IBM Support

IBM iNotes:ActiveX ファイル添付ユーティリティが「無効」の環境で削除した添付ファイルが送信される

Technote(トラブルシューティング)


問題

IBM iNotes 9 環境で、[サーバー設定文書] - [IBM iNotes] - [その他の設定] の [IBM iNotes ActiveX ファイル添付ユーティリティ] を [無効] に設定した状態で運用しています。
この環境で Microsoft Internet Explorer を使用し、以下の手順を行うと、削除した添付ファイルが送信されてしまう問題が発生します。

[手順]
1. IBM iNotes で新規メールメッセージを作成する。
2. ファイル A を添付する。
3. ファイル B を添付する。
4. ファイル B を削除する。
5. メッセージを送信する。

=> 送信されたメッセージではファイル B が削除されずに、ファイル A とファイル B が添付された状態で配信されます。


症状

Microsoft Internet Explorer 以外のブラウザ (例: Google Chrome や Mozilla Firefox) を使用した場合、本事象は発生しません。また、Lotus iNotes 8.5 環境でもこの事象は発生しません。


原因

この問題は、問題報告番号 KWAE9FM9D5 として IBM Quality Engineering に報告され、IBM iNotes 9.0.1 Fix Pack 1 Interim Fix 1 (iNotes_901FP1IF1) および IBM iNotes 9.0.1 Fix Pack 2 (FP2) にて修正されました。

環境

IBM iNotes 9.0 / 9.0.1 / 9.0.1 Fix Pack 1

Microsoft Internet Explorer 8 / 9 / 10 / 11


解決方法

IBM iNotes ActiveX ファイル添付ユーティリティを [無効] に設定した環境で Microsoft Internet Explorer を使用する場合、IBM iNotes 9 環境では有効な回避策が存在しないため、IBM iNotes 9.0.1 Fix Pack 2 を適用してください。


関連文書
「IBM Notes/Domino 9.0.1 の Fix Pack のダウンロードについて」(Technote #1671550)

「IBM iNotes で添付ファイルが削除されないことがある」(Technote #1664163)
「IBM iNotes:ドラフト保存したメールの添付ファイルを削除しても送信されてしまう」(Technote #1655758)

クロスリファレンス情報
区分 製品 コンポーネント プラットフォーム バージョン エディション
Messaging Applications IBM iNotes

Document information

More support for: IBM iNotes
Attachments

Software version: 9.0, 9.0.1, 9.0.1.1

Operating system(s): AIX, IBM i, Linux, Windows

Software edition: All Editions

Reference #: 1677018

Modified date: 08 September 2014


Translate this page: