IBM Support

DB2 for LUW V10.5 FP1 公開のお知らせ(DM-13-024)

予防サービス計画


概要

DB2 for LUW V10.5 FP1が公開されました。このフィックスパックには、いくつかの機能拡張に加え、複数の重要障害(Hiper APAR)に関する修正が含まれています。システムの安定稼動、トラブルの未然防止のために、ぜひフィックスパックの適用をご検討ください。

本文

特に、DB2 BLU アクセラレーション機能を使用する場合は、このフィックスパックにより、DELETE, UPDATEなど一部の処理のパフォーマンス向上が図られていますのでかならず、FP1を適用するようにしてください。
フィックスパックのダウンロードについては、以下のページを参照してください。
DB2 Version 10.5 Fix Pack 1 for Linux, UNIX, and Windows

【詳細】
機能拡張については、以下のInfoCenterページを参照してください。
DB2 バージョン 10.5 for Linux, UNIX, and Windows フィックスパックのサマリー

重要障害の修正については、以下のTechnoteを参照してください。
Security Vulnerabilities, HIPER and Special Attention APARs fixed in DB2 for Linux, UNIX, and Windows Version 10.5

FP2に含まれる重要障害および特に注意すべき障害の修正には以下のものがあります。

DB2 Version 10.5 Fix Pack 1
HIPER APARs
SECURITY: UNAUTHORIZED ACCESS TO TABLE VULNERABILITY IN DB2 (CVE-2013-4033)
Special Attention APARs
MISMATCH MIGHT OCCUR IN AN MDC TABLE AFTER A DEFERRED ROLLOUT
EXCESSIVELY LARGE MEMORY ALLOCATION ATTEMPTS FROM FAST INTEGER SORT DUE TO WRONG MEMORY SIZE CALCULATION
RANGE PARTITIONED TABLES DEFINED WITH A NULLS FIRST PARTITIONING COLUMN MIGHT RETURN INCORRECT RESULTS
BITWISE SCALAR FUNCTIONS MIGHT RETURN INCORRECT RESULTS WHEN USED WITH DECFLOAT DATATYPE ON AIX POWER7
LOAD INTO COLUMN-ORGANIZED TABLE MAY CORRUPT DATA RESULTING IN INCORRECT RESULTS
ERRORS AFTER RESTORING AN ONLINE BACKUP TAKEN WHILE LOADING INTO A COLUMN-ORGANIZED TABLE

重要障害以外のAPARで、FP1に含まれるものは、以下でご確認ください。
Fix List for DB2 Version 10.5 for Linux, UNIX and Windows

FPに含まれる個々のAPARに関するお問い合わせは、PAテクニカル・サポートをご利用くださいますようお願いします。

【お問合せ先】
技術的な内容に関しては、サービス契約のもとIBMサービス・ラインにお問い合わせください。


以上

Historical Number

C9C19F0A7AC30F0E49257BE80015C51D

別名・略称

対象システム:DB2 for Linux
Unix and Windows

Document information

More support for: DB2 for Linux, UNIX and Windows

Software version: 10.1

Operating system(s): AIX, HP-UX, Linux, Solaris, Windows

Reference #: J1011072

Modified date: 24 September 2013