柔軟かつ効率的な働き方へと改革を進めることが急務となっています。その中で、テレワークは働き方の柔軟性を高め、ワーク/ライフ・バランスの改善や女性活躍推進に非常に有効な手段として取り入れる企業が増えています。また、 IBM Watsonに代表される人工知能の目覚ましい進化により、AIを業務に活用することで生産性を大幅に向上させることが現実のものとなるなど、テクノロジーによる働き方改革は既に始まっています。

当イベントでは、一人ひとりの従業員がその能力を十分に発揮し、組織の力を最大限に高められる働き方への変革をご支援するため、Watsonをはじめとする最先端のテクノロジーを活用したデジタル・ワークプレースや人事ソリューション、日本IBMの20年にわたる働き方改革の実践経験をご紹介します。

開催概要

日時


場所

御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター(アクセス
東京都千代田区神田駿河台4-6


主催

日本アイ・ビー・エム株式会社


参加費

無料/事前登録制


お申し込み


お問い合わせ

IBMアクセスセンター TEL:0120-550-2100120-550-210

◆受付時間:9時~17時(土曜日、日曜日、祝日を除く)
お問合わせの際は「働き方改革コンファレンス」の件とお申し付けください。

お申し込みページへアクセスできないお客様へ

お電話でお申し込み

※お問合わせの際は「働き方改革コンファレンス」の件とお申し付けください。


e-メールでお申し込み

メールに以下の情報を記入の上、上記のe-メール・アドレスに送信ください。IBMアクセスセンターより受信ご確認のご連絡をいたします。

送信タイトル:「9月19日 働き方改革コンファレンス」申し込み
【必須事項】
ご氏名(漢字):
ご氏名(フリガナ):
部署・役職:
ご連絡先e-メール・アドレス:
電話番号:
勤務先会社名または所属団体名:
勤務先郵便番号:
勤務先住所:

セミナー内容は予告なく変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
定員となりました場合はお断りのご連絡をさせていただく場合がございます。ご了承ください。

■お問い合わせ
IBMアクセスセンター
電話番号:0120-550-210 0120-550-210
受付時間:9時~17時 (土曜日、日曜日、祝日を除く)
※お問合わせの際は「働き方改革コンファレンス」の件とお申し付けください。

プログラム

時間

 

 


14時 ~ 14時50分

W-G

基調講演 <満員御礼>

一人ひとりが活躍できる組織の実現に向けて
ライフネット生命保険株式会社 創業者
出口 治明 氏

働き方改革におけるIBMのアプローチ
日本IBM Collaboration&Talent Solutions事業部長
中島 治


15時 ~ 15時45分

WI-1

働く時間と場所に柔軟性を
- メールと会議の変革で個人の生産性を向上

Web会議やメールなど、テレワーク時代におけるコミュニケーション・ツールの活用方法についてご紹介します。
日本IBM 赤松宏佳

HR-1

人事データ分析とHRテクノロジーによる働き方改革
- 日本IBM人事における事例

人事データを分析することで、社員のモチベーションやパフォーマンスを高めるアクションに繋げることができます。日本IBMの人事における取り組みをご紹介します。
日本IBM 竹花寛太


16時 ~ 16時45分

WI-2

働き改革は生産性で考えよう!
- ファイルとナレッジの共有を見直して生産性とチーム力を最大化へ

業務効率を向上させ、付加価値の高い仕事にシフトするための効果的な情報共有・活用についてご説明します。また、IBMのコラボレーション・ツールについてご紹介します。
日本IBM 石原栄治

HR-2

一人ひとりが活躍できる企業文化の醸成へ
- IBMのエンゲージメント向上への取り組み

働く場所と時間の自由が従業員個人に与えられる柔軟な働き方においても、会社への帰属意識を高めるための取り組みが必要です。IBMのエンゲージメント向上への取り組みをご紹介します。
日本IBM 横河素子


17時 ~ 17時45分

WI-3

IBM Watsonによる働き方改革 <満員御礼>
IBM Watsonをコミュニケーション・ツールやコラボレーション・ツールに連携させたソリューションについてデモを交えてご紹介します。Watsonとの連携により、情報や人に迅速にアクセスできるようになります。
日本IBM 行木陽子

HR-3

日本IBMにおける働き方改革への取り組み
日本IBMは1999年から全社でテレワークを開始しました。20年にわたる日本IBMの働き方改革における取り組みをご紹介します。
日本IBM 三輪哲也


※ 同日同会場にて「Notes/Domino Day」も併催しております。詳しくはこちらをご覧ください。
*印のセッションは、「Notes/Domino Day」のお客様にもご案内しています。