IBM Cloud Integration Platform は、シンプルで迅速かつ安全な統合のためのマルチクラウド・プラットフォームの実装を支援します

概要概要技術情報技術情報
出荷開始予定日出荷開始予定日発注情報発注情報
機能詳細機能詳細契約条件契約条件
プログラム番号プログラム番号料金料金
製品資料製品資料


概要

Top rule

IBM Cloud™ Integration Platform は、お客様のあらゆる統合ニーズに合わせて単一の統合プラットフォームを提供します。本製品は、新しい統合プロジェクトおよび機能改善に最適です。Cloud Integration Platform は、統合機能を IBM Cloud Private 環境に簡単かつシンプルにデプロイします。Cloud Integration Platform に含まれているオファリングの 1 つである本製品は、ご使用の Cloud Integration Platform 全体の整合性を確保するために Cloud Private 環境のモニタリング、ロギング、およびセキュリティーのシステムを統合することで、新しい統合プロジェクトの価値実現の時間を短縮します。

Cloud Integration Platform は、統合機能を最新化し、新しい統合プロジェクトにおけるデジタル・トランスフォーメーションの達成に役立ち、以下の機能を提供します。

  • 仮想プロセッサー・コア・メトリックを使用して単一のフィーチャーで購入する、新しいシンプルかつ迅速な方法を提供します。
  • Cloud Private 上のコンテナーを使用してお客様が選択したクラウドまたはデータ・センターでの拡張および簡素化されたインストール・エクスペリエンスによる素早いデプロイメントを可能にします。
  • Cloud Private を介して使用する一般的な管理機能および対話機能による管理が容易です。
  • パスポート・アドバンテージを介して保護されるイメージへのセキュアなアクセスを実現します。ファイアウォールの背後または他の安全な場所にデプロイできます。
  • アプリケーションとデータ使用の統合を可能にします。
  • 生産性と速度を向上させることで、変化の激しい今の市場での競争を支援します。
  • 競争上の優位性を保つためにお客様の IT 投資の価値を増大させます。
  • 本製品を使用して、以下のことが可能です。
    • API セキュリティーおよびライフサイクル管理ならびにアプリケーション統合での業界最高レベルの機能を使用して、クラウドおよびオンプレミスの実装環境内のアプリケーションおよびデータへの数百のエンドポイントにシームレスに接続します。
    • API を迅速に作成、管理、保護、ソーシャル化、分析、および収益化することで、機能改善を加速化し、新規の市場を切り開き、新規の収益を促進します。
    • お客様の重要なアプリケーションのための安全で保証されたメッセージ送信を構成し、メッセージが確実に送信されるようにするために必要に応じてトピックおよびキューを使用します。
    • 距離やネットワーク状態に関係なく、データを高速で安全に移動します。
    • Cloud Private アーキテクチャーのコンテナー化された柔軟性を使用して、お客様のビジネス・アプリケーションのサービス・レベル・アグリーメント (SLA) を満たすように、パフォーマンスとスケーラビリティーに効率的に対応します。


Back to top

主要要件

Top rule

IBM Cloud Integration Platform は、 Linux® 64 ビット x86 プラットフォーム上の IBM Cloud Private 環境 (Cloud Integration Platform に含まれる) で稼働します。特定のハードウェア要件については、 IBM Cloud Private Web サイトを参照してください。



Back to top

出荷開始予定日

Top rule

2019 年 1 月 25 日



Back to top

機能詳細

Top rule

Cloud Integration Platform により、組織の統合スペシャリストは、迅速でシンプルかつ安全なパッケージ化によってアプリケーションおよびシステムを接続および統合することができます。Cloud Integration Platform は、各オファリングが含まれている既存の業界最高レベルの IBM® 統合製品の機能を活用することで各機能を提供します。Cloud Integration Platform は、単一のパーツ番号および課金単位によって実装を行います。組織は、含まれているオファリングから必要なだけの機能をより容易にデプロイおよび活用することができます。

Cloud Integration Platform に含まれている主要なオファリングは次のとおりです。

  • Cloud Private ファウンデーションにより、Cloud Integration Platform を Cloud Private 上にデプロイできます。Cloud Private は、Kubernetes およびコンテナーを管理するための IBM オファリングです。このクラウド・ネイティブのプライベート・クラウド環境は、コンテナー・ベースのアプリケーションをデプロイするのに最適であり、Cloud Integration Platform の組み込みオファリングとして提供されます。
  • IBM App Connect Enterprise (5724-J05) では、 IBM Integration Bus (IIB) の機能と App Connect Professional の機能を単一オファリングに統合することで、今日の経済活動で競争するためにアプリケーションおよびデータを統合する組織の要求をさらに満たせるようにします。App Connect Enterprise は、業界で信頼されている優れた既存の IBM 統合テクノロジーと、新規の IBM Cloud ネイティブ・テクノロジーを 1 つにまとめ、以下によるプラットフォームを提供します。
    • オンプレミスとクラウド両方のアプリケーションを統合するために拡張された機能。これには、REST API、Graphical Data Mapper、Data Format Description Language (DFDL) の改善と、MQ Telemetry Transport メッセージのサポートが含まれます。
    • IIB Web ブラウザー・ユーザー・インターフェースの使用による管理の容易化。ポリシー文書の導入、作成、編集、添付のための新機能が組み込まれています。
    • IBM MQ との柔軟なやりとり。メッセージの取得や書き込み時に複数のローカル・キュー・マネージャーに接続できるようにサポートが拡張されています。
    • デプロイメント・オプション。これを使用して、制御、管理、オーバーヘッド、および予算の間のバランスを取ることができます。
  • IBM API Connect® (5725-Z22) は、エンタープライズ・グレードの API 管理機能の包括的なセットを提供します。また、単一のデータ・センター内と複数のデータ・センターにわたる多数のノードのクラスタリングのサポートも提供します。 API Connect は、以下の主要機能をユーザーに提供します。
    • マイクロサービスを作成して、それらを数分間で API として公開します。
    • API の管理、デプロイ、拡張、ソーシャル化を行います。
    • 業界の主要な標準手法を使用して、API へのアクセスの保護、制御、メディエーション、最適化を実施します。
  • IBM DataPower® Gateway Virtual Edition (5725-T09) は、API Connect と呼ばれる包括的な IBM API ソリューション用の API ゲートウェイとしてサービスを提供します。このゲートウェイは、業界内のほとんどの厳しい API ビジネス要件を満たすように設計された世界規模のソリューションを提供します。 特長は次のとおりです。
    • ネットワークの端でアクセスおよび認証サービスを提供します。
    • すべての API 対話のメッセージ内容を保護し、高度なルーティング制御を使用して企業全体でサービス・レベル・ポリシーを管理および実施できるようにします。 すべての API 対話がログに記録され、 IBM API Connect Analytics コンポーネントに報告されます。これにより、ランタイム・アナリティクスとヒストリカル・アナリティクスの両方とレポート作成が可能になります。

    DataPower Gateway Virtual Edition は、スタンドアロンで使用できます。これにより、モバイル、Web、API、サービス指向アーキテクチャー (SOA)、企業間取引 (B2B)、クラウドのあらゆる種類のワークロードに対するセキュリティー、制御、メディエーション、および最適化されたアクセスを提供できます。組織は、有用な IT 資産の有効範囲を、お客様、従業員、およびパートナーに重要なリソースへのセキュア・アクセスを提供する新規チャネルに迅速に拡張できます。

  • MQ Advanced V9.1 (5724-H72) は、複数のプラットフォーム間のさまざまなアプリケーションおよびビジネス・データの統合を簡素化および加速化するメッセージング・ミドルウェア・ソフトウェアです。この製品は、メッセージ・キューを使用することで情報の交換を容易にし、クラウド環境、モバイル環境、モノのインターネット (IoT) 環境、およびオンプレミス環境に対応した単一のメッセージング・ソリューションを提供します。単純なアプリケーションのペアから最も複雑なビジネス環境まで、実質的にすべてを結びつけることで、MQ は、ビジネスの反応性を向上させ、コストを制御し、リスクを軽減し、モバイル、IoT、およびセンサーのデータからリアルタイム洞察を取得します。
  • IBM Event Streams (5737-H33) は、一般のオープン・ソース Apache Kafka テクノロジーに基づいた大規模イベント・ストリーミング・プラットフォームです。Apache Kafka は、次世代のインテリジェントで即応性のあるアプリケーションの基礎となる主要なオープン・ソース・テクノロジーとして出現しました。Event Streams は、組織が、ミドルウェアのデプロイメントに時間を費やすのではなく、アプリケーションの構築に集中できるようにします。これにより、組織には基幹業務ワークロードをデプロイする信頼度が生じ、これらの新規アプリケーションを既存のインフラストラクチャーに接続できるようにします。
    • Apache Kafka を使い方が簡単で直感的なものにし、基幹業務作業の準備が整うように支援します。
    • 既存のインフラストラクチャーへの接続を支援します。
  • IBM Aspera® High-Speed Transfer Server (5737-F70) は、 IBM Aspera Enterprise Server および IBM Aspera Connect Server (Connect for Web Access) の機能を結合し、データ・ストリーム機能 (IBM FASP® Stream for Data) および最適化された帯域幅の層も追加しています。 特許を取得した Fast and Secure Protocol (FASP) 転送を中核で使用することで、 Aspera High-Speed Transfer Server は、距離やネットワークの状態とは無関係に最大の転送スループットを実現します。通常、エンドツーエンドのセキュリティーおよび卓越した帯域幅制御により、ファイル転送プロトコル/セキュア・コピー・プロトコル (FTP/SCP) や Hypertext Transfer Protocol (HTTP) より、速度が 10 倍から 100 倍向上します。

アクセシビリティー情報

アクセシビリティーの準拠に関する詳細が記述されている米国リハビリテーション法第 508 条の Accessibility Compliance Report は、 Product accessibility information Web サイトから入手できます。



Back to top

参照情報

Top rule

DataPower® Gateway and API Connect について詳しくは、ソフトウェア発表レター JP18-0017 を参照してください。

APP Connect Enterprise について詳しくは、ソフトウェア発表レター JP18-0041 を参照してください。

MQ Advanced について詳しくは、ソフトウェア発表レター JP17-0505 を参照してください。

Event Streams について詳しくは、ソフトウェア発表レター JP18-0433 を参照してください。

Aspera® High-Speed Transfer Server について詳しくは、ソフトウェア発表レター JP18-0614 を参照してください。



Back to top

プログラム番号

Top rule

Program number VRM Program name
5737-I89 2018.4.0 IBM Cloud Integration Platform


Back to top

オファリング情報

Top rule

製品情報は IBM® オファリング情報 Web サイトで入手可能です。

詳細情報は、 パスポート・アドバンテージおよびパスポート・アドバンテージ・エクスプレス Web サイトでも入手できます。



Back to top

製品資料

Top rule

本発表に記載されたオファリングに関する資料については、『 参照情報 』セクションにリストされたソフトウェア発表レターの『資料』セクションを参照してください。



Back to top

技術情報

Top rule

所定稼働環境

前提ハードウェア

Cloud Integration Platform は、 Linux 64 ビット x86 プラットフォーム上の IBM Cloud Private 環境 (Cloud Integration Platform に含まれる) で稼働します。 特定のハードウェア要件については、 IBM Cloud Private Web サイトを参照してください。

前提ソフトウェア

IBM Cloud Private

計画情報

パッケージング

この製品には、インターネット経由でアクセスできます。物理メディアや電子成果物はありません。

セキュリティー、監査性およびコントロール

Cloud Integration Platform は、ホスト・ソフトウェアのセキュリティー機能および監査機能を使用します。

アプリケーション・システムや通信機能でのセキュリティー機能、管理手順、および適切な制御を、評価、選択、実装することは、お客様の責任で行っていただきます。



Back to top

発注情報

Top rule

発注情報については、 IBM 担当員または IBM ビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、 パスポート・アドバンテージ Web サイトを参照してください。

本製品は、パスポート・アドバンテージを介してのみ提供されます。本製品は、パッケージ製品としては提供されません。

本製品は、 IBM から直接、または Channel Value Rewards の IBM ビジネス・パートナーからのみご購入いただけます。

詳しくは、 IBM Channel Value Rewards Web サイトを参照してください。

特定の Channel Value Rewards ポートフォリオについて認定された、お客様の地域の Channel Value Rewards IBM ビジネス・パートナーについては、 パートナーを探す ページにアクセスしてください。

Passport Advantage®

IBM Cloud Integration Platform (5737-I89)

Part description Part number
IBM Cloud Integration Platform Virtual Processor Core License + SW Subscription & Support 12 Months D20ZBLL
IBM Cloud Integration Platform Virtual Processor Core Monthly License D211KLL
IBM Cloud Integration Platform Virtual Processor Core Annual SW Subscription & Support Renewal 12 Months E0PPBLL
IBM Cloud Integration Platform Virtual Processor Core SW Subscription & Support Reinstatement 12 Months D20ZELL

パスポート・アドバンテージのトレードアップ

トレードアップ製品の同等ライセンスを取得するためには、先行版製品のライセンスを既に取得している必要があります。

Part description Part number
IBM Cloud Integration Platform Virtual Processor Core Trade Up from Prior Programs License + SW Subscription & Support 12 Months D20ZFLL
IBM Cloud Integration Platform Virtual Processor Core for IBM Z® Trade Up from Prior Programs License + SW Subscription & Support 12 Months D20ZKLL

ご不明な点は、 IBM 担当員にお問い合わせください。

IBM Z 上で使用するためのクロスプラットフォーム製品

この製品を使用して IBM Z サーバーにデプロイするコードを開発する場合、またはこの製品で分散サーバーと IBM Z サーバーの間の通信またはデータ転送を行う場合は、以下のパーツ番号で発注をしてください。それ以外の場合は、本発表レター上の別のパーツ番号のセットから発注してください。これらのパーツ番号は、本発表レター上の他の番号と同じ機能と権限を提供します。

Part description Part number
IBM Cloud Integration Platform Virtual Processor Core for IBM Z License + SW Subscription & Support 12 Months D20ZILL
IBM Cloud Integration Platform Virtual Processor Core for IBM Z Monthly License D211LLL
IBM Cloud Integration Platform Virtual Processor Core IBM Z Annual SW Subscription & Support Renewal 12 Months E0PPCLL
IBM Cloud Integration Platform Virtual Processor Core for IBM Z SW Subscription & Support Reinstatement 12 Months D20ZJLL

課金単位

このライセンス製品の課金単位は、以下のライセンス情報文書に記載されています。

Program name PID number License Information document number
IBM Cloud Integration Platform 5737-I89 L-RJON-B3TRHA

任意の言語を選択し、「Charge Metrics」セクションまでスクロールダウンしてください。



Back to top

契約条件

Top rule

この発表レターに記載されている情報は、参考のため、および便宜上の目的のためにのみ提供されています。 IBM とのあらゆる取引を規定する契約条件については、 IBM プログラムのご使用条件、 IBM インターナショナル・パスポート・アドバンテージ契約、および IBM ソフトウェア・メンテナンス取得契約などの該当する契約書に記載されています。

本製品は、パスポート・アドバンテージを介してのみ提供されます。

ライセンス交付

ライセンス情報文書およびライセンス証書 (PoE) を含む IBM プログラムのご使用条件は、お客様によるプログラムの使用を規定します。すべての許可使用に、PoE が必要です。パスポート・アドバンテージ以外から提供されるパーツ番号のみの製品 (該当する場合) は、ライセンスのみが提供され、ソフトウェア・メンテナンスは含まれません。

ソフトウェア・メンテナンス

このプログラムは、 IBM プログラムのご使用条件 (IPLA) の下でライセンス交付を受け、これにより、プログラムのリリースおよびバージョンへの継続的なアクセスがサポートされます。 IBM は、お客様が取得された各プログラムの初期ライセンス取得に、1 年間のソフトウェア・サブスクリプション&サポート (ソフトウェア・メンテナンスともいう) を組み込んでいます。 ソフトウェア・サブスクリプション&サポートの初期期間は、更新オプション (利用可能な場合) を購入することによって延長できます。このプログラムの使用には、プログラム使用のための一括払いのライセンス使用料と、電話によるサポート (通常の営業時間中の音声による障害サポート) およびサポートの有効期間中のプログラムの更新、リリース、およびバージョンへのアクセスを含む拡張サポートに対して毎年の更改使用料が課せられます。

ライセンス情報 (LI) の資料番号

本発表レター内のオファリングには、以下のライセンス情報資料が適用されます。

Program identifier License Information document title License Information document number
5737-I89 IBM Cloud Integration Platform 2018.4.0 L-RJON-B3TRHA

任意の言語を選択し、「Charge Metrics」セクションまでスクロールダウンしてください。後続のリリースでは、契約条件が更新される可能性があります。詳しくは、 License Information documents Web サイトを参照してください。

限定保証の適用

あり

限定保証

IBM は、「プログラム」について、お客様が「プログラム」を IBM 所定の稼動環境で使用する限り、IBM 所定の仕様に合致することを保証します。かかる保証は、「プログラム」の変更の加えられていない部分についてのみ適用されるものとします。 IBM は、「プログラム」の実行が中断しないこともしくはその実行に誤りがないこと、または、すべての誤りが修正されることを保証しません。「プログラム」の使用結果については、お客様の責任とします。

IBM は、お客様に対して、既知の「プログラム」の誤り、誤りの修正、制限事項および回避措置に関する情報を含んだ IBM データベースへのアクセスを追加料金無しで提供します。詳細については、 IBM ソフトウェア・サポート・ハンドブック を参照してください。

IBM は、「プログラム」の当初の使用権の取得者が「プログラム」を取得してから最低 1 年間(以下「保証期間」といいます。)、この情報を提供します。

プログラム技術サポート

プログラム製品のバージョンまたはリリースの技術サポートは、一般出荷可能日から最低 2 年間、お客様のソフトウェア・サブスクリプション&サポート (「ソフトウェア・メンテナンス」とも呼ばれる) が有効である限り利用することができます。

この技術サポートでは、プログラム製品のインストールおよび操作に関する製品固有の作業本位の質問について、 IBM からの (電話または電子的手段による) 支援を受けることができます。 ソフトウェア・サブスクリプション&サポート (ソフトウェア・メンテナンス) は、プログラムのバージョン、リリース、および更新 (CD リリース、長期サポート・リリース、あるいは修正) へのアクセスも提供します。サポートの終了は、発表レターによって終了の 6 カ月前までにお客様に通知されます。終了日以降へのサポートの延長も含め、 IBM から追加の技術サポートが必要な場合は、 IBM 担当員または IBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。この延長は有料でご利用いただけます。

IBM ソフトウェア・サポート・ライフサイクル・ポリシーの追加情報については、 IBM Software Support Lifecycle Policy Web サイトを参照してください。

返金保証

なんらかの理由で本プログラムに満足いただけなかった場合は、オリジナル・ライセンス所有者である場合に限り、送り状の日付から 30 日以内に本プログラムとその PoE を販売元にお返しいただければ、お支払い額を返金いたします。本プログラムをダウンロードした場合の返金のお受け取り方法につきましては、本プログラムをお買い求めの販売元にお問い合わせください。

明確にするために、以下のことにご留意ください。(1) IBM インターナショナル・ パスポート・アドバンテージ® 契約のもとで取得されたプログラムの場合、この条件は当該プログラムの取得にのみ適用されます。(2) IBM のいずれかの On/Off Capacity on Demand (On/Off CoD) ソフトウェア契約のもとで取得されたプログラムの場合、この条件は適用されません。これは、これらの契約が、お客様が既に取得されて使用中のプログラムのみに適用されるためです。

ボリューム発注 (IVO)

なし

パスポート・アドバンテージの適用

あり。情報は、 パスポート・アドバンテージおよびパスポート・アドバンテージ・エクスプレス の Web サイトでも参照できます。

使用制限

あり

すべての制限に関する詳細は、ライセンス情報文書 L-RJON-B3TRHA を参照してください。

ソフトウェア・サブスクリプション&サポートの適用

あり。 ソフトウェア・サブスクリプション&サポート (「ソフトウェア・メンテナンス」ともいう) は、パスポート・アドバンテージおよびパスポート・アドバンテージ・エクスプレスを介してご注文いただくライセンスに含まれています。製品アップグレードおよび技術サポートは、契約に記載されたソフトウェア・サブスクリプション&サポートのオファリングによって提供されます。製品アップグレードでは、対象ソフトウェアの最新バージョンおよびリリースが提供され、技術サポートでは、世界中の IBM サポート組織への音声および電子アクセスが提供されます。

取得された各プログラム・ライセンスには、1 年間のソフトウェア・サブスクリプション&サポートが含まれています。ソフトウェア・サブスクリプション&サポートの初期期間は、更新オプション (利用可能な場合) を購入することによって延長できます。

ソフトウェアのサブスクリプション&サポートの有効期間中は、お客様の通常の短期インストール作業や使用 (使用方法) についての疑問、およびコード関連の質問などについて、 IBM が支援いたします。 IBM は、お近くの IBM サポート・センターの通常の営業時間 (公表されている基本シフト時間) 内に、お客様の情報システム (IS) 技術サポート担当者に対してのみ、電話および (利用できる場合は) 電子アクセスを通じて支援を提供いたします。 (この支援は、お客様のユーザーにはご利用いただけません。) IBM では、重大度 1 の支援は、通年 1 日 24 時間 週 7 日体制で提供します。詳しくは、 IBM ソフトウェア・サポート・ハンドブック を参照してください。 ソフトウェア・サブスクリプション&サポートには、アプリケーションの設計および開発、所定稼働環境以外の環境でのプログラムの使用、または該当契約のもとで IBM が責任を負わない製品に起因する障害に対する支援は含まれていません。

作成されたお客様との契約書に別途指定されていない限り、 IBM は、 IBM が提供していないサード・パーティー製品をサポートしません。対象範囲内のサポートを受けるために IBM に連絡する場合は、必ず IBM が IBM ソフトウェア・サポート・ハンドブック で提供する問題判別およびその他の指示に従ってください。

インターナショナル・パスポート・アドバンテージ契約および IBM インターナショナル・パスポート・アドバンテージ・エクスプレス契約の追加情報については、 パスポート・アドバンテージおよびパスポート・アドバンテージ・エクスプレス Web サイトを参照してください。

可変課金の適用

なし

教育機関向け割引の利用

適用外



Back to top

適切なセキュリティー実施について

Top rule

IT システム・セキュリティーには、企業内外からの不正アクセスの侵入防止、検知、および対応によって、システムや情報を保護することが求められます。不適切なアクセスにより、情報の改ざん、破壊、または悪用を招くおそれがあるほか、システムが誤用された場合は他者へのシステムを攻撃してしまうおそれがあります。セキュリティーに対して包括的なアプローチをとらない IT システムや IT 製品は、完全にセキュアであるとみなすべきではなく、また単一の製品や単一のセキュリティー対策で極めて効果的に不正アクセスを防止できるものはありません。 IBM システムおよび製品は、規制に準拠したセキュリティーに関する包括的な取り組みの一環として設計されています。これには必然的に追加の運用手順が含まれ、これを最も効果的なものとするには、他のシステム、製品、またはサービスが必要となる場合もあります。

重要: IBM では、いずれのシステム、製品、あるいはサービスも第三者の悪質な行為、および不正な行為による影響を受けていないこと、または将来受けないことを保証するものではありません。



Back to top

料金

Top rule

ビジネス・パートナーのための情報

IBM から製品を取得する IBM ビジネス・パートナーの場合は、販売店のための Passport Advantage Online にリンクして、ビジネス・パートナー向けの料金設定情報を取得できます。 IBM Passport Advantage またはIBM PartnerWorld® Web サイトにアクセスするには、IBMid とパスワードが必要です。

Passport Advantage

パスポート・アドバンテージに関する情報および料金については、 IBM 担当員または Channel Value Rewards の IBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。追加情報は、 パスポート・アドバンテージおよびパスポート・アドバンテージ・エクスプレス Web サイトでも入手可能です。

IBM グローバル・ファイナンシング

IBM グローバル・ファイナンシングは、信用資格のあるお客様が IT ソリューションを取得するのを支援するために、競争力のある資金調達を用意しています。このオファリングには、 IBM とその他のメーカーまたはベンダーの両方からの、ハードウェア、ソフトウェア、サービスを含む、IT 獲得のための資金調達が含まれます。オファリング (すべてのお客様セグメント、すなわち小企業、中企業、および大企業用)、レート、条件、およびアベイラビリティーは、国によって異なる場合があります。詳しくは、お客様の地域の IBM グローバル・ファイナンシング組織にお問い合わせいただくか、 IBM グローバル・ファイナンシング の Web サイトを参照してください。

IBM グローバル・ファイナンシングのオファリングは、米国の IBM Credit LLC、ならびに全世界のその他の IBM 子会社および部門を通して、有資格の企業および官公庁のお客様に提供されます。レートは、お客様の信用格付け、資金調達条件、オファリングのタイプ、装置のタイプ、およびオプションに基づき、 国により異なる場合があります。その他の制限がある場合もあります。レートおよびオファリングは、予告なしに変更、拡張、または撤回される場合があります。

商標

IBM Cloud は、世界の多くの国における International Business Machines Corporation の商標です。

Passport Advantage、IBM、PartnerWorld、Express、IBM API Connect、DataPower、Aspera、FASP、および IBM Z は、世界の多くの国で登録された International Business Machines Corporation の商標です。

Linux は、Linus Torvalds の米国およびその他の国における商標です。

他の会社名、製品名およびサービス名等はそれぞれ各社の商標です。

ご利用条件

お客様の国で発表されて入手可能な IBM の製品およびサービスは、その時点で有効な適用可能な標準契約書、条項、条件、および料金に基づいて発注できます。 IBM は、この発表をいつでも予告なしに変更または撤回する権利を保有します。 この発表はお客様の参照用としてのみ提供されています。追加のご利用条件については、次の Web サイトでご確認ください。

ご利用条件

この製品発表レターは、IBM Corporation が発表した時点での製品発表レターの抄訳です。

IBM 製品に関する最新情報については、 IBM 担当員または販売店にお問い合わせいただくか、 IBM Worldwide Contacts ページをご覧ください。

日本 IBM