IBM Support

[DB2 LUW] DB2 9 以降はフィックスパックから製品インストールが可能

技術情報(FAQs)


質問

DB2 製品をインストールし、フィックスパックを適用したいです。あらかじめ GA レベル (FP0) の製品をインストールした上でフィックスパックを適用する必要がありますか。

回答

製品固有のフィックスパックを使用すると、新規パスへのインストールが可能です。この場合、GA レベル (FP0) の製品をあらかじめインストールする必要はありません
V9.1 以降では、UNIX および Linux でのフィックスパックのインストールの際に、Universal フィックスパック (全製品) と製品固有のフィックスパックの 2 つから選択できます。製品固有のフィックスパックを使用すると、単一製品のアップグレードまたは新規パスへのインストールが可能です。

Server フィックスパックに含まれる db2setup (Linux/UNIX) または setup (Windows) を実行すると、すべての DB2 エディションの一覧から、インストールしたい製品を選択してインストールを開始できます。
注: 一覧は長いので、選択したい製品を表示するには、セットアップ画面をスクロールしなければならない可能性があります。なお、V10.5 の Workgroup Server Edition 以上のサーバー・エディションは同一のインストール・イメージを使用します。

フィックスパックは、DB2 for Linux, UNIX and Windows 製品サポートの Web サイトからダウンロードできます。
DB2 Fix Packs by version for DB2 for Linux, UNIX and Windows

運用上の注意点
フィックスパックで新規インストールを行った場合、指定した製品の試行ライセンスが登録されます。
試行ライセンスは 90 日で失効するため、購入したライセンスを登録してください。ライセンスが失効すると、DB2 が起動しなくなります。
[DB2 LUW] DB2 V9 以降のライセンス登録 (IM-10-00B)

また、フィックスパックで新規インストールを行うと、Connect Server の試行ライセンスも登録されるため、不要な場合は失効前に削除してください。
失効後は試行ライセンスを削除できず、DB2 起動時にライセンス警告が表示されるようになります。
[DB2 LUW] Connect トライアル (試行)・ライセンスの削除方法 (IM-10-00Y)

関連情報


お問合せ先
技術的な内容に関して、サービス契約のもと IBM サービス・ラインにお問い合わせください。
IBM サービス・ライン

Document information

More support for: DB2 for Linux, UNIX and Windows
OTHER - Uncategorised

Software version: 9.5, 9.7, 10.1, 10.5

Operating system(s): AIX, HP-UX, Linux, Solaris, Windows

Reference #: 1572114

Modified date: 13 June 2016


Translate this page: