IBM Support

スリープ状態から復帰した後 Notes Basic 版の IM から再ログインできない

Technote(トラブルシューティング)


問題

IBM Notes Basic 版クライアントに組み込まれている Instant Messaging クライアントを利用する環境にて、シングルサイオンで IBM Domino および IBM Sametime サーバーへのログインを行っています。

Windows のスリープ状態から復帰すると、IBM Sametime サーバーにログインできなくなってしまう事象が発生します。


環境

この事象は IBM Notes 8.5.x / 9.x Basic 版クライアントに組み込まれている Instant Messaging クライアント、および IBM Notes 8.5.x / 9.x Standard 版クライアントに組み込まれている IBM Sametime Embedded クライアントで発生することが確認されています。

解決方法

IBM Notes 8.5.x / 9.x Basic 版クライアントの場合は、Notes クライアントを再起動することで問題を回避してください。


IBM Notes 8.5.x / 9.x Standard 版クライアントの場合は、Notes のプログラムディレクトリ配下の \framework\rcp\plugin_customization.ini ファイルに以下のパラメータを追加することで、この事象を回避することが可能です。
com.ibm.collaboration.realtime.community/forceLoginTokenRefresh=false

この問題の根本的な修正は、2014 年 3 月以降にリリースされた Notes Standard 版クライアント用の IBM Sametime 9.0/9.0.1 Embedded クライアントにて行われています。

この問題の解決のために、Basic 版から Standard 版 IBM Notes クライアントへの移行を検討してください。

Document information

More support for: IBM Sametime
Notes integration

Software version: 8.0, 8.5, 9.0, 9.0.1

Operating system(s): Windows

Reference #: 2009553

Modified date: 13 October 2017


Translate this page: