IBM Support

clubusy.nsf に競合文書が作成される

技術情報(FAQs)


質問

クラスター環境では、空き時間データベース (clubusy.nsf) に競合文書が作成されてしまうことがあります。
すべてのクラスターで clubusy.nsf を再作成しても、しばらく運用を続けていると競合文書が再び作成されてしまいます。

回答

この問題は、問題報告番号 MALE7JYNER として IBM Quality Engineering に報告され、IBM Domino 8.5.3 Fix Pack 3 (FP3) で修正されました。
空き時間情報の各エントリ (ユーザーやリソース) は、過去のスケジュール情報については、 7日分のスケジュール情報のみ保持しています。
午前 2 時や起動時に、7日よりも古い空き時間情報のパージが実施されされます。
8.5.3FP2 以前のリリースでは、このパージによる更新がクラスタの双方で実施されてしまうため、競合が発生してしまいます。
RNR_NO_VALIDATE=1 や SCHEDULE_NO_CALIDATE=1 を設定して Validate を抑制しても回避することはできません。

この問題によって空き時間データベースに競合文書が作成されていると、正しい空き時間を検索することができないため、会議室予約データベースで重複して予約が作成される原因となります。

問題を回避するには、最新の Fix Pack を適用し、空き時間データベースを再作成する必要があります。


関連文書
「Download options for Notes/Domino 8.5.3 Fix Packs」 (Technote #4032242)
「(参考)Lotus Domino サーバーで Busytime.nsf または Clubusy.nsf ファイルを再作成する方法」(Technote #1463475)

Document information

More support for: IBM Domino
Clustering

Software version: 7.0, 8.0, 8.5, 8.5.1, 8.5.2, 8.5.3, 8.5.3.1, 8.5.3.2

Operating system(s): AIX, Windows

Reference #: 1998560

Modified date: 13 March 2017


Translate this page: