1. 発表のタイプ:H/W新製品の発表
  2. カテゴリー:e(e-businessロゴ)server xSeries
  3. レター番号:PCS07052-4
  4. 発表日:20070124
  5. 更新日:20070201
  6. OfferID:43651BJ; 43652BJ; 43654BJ; 43654DJ; 43655BJ; 43655DJ; 43656BJ; 43656DJ; 42C1313
  7. 1章コメント履歴:[1-2]RSA2導入時の制限事項を追記

IBM System x3250 および関連オプションの発表


[1]発表の概要



[1-1]製品の概要


本日付けで、IBM System x3250 および関連オプションの発表いたします。

スケールアウトにも IBMエンタープライズ
テクノロジー
IBM が提唱する、Xtended Design Architecture II (XDA II)は、これまでの膨大な経験の蓄積によって培われた、これからのサーバーに求められる理想のスケールアウト・ソリューションです。

メインフレームで培ったテクノロジーを、オープン・マーケットへ。

Xtended Design Architecture (XDA)IIは、XDAにて提唱された、パフォーマンス、可用性、管理性、柔軟性といった、お客様の着目点にかなう数々のテクノロジーをさらに向上し、大きなビジネス・アドバンテージを、お客様にご提供いたします。



写真上 : IBM System x3250 外観

今回発表される製品は以下の通りです。

■システム装置
製品番号
製品名称
出荷開始予定日
43651BJ
IBM System x3250 モデル 1BJ
2007年1月24日
43652BJ
IBM System x3250 モデル 2BJ
2007年1月24日
43654BJ
IBM System x3250 モデル 4BJ
2007年1月24日
43654DJ
IBM System x3250 モデル 4DJ
2007年1月24日
43655BJ
IBM System x3250 モデル 5BJ
2007年1月24日
43655DJ
IBM System x3250 モデル 5DJ
2007年1月24日
43656BJ
IBM System x3250 モデル 6BJ
2007年1月24日
43656DJ
IBM System x3250 モデル 6DJ
2007年1月24日

■オプション
製品番号
製品名称
出荷開始予定日
42C1313
シンプルスワップ SATA RAIDキット
2007年1月24日

※出荷開始予定日は、弊社からの出荷を開始する日付です。実際にお客様の元に商品をお届けする日付と必ずしも同一にはなりませんので、あらかじめご了承ください。


[1-2]ハイライト


System x3250 は、以下を実装した、堅調なパフォーマンスを提供するラック・タイプのユニ・プロセッサー・エントリー・サーバーです。

    • CPUは、インテル Celeron D プロセッサー 341(1BJ) 、インテル Pentium D プロセッサー 945 (2BJ) 、デュアルコア インテル Xeon プロセッサー 3040(4BJ/4DJ) / 3050(5BJ/5DJ) / 3060(6BJ/6DJ)を搭載。

      2次キャッシュ
      - インテル Celeron D プロセッサー 341(1BJ)は、L2キャッシュ:256KBを内蔵
      - インテル Pentium D プロセッサー 945は、L2キャッシュ:4MB(2BJ)を内蔵
      - デュアルコア インテル Xeon プロセッサー 3040(4BJ/4DJ) / 3050(5BJ/5DJ) は、L2キャッシュ:2MBを内蔵
      - デュアルコア インテル Xeon プロセッサー 3060(6BJ/6DJ) は、L2キャッシュ:4MBを内蔵

      フロント・サイド・バス(FSB)
      533MHz(1BJ) /800MHz (2BJ) /1066MHz (4BJ/4DJ/5BJ/5DJ/6BJ/6DJ)
    • 1BJ/2BJは、標準で512MB PC2-5300 DDR2 メモリーを搭載
      4BJ/4DJ/5BJ/5DJ/6BJ/6DJは、1GB(2x512MB) PC2-5300 DDR2 メモリーを搭載
      ※最大容量の8GBにする場合、標準装備のメモリーを取り外し、2GBメモリーに付け替える必要があります。
    • 3.5型モデルの場合は、3つのドライブベイを装備(1BJ/2BJ/4BJ/4DJ/5BJ/6BJ)
      - 2つの3.5インチドライブベイ(空き:2)
      - シンプル・スワップ・SATA(1BJ/2BJ/4BJ)、ホットスワップ・SATA/SAS(Serial Attached SCSI)(4DJ/5BJ/6BJ)
      - 最大600GB/1TBのハードディスク容量をサポート。(SATA の場合500GBのハードディスク、SASの場合300GBのハードディスクをそれぞれ2台装着した場合。SATA HDDとSAS HDDは混在できません。)
    • 2.5型モデルの場合は、5つのドライブベイを装備(5DJ/6DJ)
      - 4つの2.5インチドライブベイ(空き:2)
      - ホットスワップ SAS(Serial Attached SCSI)
      -最大293.6GBのハードディスク容量をサポート。(73.4GB SAS ハードディスクを4台装着した場合)
    • デュアル 10M/100M/1000Mbps ギガビット イーサネット コントローラー内蔵
    • 2つの PCI Express x8 スロットを標準搭載
    • 351W(オートリスタート機能付) 1台を標準搭載
    • 4つのUSB ポート(フロント x2、リア x2)
    • 1つのシリアル・ポート(NS16550A互換)

    x3250内部図


■System x3250 スペック表

3.5型SATA シンプル・スワップ
SATA シンプル・スワップ
モデル
4365-1BJ
4365-2BJ
4365-4BJ
タイプ
ラック(1U)※1
プロセッサー搭載CPU数
1 (最大 1)
タイプ
インテル(R) Celeron(R) D
プロセッサー 341
インテル(R) Pentium(R) D
プロセッサー 945
デュアルコア インテル(R) Xeon(R) プロセッサー 3040
動作周波数
2.93GHz
3.40GHz
1.86GHz
フロント・サイド・バス
533MHz
800MHz
1066MHz
2次キャッシュ
256kB(フルスピード)
2x2MB(フルスピード)
2MB(フルスピード)
チップセット
Intel 3010
主記憶容量
(PC2-5300対応 SDRAM)
標準容量
512MB ECC non-chipkill
1GB ECC non-chipkill
DIMM装着状況
1 x 512MB
2 x 512MB
DIMMソケット数(空き)
4(3)
4(2)
最大容量
8GB※2
ビデオ・サブ・システム
SVGA(ATI RN50b/ES1000)
ビデオ・メモリー
16MB
ディスク・インターフェースタイプ
SATA(オンボード)
内部コネクター
2
外部コネクター
0
補助記憶装置(内蔵)FDD
-
標準HDD容量
オープン
最大HDD容量※3
1TB※4
オプティカル・ドライブ
CD-RW:24倍速
DVD-ROM コンボドライブ:8倍速
ストレージ・ベイ(空き)5.25型 スリムハイト
1(0)
3.5型 スリムハイト
2(2)
ホット・スワップ
-
PCI-X/PCIスロット (空き)PCI Express x8
1(1) 3/4サイズ・フルハイト
PCI Express x8
1(1) ハーフサイズ・Low-profile
インターフェース
シリアル(NS16550A互換)×1、USB(ver 2.0)×4(フロント× 2、リア×2)、キーボード、
マウス、モニター、システム管理ポート(RJ-45)
ネットワーク・インターフェース
デュアル 全二重Ethernet 10Base-T/100Base-TX/1000Base-T (Broadcom 5721)
システム管理機能※注
標準装備 (Mini BMC、IPMI 1.5準拠)
本体寸法(mm)
440(W) X 559(D) X 43(H)
質量 (kg)
11.0(最小構成) , 12.7(最大構成)
環境対応
RoHS指令※5 準拠
電源ユニット定格出力
351W(オートリスタート機能付※6)
電源
AC 100-240V※7/50-60Hz
(入力電圧を自動的に検知し、適切なモードで稼動します)
発熱量(最大構成/出荷構成)
307W(1048 Btu/hr) / 127W(432 Btu/hr)
入力電力量(最大/最小)
0.313 kVA/0.129 kVA
消費電力(最大/標準)
300W / 100W
エネルギー消費効率※8
f区分 0.014
f区分 0.005
添付ソフトウェア
IBM Director、ServerGuide
付属品
電源コード (NEMA 5-15P x1、IEC320-C14 x1)、ラック・キット、
インストール・ガイド、ユーザーズ・ガイド、ドキュメントCDパック
添付サービス
スタートアップ90 (ヘルプライン簡易版)※9
※1 1U=約4.44センチ。
※2 標準装備のメモリーを取り外し、4x2GBメモリーに付け替える必要があります。
※3 ハードドライブ容量に関しては、MBは100万バイトを表し、GBは10億バイトを表します。ユーザーがアクセスできる総容量は作業環境によって変化します。
※4 500GB シンプルスワップ SATA HDDを2台装着した場合。
※5 特定有害物質の使用制限に関するEUの指令。対象物質は鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、ポリ臭化ビフェニール、ポリ臭化ジフェニルエーテルで、この6物質の使用について制限されます。
※6 電源障害 (停電等)からの復電時にサーバーが自動再始動する機能。
※7 入力電圧に適した電源ケーブルをご使用ください。
※8 エネルギー消費効率とは、エネルギーの使用の合理化に関する法律(昭和54年法律第49号。以下「省エネルギー法」という。)で定める測定方法により測定された消費電力を省エネルギー法で定める複合理論性能で除したものです。
※9 システム本体及びサービスを単体で提供することも可能です。詳しくは下記URLをご参照ください。
http://www.ibm.com/jp/servers/eserver/xseries/ss90/
※注 オプションの、リモート管理アダプターⅡSlimLineが取り付けられている場合、機械的な干渉のため、拡張スロット1にアダプターを取り付けることはできません。

3.5型ホットスワップSATA/SASモデル
ホットスワップSATA/SAS
モデル
4365-4DJ
4365-5BJ
4365-6BJ
タイプ
ラック(1U)※1
プロセッサー搭載CPU数
1 (最大 1)
タイプ
デュアルコア インテル(R) Xeon(R) プロセッサー 3040
デュアルコア インテル(R) Xeon(R) プロセッサー 3050
デュアルコア インテル(R) Xeon(R) プロセッサー 3060
動作周波数
1.86GHz
2.13GHz
2.40GHz
フロント・サイド・バス
1066MHz
2次キャッシュ
2MB(フルスピード)
4MB(フルスピード)
チップセット
Intel 3010
主記憶容量
(PC2-5300対応 SDRAM)
標準容量
1GB ECC non-chipkill
DIMM装着状況
2 x 512MB
DIMMソケット数(空き)
4(2)
最大容量
8GB※2
ビデオ・サブ・システム
SVGA(ATI RN50b/ES1000)
ビデオ・メモリー
16MB
ディスク・インターフェースタイプ
SATA/SAS(ドーター・カード:RAID 0,1,1E機能付き)※3
内部コネクター
2
外部コネクター
0
補助記憶装置(内蔵)FDD
-
標準HDD容量
オープン
最大HDD容量※4
600GB/1TB※5
CD-ROM
CD-RW:24倍速
DVD-ROM コンボドライブ:8倍速
ストレージ・ベイ(空き)5.25型 スリムハイト
1(0)
3.5型 スリムハイト
2(2)
ホット・スワップ
-
PCI-X/PCIスロット (空き)PCI Express x8
1(1) 3/4サイズ・フルハイト
PCI Express x8
1(1) ハーフサイズ・Low-profile
インターフェース
シリアル(NS16550A互換)×1、USB(ver 2.0)×4(フロント× 2、リア×2)、
キーボード、マウス、モニター、システム管理ポート(RJ-45)
ネットワーク・インターフェース
デュアル 全二重Ethernet 10Base-T/100Base-TX/1000Base-T (Broadcom 5721)
システム管理機能※注
標準装備 (Mini BMC、IPMI 1.5準拠)
本体寸法(mm)
440(W) X 559(D) X 43(H)
質量 (kg)
11.0(最小構成) , 12.7(最大構成)
環境対応
RoHS指令※6準拠
電源ユニット定格出力
351W(オートリスタート機能付※7)
電源
AC 100-240V※8/50-60Hz
(入力電圧を自動的に検知し、適切なモードで稼動します)
発熱量(最大構成/出荷構成)
307W(1048 Btu/hr) / 127W(432 Btu/hr)
入力電力量(最大/最小)
0.313 kVA/0.129 kVA
消費電力(最大/標準)
300W / 100W
エネルギー消費効率※9
f区分 0.005
f区分 0.003
添付ソフトウェア
IBM Director、ServerGuide
付属品
電源コード (NEMA 5-15P x1、IEC320-C14 x1)、ラック・キット、
インストール・ガイド、ユーザーズ・ガイド、ドキュメントCDパック
添付サービス
スタートアップ90 (ヘルプライン簡易版)※10
※1 1U=約4.44センチ。
※2 標準装備のメモリーを取り外し、4x2GBメモリーに付け替える必要があります。
※3 構成は付属されるユーザーズ・ガイドを参照してください。
※4 ハードドライブ容量に関しては、MBは100万バイトを表し、GBは10億バイトを表します。ユーザーがアクセスできる総容量は作業環境によって変化します。
※5 SATA の場合500GBのハードディスク、SASの場合300GBのハードディスクをそれぞれ2台装着した場合。SATA HDDとSAS HDDは混在できません。
※6 特定有害物質の使用制限に関するEUの指令。対象物質は鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、ポリ臭化ビフェニール、ポリ臭化ジフェニルエーテルで、この6物質の使用について制限されます。
※7 電源障害 (停電等)からの復電時にサーバーが自動再始動する機能。
※8 入力電圧に適した電源ケーブルをご使用ください。
※9 エネルギー消費効率とは、エネルギーの使用の合理化に関する法律(昭和54年法律第49号。以下「省エネルギー法」という。)で定める測定方法により測定された消費電力を省エネルギー法で定める複合理論性能で除したものです。
※10 システム本体及びサービスを単体で提供することも可能です。詳しくは下記URLをご参照ください。
http://www.ibm.com/jp/servers/eserver/xseries/ss90/
※注 オプションの、リモート管理アダプターⅡSlimLineが取り付けられている場合、機械的な干渉のため、拡張スロット1にアダプターを取り付けることはできません。

2.5型ホットスワップSASモデル
ホットスワップSASモデル
モデル
4365-5DJ
4365-6DJ
タイプ
ラック(1U)※1
プロセッサー搭載CPU数
1 (最大 1)
タイプ
デュアルコア インテル(R)
Xeon(R) プロセッサー 3050
デュアルコア インテル(R)
Xeon(R) プロセッサー 3060
動作周波数
2.13GHz
2.40GHz
フロント・サイド・バス
1066MHz
2次キャッシュ
2MB(フルスピード)
4MB(フルスピード)
チップセット
Intel 3010
主記憶容量
(PC2-5300対応 SDRAM)
標準容量
1GB ECC non-chipkill
DIMM装着状況
2 x 512MB
DIMMソケット数(空き)
4(2)
最大容量
8GB※2
ビデオ・サブ・システム
SVGA(ATI ES1000)
ビデオ・メモリー
16MB
ディスク・インターフェースタイプ
SATA/SAS(ドーター・カード:RAID 0,1,1E機能付き)※3
内部コネクター
2
外部コネクター
0
補助記憶装置(内蔵)FDD
-
標準HDD容量
オープン
最大HDD容量※4
293.6GB※5
CD-ROM
CD-RW:24倍速
DVD-ROM コンボドライブ:8倍速
ストレージ・ベイ(空き)5.25型 スリムハイト
1(0)
2.5型 スリムハイト
4(4)
ホット・スワップ
-
PCI-X/PCIスロット (空き)PCI Express x8
1(1) 3/4サイズ・フルハイト
PCI Express x8
1(1) ハーフサイズ・Low-profile
インターフェース
シリアル(NS16550A互換)×1、USB(ver 2.0)×4(フロント× 2、リア×2)、キーボード、マウス、モニター、システム管理ポート(RJ-45)
ネットワーク・インターフェース
デュアル 全二重Ethernet 10Base-T/100Base-TX/1000Base-T (Broadcom 5721)
システム管理機能※注
標準装備 (Mini BMC、IPMI 1.5準拠)
本体寸法(mm)
440(W) X 559(D) X 43(H)
質量 (kg)
11.0(最小構成) , 12.7(最大構成)
環境対応
RoHS指令※6準拠
電源ユニット定格出力
351W(オートリスタート機能付※7)
電源
AC 100-240V※8/50-60Hz
(入力電圧を自動的に検知し、適切なモードで稼動します)
発熱量(最大構成/出荷構成)
307W(1048 Btu/hr) / 127W(432 Btu/hr)
入力電力量(最大/最小)
0.313 kVA/0.129 kVA
消費電力(最大/標準)
300W / 100W
エネルギー消費効率※9
f区分 0.003
添付ソフトウェア
IBM Director、ServerGuide
付属品
電源コード (NEMA 5-15P x1、IEC320-C14 x1)、ラック・キット、
インストール・ガイド、ユーザーズ・ガイド、ドキュメントCDパック
添付サービス
スタートアップ90 (ヘルプライン簡易版)※10
※1 1U=約4.44センチ。
※2 標準装備のメモリーを取り外し、4x2GBメモリーに付け替える必要があります。
※3 構成は付属されるユーザーズ・ガイドを参照してください。
※4 ハードドライブ容量に関しては、MBは100万バイトを表し、GBは10億バイトを表します。ユーザーがアクセスできる総容量は作業環境によって変化します。
※5 2.5型73.4GBのスリム・ハードディスクを4台装着した場合。
※6 特定有害物質の使用制限に関するEUの指令。対象物質は鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、ポリ臭化ビフェニール、ポリ臭化ジフェニルエーテルで、この6物質の使用について制限されます。
※7 電源障害 (停電等)からの復電時にサーバーが自動再始動する機能。
※8 入力電圧に適した電源ケーブルをご使用ください。
※9 エネルギー消費効率とは、エネルギーの使用の合理化に関する法律(昭和54年法律第49号。以下「省エネルギー法」という。)で定める測定方法により測定された消費電力を省エネルギー法で定める複合理論性能で除したものです。
※10 システム本体及びサービスを単体で提供することも可能です。詳しくは下記URLをご参照ください。
http://www.ibm.com/jp/servers/eserver/xseries/ss90/
※注 オプションの、リモート管理アダプターⅡSlimLineが取り付けられている場合、機械的な干渉のため、拡張スロット1にアダプターを取り付けることはできません。

----------------------------------------------------------------------
【本日発表の新オプション製品】


■シンプルスワップ SATA RAIDキット(42C1313)

RAID対応SATAドーター・カードおよびバックプレー、シグナル・ケーブル同梱。RAID-0,1,1E機能付き。専用スロットに導入。
シンプルスワップ SATA HDDモデルのみのサポートです。


[1-3]お勧めしたいお客様


限られたスペースに多くのサーバーを設置する必要のあるお客様や、省スペースと高可用性を同時に要求するお客様に向けた製品で、Web環境のフロント・エンドのサーバー、社内部門ファイル・サーバーやプリント・サーバーに最適の製品です。1U サイズのラック専用サーバーで、優れた省スペース性を提供します。
また、リーズナブルな価格設定により、初期投資を抑えられます。


[1-4]販売窓口と発注情報


■システム装置

製品番号
製品名称
IBM ダイレクト価格(税別)
IBM ダイレクト価格(税込)
出荷開始予定日(※)
JANコード
43651BJ
IBM System x3250 モデル 1BJ
124,000円
130,200円
2007年1月24日
4968665632676
43652BJ
IBM System x3250 モデル 2BJ
138,000円
144,900円
2007年1月24日
4968665632683
43654BJ
IBM System x3250 モデル 4BJ
164,000円
172,200円
2007年1月24日
4968665632690
43654DJ
IBM System x3250 モデル 4DJ
178,000円
186,900円
2007年1月24日
4968665632706
43655BJ
IBM System x3250 モデル 5BJ
190,000円
199,500円
2007年1月24日
4968665632713
43655DJ
IBM System x3250 モデル 5DJ
204,000円
214,200円
2007年1月24日
4968665632737
43656BJ
IBM System x3250 モデル 6BJ
210,000円
220,500円
2007年1月24日
4968665632744
43656DJ
IBM System x3250 モデル 6DJ
224,000円
235,200円
2007年1月24日
4968665632751

■オプション
製品番号
製品名称
IBM ダイレクト価格(税別)
IBM ダイレクト価格(税込)
出荷開始予定日(※)
JANコード
42C1313
シンプルスワップ SATA RAIDキット
18,000円
18,900円
2007年1月24日
4968665628228
※出荷開始予定日は、弊社からの出荷を開始する日付です。実際にお客様の元に商品をお届けする日付と必ずしも同一にはなりませんので、あらかじめご了承ください。

IBMダイレクト価格は、IBMの直販による提供価格であり、ビジネス・パートナーなど再販社の販売価格を拘束するものではありません。
弊社Webサイトでは供給状況などの事情により一部の製品を掲載しており、「IBMダイレクト価格」製品全てが弊社Webサイトで購入できることを意味するものではありません。

最新の価格につきましては、日本IBMホームページで当製品の情報掲載ページをご覧ください。

http://www-6.ibm.com/jp/servers/eserver/xseries/

製品、サービス等詳細については、弊社またはIBMビジネス・パートナーの営業担当員にご相談ください。


[1-5]保証


保証条件

    3年間部品/3年間オンサイト修理・保証サービス(24時間x7日)又はCRUサービス(注1)

保証内容
    オンサイト修理保証・サービス又はCRUサービス(注1)
    電話受付にて故障内容を確認後、必要に応じて技術員がお客様の機械設置場所にお伺いして修理いたします。

    サービス受付:IBMハードウェア障害受付センター (電話番号は保証書にて確認ください)
    受付時間:月曜日から日曜日 0:00-24:00 
    サービス提供時間:月曜日から日曜日 0:00-24:00

    電話による故障内容確認時、故障部位がCRU(注1)と判断された場合は出張サービスの対象にはなりません。
    CRUの障害であってもIBMにてオンサイトサービスを必要とされるお客様のためにnonCRUのService Pacをご用意しています。
    この Service Pacを予め購入して頂ければ、CRUの障害時でもIBMの技術員がオンサイトにて保守を実施いたします。
    もしServicePacをご購入されていない場合は有料にてサービスが受けられます。

    (注1)CRU (Customer Replaceable Unit、お客様による交換可能部品)サービス
    xSeriesの構成部品の一部は、お客様にて交換できるように設計されており、このような考えに基づいて設計された部品を'CRU'と呼びます。
    (CRU=Customer Replaceable Unit、お客様による交換可能部品、以下'CRU')
    ハードウェア障害の場合、IBMハードウェア障害受付センターにご連絡をいただき、故障内容などをご確認させていただいたあと、そのご連絡時での問題判別の結果、問題のある部分が一箇所に特定でき、かつ、その部品がCRUである場合、IBMはお客様に交換用のCRUを宅配便により送付し、お客様ご自身で交換していただきます。
    CRU部品発送は当日15時までに故障箇所がCRU部品と特定出来た場合、下記対象地域には当日配送します。
    (IBM技術員はお客様サイトへ訪問いたしません)
    障害箇所が特定できない場合やCRU以外の部品障害と思われる場合は、技術員がお客様サイトにて部品の交換をいたします。
    CRUをお客様に送付する際の送料はIBMが負担いたします。また、交換した部品は宅配便などにて30日以内にご返却いただきますが、その際の費用もIBMが負担いたします。

    対象地域
      関東圏:さいたま市・千葉市(中央区・美浜区)・船橋市・川崎市(麻生区・多摩区を除く)・横浜市10区(磯子・神奈川・金沢・港北・都筑・鶴見・戸塚・中・西・南区)・東京都23区
      関西圏:大阪市・門真市・吹田市・摂津市・豊中市・東大阪市・守口市・八尾市・京都市(右京・上京・下京・中京・南区)・尼崎市・伊丹市・神戸市(中央・長田・兵庫区)
      中部圏:名古屋市


[1-6]登録商標


IBM、e-business ロゴ、eserver ロゴ、Active Memory、AIX、AIX 5L、Chipkill、Light Path Diagnostics、ServeRAID、XA-32、X-Architecture、XceL4、XpandOnDemand、xSeries、BladeCenter、ServerGuide、NetBAY3、OS/2 Warp、Hummingbird、IBM、Netfinity、Wake on LAN、IntelliStation、SMART Reaction、Universal Management Agent、Express ポートフォリオ は、IBM Corporation の商標。
Microsoft、Windows、Windows NT および Windows(ロゴ)は Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標。
Intel、Intel(ロゴ)、Intel Inside、Intel Inside (ロゴ)、Intel Centrino、Intel Centrino(ロゴ)、Celeron、Intel Xeon、Intel SpeedStep、Itanium、Pentium は Intel Corporationまたは子会社の米国およびその他の国における商標。
Linuxは、Linus Torvaldsの米国およびその他の国における商標。
他の会社名、製品名、およびサービス名等はそれぞれ各社の商標または登録商標。


ThinkPad ( ノートブック製品 ) 、ThinkCentre ( デスクトップ製品 ) およびその他のPC製品はLenovo社の製品です。このページはIBMおよびLenovo社のThinkPad ThinkCentreの両サイトへのリンクを含んでいます。詳細はこちら