IBM Support

Proxy Server の SystemOut に APNS の例外が記録される

Technote (troubleshooting)


Problem

Sametime 9.0.1 FP1 の Sametime Proxy Server において、APNS に接続できないという例外が多数記録されるようになりました。

Symptom

発生する例外は以下になります。

------
[18/02/06 17:32:38:285 JST] 000000a4 IBMAPNSServic W APNS restart failure. Throwable: com.notnoop.exceptions.NetworkIOException: java.net.ConnectException:
Connection timed out: connect
at
com.ibm.collaboration.realtime.stproxy.services.APNS.ApnsConnectionImpl.Socket(ApnsConnectionImpl.java:276)
at
com.ibm.collaboration.realtime.stproxy.services.APNS.ApnsConnectionImpl.
sendMessage(ApnsConnectionImpl.java:296)
at
com.ibm.collaboration.realtime.stproxy.services.APNS.ApnsConnectionImpl.
sendMessage(ApnsConnectionImpl.java:287)
at
com.ibm.collaboration.realtime.stproxy.services.APNS.ApnsConnectionImpl.
testConnection(ApnsConnectionImpl.java:353)
at
com.notnoop.apns.internal.ApnsServiceImpl.testConnection(ApnsServiceImpl
.java:57)
...
--------


Resolving the problem

Sametime からモバイル端末へ Push 通知を行うための APNS サーバーに接続できないメッセージとなります。
APNS に接続できない環境では、この例外が発生しますが、対応は必要ありません。
例外が発生するという問題に対する改善要望が問題番号 LO93620 として報告されています。

ログから APNS と GCM サービスに関する例外メッセージを記録しないようにするには、以下の設定を行います。

1. "トラブルシューティング > ログおよびトレース > STProxyServer > ログ詳細レベルの変更"

2. "ログ詳細レベルの変更" 欄に以下の値を設定して、"OK" を押し、マスター構成に保存する
*=info: com.ibm.collaboration.realtime.stproxy.services.APNS.*=off: com.notnoop.apns.*=off: com.google.android.gcm.*=off

3. "システム管理 > ノード" にて、Sametime Proxy Server のノードにチェックを入れて、"完全な再同期" を押す

4. "サーバー > サーバー・タイプ > WebSphere Application Server" にて、Sametime Proxy サーバー名にチェックを入れるて、"再始動" を押す

Document information

More support for: IBM Sametime
Sametime Proxy Server and Web Client

Software version: 9.0.1

Operating system(s): Windows

Reference #: 2013379

Modified date: 29 March 2018


Translate this page: