IBM Support

LANフリーバックアップがANR1404W、ANR0525Wで失敗します

Technote(トラブルシューティング)


問題(概要)

Windows上でLANフリーバックアップがANR1404W、ANR0525Wで失敗します。この問題は、Tivoli Data Protection製品群、バックアップ/アーカイブ・クライアントどちらを使っている場合にも起こることがあります。

診断

以下のようなメッセージが出ることがあります。
ANR1404W (Session: xxxxx, Origin: STORAGE_AGENT) スクラッチ・ボリュームのマウント要求が拒否されました - マウントが失敗しました。 (SESSION: xxxxx)
ANR0525W (Session: xxxxx, Origin: STORAGE_AGENT) ノード xxxxx のセッション yy でトランザクションが失敗しました - ストレージ・メディア・アクセス不能。 (SESSION: xxxxx)

解決方法

このケースは、IBMテープデバイスドライバーをご利用の場合のみに当てはまります。

ライブラリーマネージャー上のパス定義は、LANフリーを使用するマシンのデバイスマッピングに合わせます。デバイスは、LANフリーを使用するマシンのデバイスマネージャーに表示されます。

Windowsレジストリーを確認すると、以下のように表示されています。


[HKEY_LOCAL_MACHINE\HARDWARE\DEVICEMAP\Scsi\Scsi Port 1\Scsi Bus 0\Target Id 1\Logical Unit Id 0]
"Identifier"="IBM     ULT3580-TD2     67U1"
"Type"="TapePeripheral"
"InquiryData"=hex:01,80,03,02,35,00,00,02,49,42,4d,20,20,20,20,20,55,4c,54,33,\
  35,38,30,2d,54,44,32,20,20,20,20,20,36,37,55,31
"TsmSerialNumber"="1234567890"
"TsmWorldWideName"="0987654321098A01"


上記のレジストリーには、"DeviceName"レジストリーキーがありませんが、このレジストリーキーは、IBM Spectrum Protect ストレージエージェントが正しくデバイスをオープンするために必要なものです。
このレジストリーキーは、IBMテープデバイスドライバーにより、導入時、あるいはデバイスのディスカバリー時に書かれます。

この問題に遭遇し、レジストリーに、"DeviceName"レジストリーキーが、ない場合、以下の手順に従うか、ハードウェアサポートにコンタクトしてください。

    注)IBMテープデバイスドライバーは、IBM Specrtum Protectサポートではなく、ハードウェアサポートにより、サポートされるコンポーネントです。

1 Windowのデバイスマネージャーで、テープ、チェンジャーデバイスをアンインストールします。
2 デバイスドライバーのパッケージ内、uninst.exeを実行します。
3 すべての依存関係にチェックを入れ、お客様の規約に従って再起動してください。
4 install.exeを用いてチェンジャー、ドライブのデバイスドライバーを再度導入してください。

デバイスドライバー導入後、"DeviceName"レジストリーキーを確認してください。
存在する場合、以下のようになります。
    "DeviceName"="mt1.0.0.1"
    あるいは
    "DeviceName"="Tape1"

レジストリーキーが存在したら、バックアップを実行してみてください。
レジストリーキーがまだ存在しない場合、ハードウェアサポートにご連絡をいただけますでしょうか。

関連情報

オリジナルドキュメント
IBMテープデバイスドライバー(Windows)
An US English translation is available

Document information

More support for: Tivoli Storage Manager
StgAgent

Software version: All Supported Versions

Operating system(s): Windows

Reference #: 2005759

Modified date: 09 August 2017


Translate this page: