IBM Support

[DB2 LUW] INDEXREC=RESTART、AUTORESTART=ON でも DB 活動化で索引が再作成されない

技術情報(FAQs)


質問

INDEXREC=RESTART, AUTORESTART=ON の設定をしている環境で、データベースへの初回アクセス時に、無効になった索引が再作成されませんでした。原因を教えてください。

原因

非活動化状態のデータベースにおいて DATABASE_CONSISTENT=NO かつ AUTORESTART=ON の場合、活動化時に自動再始動が行われます。
DATABASE_CONSISTENT データベース構成パラメーターは、バージョンによって表記が異なるので注意してください。

  • 整合状態のデータベース (V9.5 まで)
  • すべてのコミット済みトランザクションはディスクに書き込み済み (V9.7 以降)

これらの条件に合致し、かつ INDEXREC=RESTART と設定されている場合は、データベースの活動化で実行される再始動処理により、無効な索引の再作成も実行されます。

回答

データベース自体は整合性が取れており、データベースの活動化時に再始動処理が実行されないケースでは、無効な索引の再作成も実行されません。そのため、明示的に RESTART DATABASE コマンドを実行し、索引を再作成する必要があります。


関連情報
V9.5
autorestart - 自動再始動使用可能構成パラメーター
indexrec - 索引再作成時点構成パラメーター
database_consistent - データベースの整合性構成パラメーター
RESTART DATABASE

V9.7
autorestart - 自動再始動使用可能構成パラメーター
indexrec - 索引再作成時点構成パラメーター
database_consistent - データベースの整合性構成パラメーター
RESTART DATABASE

V10.1
autorestart - 自動再始動使用可能構成パラメーター
indexrec - 索引再作成時点構成パラメーター
database_consistent - データベースの整合性構成パラメーター
RESTART DATABASE コマンド

お問合せ先
技術的な内容に関して、サービス契約のもと IBM サービス・ラインにお問い合わせください。
IBM サービス・ライン

Document information

More support for: DB2 for Linux, UNIX and Windows
OTHER - Uncategorised

Software version: 9.5, 9.7, 10.1

Operating system(s): AIX, HP-UX, Linux, Solaris, Windows

Reference #: 1600652

Modified date: 05 July 2012


Translate this page: