IBM Support

Sametime Meeting Server におけるミーティングの使用状況の確認

技術情報(FAQs)


質問

Sametime Meeting Server においてミーティングの使用状況(どのユーザーがどの程度利用しているのか)を確認する方法はありますか。

回答

Sametime Meeting Server の管理者は、Web ブラウザよりミーティングルームセンターにログインし「ミーティングルーム統計」から次の情報を確認することが可能です。

タブ名称
説明
項目名 項目の説明
概要
Sametime Meeting Server 全体の統計情報の表示
ルームの概要
すべて
ミーティングルーム数の総計
ルームの概要:
アクティブなルーム
現在使用中のミーティングルーム数の総計
ルームの概要:
未使用のルーム
作成されたが1回も使われていないミーティングルーム数の総計
参加者の概要:
現在の利用者
現在ミーティングルーム使用中のユーザー数の総計
ライブラリの概要:
ライブラリのアイテム数
ミーティングルームのライブラリにアップロードされたアイテムの総計
ライブラリの概要:
ライブラリのサイズ
ミーティングルームのライブラリにアップロードされたアイテムのサイズの総計
ルーム別使用状況
ミーティングルームごとの使用状況の表示
ミーティングルーム名 ミーティングルームの名称
所有者 当該ミーティングルームのオーナーとなっているユーザー名(通常はミーティングルーム作成者)
アクティブ 当該ミーティングルームを現在使用中のユーザー数
ライブラリのアイテム数 当該ミーティングルームのライブラリにアップロードされたアイテムの数
ライブラリのサイズ 当該ミーティングルームのライブラリにアップロードされたアイテムのサイズ
最終アクセス 当該ミーティングルームの最終アクセス日時
所有者別使用状況
ミーティングルームのオーナーごとの使用状況の表示
所有者 ミーティングルームのオーナーとなっているユーザー名(通常はミーティングルーム作成者)
所有ルーム オーナーとなっているミーティングルーム数の合計
ライブラリのアイテム数 オーナーとなっているミーティングルームのライブラリにアップロードされたアイテムの合計
ライブラリのサイズ オーナーとなっているミーティングルームのライブラリにアップロードされたアイテムのサイズの合計


上記よりも詳細な情報を必要とされる場合は、DB2 のレコードを参照する方法があります。

注意:
Sametime サーバー側では、下記方法で DB2 の情報を参照する方法をサポートしていません。
各データの示す意味や DB2 側の操作方法について Sametime サポート側にお問い合わせいただいても回答いたしかねます。

例:
MTG.RTC_EVENT テーブルの operation が userJoin という条件の行を抽出することで、ミーティングの全参加ユーザー情報を取得できます。

SQL コマンドの例:
SELECT OPERATION_TIMESTAMP,CONTAINER_KEY FROM MTG.RTC_EVENT WHERE
operation='userJoin'

DB2 側の機能を使用してエクスポートし、表計算ソフト等で確認します。
データのエクスポートについては、次のサイトをご参照ください。

(参考)EXPORT コマンド
http://www.ibm.com/support/knowledgecenter/ja/SSEPGG_10.1.0/com.ibm.db2.luw.admin.cmd.doc/doc/r0008303.html

SQL コマンドをテキストファイルにしておき、db2cmd コマンドでバッチファイルとして呼び出すことも可能です。

(参考)db2cmd - DB2 コマンド・ウィンドウのオープン・コマンド
https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/ja/SSEPGG_10.1.0/com.ibm.db2.luw.admin.cmd.doc/doc/r0002036.html

Document information

More support for: IBM Sametime
Meeting Server

Software version: 9.0

Operating system(s): Windows

Reference #: 1995805

Modified date: 03 February 2017


Translate this page: