IBM Support

IBM Domino メールサーバーに対して IBM Traveler サーバーからのオープン、クローズが頻発する

Technote(トラブルシューティング)


問題

IBM Domino メールサーバーのコンソールログを見ると、IBM Traveler サーバーから頻繁にアクセスが行われています。
ログにネットワークセッションのオープン、クローズの処理が頻繁に記録されるため、IBM Domino メールサーバーのログが肥大化し、負荷が高い状態になっています。

症状

IBM Domino メールサーバーのコンソールログに、次の様に数秒間隔で Opened session for / Closed session for の処理が繰り返し記録されています。
2017/01/22 08:59:37 Opened session for Traveler サーバー名 (Release xxx)
2017/01/22 08:59:37 Closed session for Traveler サーバー名 Databases accessed: 1 Documents read: 1 Documents written: 0 Transactions: 6

2017/01/22 08:59:41 Opened session for Traveler サーバー名 (Release xxx)
2017/01/22 08:59:41 Closed session for Traveler サーバー名 Databases accessed: 1 Documents read: 0 Documents written: 0 Transactions: 5

2017/01/22 08:59:44 Opened session for Traveler サーバー名 (Release xxx)
2017/01/22 08:59:44 Closed session for Traveler サーバー名 Databases accessed: 1 Documents read: 0 Documents written: 0 Transactions: 6


原因

IBM Traveler サーバーはサーバー文書の [IBM Notes Traveler] タブの「モニターのポーリング間隔」で指定された時間間隔で IBM Domino メールサーバーに対して新着メールの問い合わせを行います。
ポーリング間隔のデフォルト値は「3秒」です。

デフォルト設定のまま IBM Traveler サーバーを動かすと、短い時間間隔で IBM Domino メールサーバーへのアクセスが繰り返されるため、Traveler ユーザー数が非常に多い環境で、サーバー文書の [IBM Notes Traveler] タブの「モニターのポーリング間隔」の値がデフォルトのままの場合は IBM Domino メールサーバーの負荷が高くなってしまうことがあります。


解決方法

「モニターのポーリング間隔」の値をデフォルトの「3秒」よりも長い値とすることで、アクセス頻度を減らすことができます。

IBM Domino メールサーバーの負荷が高い場合は、この設定値を 「60秒」や「120秒」に変更して問題を解決してください。

クロスリファレンス情報
区分 製品 コンポーネント プラットフォーム バージョン エディション
Messaging Applications IBM Traveler

Document information

More support for: IBM Traveler
Performance

Software version: 9.0.1

Operating system(s): IBM i, Linux, Windows

Software edition: All Editions

Reference #: 2005970

Modified date: 20 September 2017


Translate this page: