IBM Support

問題判別ガイド: NSD の取得方法 (Lotus Domino サーバー)

技術情報(FAQs)


質問

この文書では Lotus Domino サーバーでの NSD の取得方法について記述します。サポートへのお問い合わせ前にこの情報を収集していただくことで、問題の理解を深めることができ、データ解析時間の節約にもなります。

回答

NSD

NSD とは、Lotus Domino と共にインストールされる障害解析用のツールです。


NSD ログファイル

NSD が出力したファイル (NSD ログ) は、Lotus Domino サーバーの障害を解析する際の資料として、最も基本的でかつ重要なものです。
NSD ログが、障害の解析に必要な全ての情報を含むわけではありませんが、NSD ログが取得できない場合、障害の解析が非常に困難になります。

NSD ログの中でも、特にスタックトレースの情報は、Lotus Domino サーバーの動作を読み取る上で重要です。
  • ヘッダ情報: Lotus Domino のバージョン、デバッガのバージョン、ファイルディレクトリ
  • スタックトレース情報: クラッシュの原因となったプロセス ID、スレッド、カーネル ID
  • process tree: Domino プロセスは親子関係でプロセスが発生します。プロセスの派生(起動方法)に問題がないか確認します。
  • notes.ini: Notes.ini の設定値
  • システムインフォメーション: Lotus Domino が使用する環境変数の設定値
  • 環境変数: OS の設定、システムリソースの設定、ユーザー 1 人当たりの Max プロセス数、パッチ情報
  • 仮想メモリとネットワーク状態: Lotus Domino 以外のシステム全体のプロセスを確認します。DATA 配下のファイル情報でファイル名、パーミッションを確認します。

NSD の使用方法

NSD ログの取得方法には、あらかじめ設定を行っておき、サーバーのクラッシュ時に自動で実行する方法と、サーバーのハングアップ時などに手動で実行する方法の 2 つがあります。


障害時の NSD 自動実行方法

サーバー文書の [基本情報] タブにある「自動サーバー回復」セクションの「診断情報を収集するために NSD を実行」が「有効」に設定されている場合、サーバークラッシュ時に自動で NSD が実行され、サーバーコンソール上にログが記録されます(※ Lotus Domino 6.0.3 以降のリリースでは、デフォルトで「有効」です。この設定が有効でない場合、NSD は自動実行されません)。

サーバーハングアップの場合 NSD は自動実行されません。手動で実行する必要があります。


NSD の手動実行方法

・Windows プラットフォーム

以下の文書をご参照ください。
「Windows 上の Lotus Notes/Domino で NSD を手動実行する方法」(Technote #1464633)

・IBM i プラットフォーム

以下の文書をご参照ください。
「Lotus Domino for i5/OS:サーバー動作中に NSD ログを取得する方法」(Technote #1463159)

・UNIX/Linux プラットフォーム

以下の手順で NSD を手動実行することができます。

1. Lotus Domino サーバーを起動するユーザーでログインまたはユーザー切り替えをします。
    > su - <notes_user>

2. Lotus Domino サーバーのデータディレクトリに移動します。
    > cd <data_directory>

3. nsd を実行します。
    > /opt/ibm/lotus/bin/nsd

nsd -kill でサーバーを強制終了する方法

Windows / UNIX / Linux プラットフォームでは、nsd に -kill オプションを付けて実行すると、Lotus Domino サーバーを強制終了することができます。

例)
>nsd -kill


NSD ログファイルの作成場所

NSD ログファイルは、Data ディレクトリ配下の IBM_TECHNICAL_SUPPORT フォルダ直下に、以下の形式で作成されます。これには、日付と時刻の情報が含まれています。NSD ログが複数存在する場合は、日時を確認してください。

nsd_ <platform>_<host name>_<month>_<day>@<hour>_<minutes>.log

以下のファイルの場合、2012年3月28日19時10分27秒に NSD が実行されたことが分かります。
例) nsd_AIX_Domino01_2012_03_28@19_10_27.log


関連情報

「Lotus Notes/Domino 問題判別ガイド」(Technote #1585952)

Document information

More support for: IBM Domino
Crash

Software version: 8.0, 8.5, 9.0

Operating system(s): AIX, IBM i, Linux, Solaris, Windows

Reference #: 1588715

Modified date: 05 April 2012