IBM Support

Windows 上で lpinstaller.bat でITMの言語パックの導入時に「Java VMの読み込み中にWindowsのエラー2が発生しました」で失敗する

Technote(トラブルシューティング)


問題(概要)

Windows 上で lpinstaller.bat でITMの言語パックの導入時に「Java VMの読み込み中にWindowsのエラー2が発生しました」で失敗する

原因

Java 1.8_60 以降を利用している場合、言語パックの導入プログラムの起動で、Java のバージョンを確認する時に、Javaのバージョンを正しく認識できない為に発生する。

Java.exe のバージョンの表記は、 Java 8 Update 51 では「8.0.51.16」ですが、Java 8 Update 60 では「8.0.600.27」のように3番目が3桁に変更になったことで、バージョンの判断が正しく出来ない。


解決方法

Java 1.8_60 よりも前の Java バージョンを使用するか、「lpinstaller.bat」を実行する代わりに「lpinstaller.exe」の「LAX_VM」オプションを使用して「java.exe」のパスを明示的に指定して言語パックの導入プログラムをコマンドラインから実行する。

<lpinstaller.exeを含むのディレクトリ>\lpinstaller.exe LAX_VM <java.exeを含むディレクトリ>\java.exe

注意:「<lpinstaller.exeを含むのディレクトリ>」と「<java.exeを含むディレクトリ>」にはお客様の環境に合わせて実際のディレクトリをご指定する。

<参考>
共通の導入プログラム「InstallAnywhere」を使用している弊社の他の製品でも情報が公開されている。

https://www.ibm.com/developerworks/community/wikis/home?lang=ja#!/wiki/IBM%20TRIRIGA1/page/Troubleshooting%20CI%2012.1.2%20-%20%27Windows%20error%202%20occurred%20while%20loading%20the%20Java%20VM%27%20on%20Java%201.8.0_60%20and%20later

Document information

More support for: IBM Tivoli Monitoring V6
ITM Tivoli Enterprise Portal V6

Software version: 6.3.0

Operating system(s): Windows

Reference #: 1984556

Modified date: 03 June 2016


Translate this page: