(参考)Lotus Notes クライアントを再セットアップする方法

技術情報(FAQs)


質問

あるユーザーが Lotus Notes クライアントを使用すると問題が発生します。この問題はそのユーザーのコンピュータに特有のものだと思われます。その他のユーザーはこの問題を経験していません。

こういったケースでの Lotus Notes クライアントに関する問題のトラブルシューティング手法の一つとして、セットアッププログラムを再実行して、以下の主要設定ファイルの中で問題の原因になっているものを特定するという方法があります。

・ Names.nsf
・ Desktop6.ndk / Desktop8.ndk (*)
・ Bookmark.nsf
・ Cache.ndk

この場合、どのようにセットアップを再実行すればよいでしょうか。

(*) Lotus Notes 8.5 より、デスクトップファイルは Desktop6.ndk ではなく Desktop8.ndk になりました。


回答

以下の手順に従って主要設定ファイルを再作成します。そしてセットアップを再実行した後に、元のファイルを一つずつ環境内に戻して問題の原因を特定します。

手順 :
1. 以下のファイルを \data ディレクトリからバックアップディレクトリに移動します。
・ Names.nsf
・ Desktop6.ndk / Desktop8.ndk
・ Bookmark.nsf
・ Cache.ndk

注 : これらのファイルは単にコピーするのではなく移動する必要があります。 \data ディレクトリにこれらのファイルが残っていると、セットアップを再実行したときにファイルが再作成されません。

2. 元の Notes.ini を Notes プログラムディレクトリからバックアップディレクトリにコピーします。

3. Notes プログラムディレクトリ内の Notes.ini をメモ帳などのエディタで開き、最初の 3 行だけを残して以降の行をすべて削除します。その後ファイルを保存します。編集後の Notes.ini は以下のようになります。

[Notes]
KitType=1
Directory=C:\program files\notes\data

4. Lotus Notes クライアントを起動し、セットアッププログラムを再実行します。上記の各ファイルが再作成され、 Notes.ini ファイルのパラメータが再設定されます。

5. 元のファイルを一つずつ元の場所に戻していきます。

ファイルを一つずつ戻していきながら、その都度問題が発生するかどうかをテストすることによって、いずれかのファイルの破損や不整合が問題の原因になっていないかどうかを確認できます。

注 : Names.nsf が問題の原因であると考えられる場合は、元の文書を取っておくために、必要に応じて問題の発生している Names.nsf から、新しい Names.nsf に文書をコピーすることができます。


関連文書

原文:
(英文)「How to rerun setup on a Notes client」(Technote #1245069)

「(参考) NICE (Notes Install Cleanup Executable) ツールの使用について」(Technote #1577746)

この文書は、米国 IBM 社の資料を翻訳した参考文書です。日本語環境での検証は行っておりませんのでご注意ください。翻訳元の文書は、関連情報のリンクよりご参照ください。

Historical Number

732141

このページの評価

(0 ユーザー)平均評価

ドキュメント情報


More support for:

IBM Notes
Install/Setup

ソフトウェア・バージョン:

6.0, 6.5, 7.0, 8.0, 8.5, 9.0

オペレーティング・システム:

Windows

リファレンス #:

1467413

更新日:

2014-01-23

Translate my page

Machine Translation

コンテンツ・ナビゲーション