収集された エレクトロニック・サービス・エージェント の情報を活用することで、お客様のシステムのみに該当する検索結果を表示できます。

IBM エレクトロニック・サービスの能力の活用方法に関する詳細は、 IBM システム・サービス担当者にお問い合わせいただくか、 IBM エレクトロニック・サポート Web サイトを参照してください。



Back to top

Top rule
料金
Bottom rule

ビジネス・パートナーのための情報

IBM ビジネス・パートナー (IBM から製品を入手するワークステーション・ソフトウェアのディストリビューター) の場合は、販売店のためのパスポート・アドバンテージ・オンラインにリンクして、ビジネス・パートナー向けの料金設定情報を取得できます。 https://www.ibm.com/software/howtobuy/passportadvantage/paoresellerまたはhttp://www.ibm.com/partnerworld/sg/apchannounce/ Web サイトにアクセスするには、 IBM ID とパスワードが必要です。

各地域の料金設定については、 IBM 担当員にお問い合わせください。

パスポート・アドバンテージ

パスポート・アドバンテージに関する情報および料金については、 IBM 担当者にお問い合わせください。追加情報は、 パスポート・アドバンテージおよびパスポート・アドバンテージ・エクスプレス Web サイトから入手できます。



Back to top

Top rule
AP ディストリビューション
Bottom rule
Country/Region Announced
AP IOT
ASEAN * Yes
India/South Asia ** Yes
Australia Yes
Hong Kong Yes
Macao SAR of the PRC Yes
Mongolia Yes
New Zealand Yes
People's Republic of China Yes
South Korea Yes
Taiwan Yes
Japan IOT
Japan Yes

*ブルネイ・ダルサラーム、カンボジア、インドネシア、ラオス人民民主共和国、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、東ティモール、およびベトナム

**バングラデシュ、ブータン、インド、モルジブ、ネパール、およびスリランカ

商標

IBM Connections および Electronic Service Agent は、世界の多くの国で登録された International Business Machines Corporation の商標です。

IBM Notes、Domino、Sametime、Lotus Enterprise Integrator、Express、Passport Advantage、PartnerWorld、System i、System z および AIX は、世界の多くの国で登録された International Business Machines Corporation の商標です。

Microsoft および Windows は、Microsoft Corporation の米国およびその他の国における商標です。

他の会社名、製品名およびサービス名等はそれぞれ各社の商標です。

ご利用条件

お客様の国で発表されて入手可能な IBM の製品およびサービスは、その時点で有効で適用可能な標準契約書、条項、条件、および料金に基づいて発注できます。 IBM は、この発表をいつでも予告なしに変更または撤回する権利を保有します。この発表はお客様の参照用としてのみ提供されています。追加のご利用条件については、次の Web サイトでご確認ください。

ご利用条件

この製品発表レターは、IBM Corporation が発表した時点での製品発表レターの抄訳です。

IBM 製品に関する最新情報については、 IBM 担当員または販売店にお問い合わせいただくか、 IBM Worldwide Contacts ページをご覧ください。

日本 IBM