IBM Support

「NSD」と「NSD -info」の実行の違いについて

技術情報(FAQs)


質問

「NSD」と「NSD -info」の実行の違いは何でしょうか。

回答

収集される情報が違います。
NSD -info
Lotus Domino サーバーで「NSD -info」を実行すると、次の情報が表示されます。

  • システム情報
  • notes.ini
  • 環境変数
  • データディレクトリとプログラムディレクトリの内容
  • ディスクドライブ
  • システムメモリ統計

要点: システム情報だけを収集する場合は「NSD -info」を実行します。

NSD
「NSD」を実行すると、次の情報が取得されます。
  • 「nsd -info」で入手できるすべてのシステム情報
  • 上記に加え、実行されている現在のプロセス情報

要点: パフォーマンスの問題があり、システム情報と現在実行中のプロセス情報の両方を入手する必要がある場合は、「NSD」を実行します。


その他の違い
NSD は実行中のプロセスを入手するために、すべての Lotus Notes/Domino プロセスのプロセス ID テーブルである PID.NBF ファイルを使用 (「タッチ」) します。「NSD -info」は pid.nbf ファイルをタッチしません。
pid.nbf ファイルの詳細については、以下の文書を参照してください。
「(参考) PID.NBF ファイルについて」(Technote #1578532)


Windows NSD のトラブルシューティング
NSD が「.log」ファイルの生成に成功しないときは、「NSD -info」を実行するとよいでしょう。「NSD -info」の実行では、「pid.nbf」ファイルへのタッチを避けられます。「NSD -info」の実行が完了する場合は、nsd の実行可能ファイルを実行できることを意味します。「NSD」の実行が完了しない場合は、PID.NBF ファイルに問題がある可能性が考えられます。以下の文書を参照してください。
「(参考) PID.NBF ファイルについて」(Technote #1578532)

Document information

More support for: IBM Domino
NSD

Software version: 6.5, 7.0, 8.0, 8.5, 9.0

Operating system(s): Windows

Software edition: All Editions

Reference #: 1578535

Modified date: 06 February 2012


Translate this page: