選ばれる理由

圧倒的に
軽い

60MB
メモリー使用量
100MB
ディスク使用量

圧倒的に
早い

5秒
起動時間
1分
Unzipのみ簡単デプロイ

圧倒的に
簡単

1つのみ
構成ファイルはserver.xmlのみ
再起動不要
構成変更は即座に反映

8年連続国内シェア No.1

IBM WebSphere Application Server (WAS) は、信頼できるアプリケーション基盤として数多くのお客様に採用されています。世界でも 19,000社以上に採用されており、1998年の発表以来、世界および日本で支持されてきました。最新 JavaEE 7仕様や様々なオープン技術に対応、お客様ビジネスのデジタル変革を支援します。

選べる2つのランタイム

IBM WebSphere Application Server (WAS) では、目的に応じて2つのランタイムを選択できます。
WAS traditional ランタイムは、世界中のミッション・クリティカル・システムで豊富な実績を誇るアプリケーション・サーバーです。充実した運用管理機能、ミッション・クリティカル・システムに求められる問題判別機能、高度なクラスタリング機能を提供します。旧バージョンのWASと高い互換性があります。
Libertyランタイムは、クラウド時代の次世代アプリケーション・ランタイムとして新たに設計され、クラウドはもちろん、新規のミッション・クリティカルなシステムでも活用されています。モバイルやクラウドのスピーディなシステム開発に対応するLibertyランタイムは、洗練されたシンプルな運用管理モデルを提供します。継続デリバリーモデルで提供されるLibertyランタイムは、時代に即した最新機能をタイムリーに提供する進化し続けるアプリケーション・サーバーです。

柔軟なライセンス体系

利用できるエディションを切替えられるWebSphereファミリー・エディションをはじめ、クラウド環境に適用しやすい仮想コア・ベースの月額課金モデルなど、柔軟なライセンス体系をご用意しています。(お問い合わせはこちら)

IBMミドルウェアが複数カテゴリーで国内シェア No.1 を獲得!

WebSphere Application Server 8年連続国内シェア No.1

2016年9月に IDC Japan 株式会社が発表した 「国内アプリケーションデプロイメント/構造化データ管理ソフトウェア市場シェア、2015年:激化するパブリッククラウドの覇権争い」 の調査において、IBMミドルウェア製品が、以下のカテゴリーで国内シェア 1位を獲得いたしました。


デプロイメントセントリック
アプリケーションプラットフォーム市場

イベント駆動型ミドルウエア市場

国内インテグレーションミドルウェア市場

IBM 26%、A社 21%、B社 16%、C社 15%、D社 9%、E社 7%、その他 6%
IBM 70%、A社 13%、B社 3%、C社 2%、D社 2%、E社 1%、F社 1%、その他 8%
IBM 19%、A社 11%、B社 11%、C社 10%、D社 9%、E社 6%、F社 6%、その他 28%

*出典:IDC Japan JPJ40590016
「国内アプリケーションデプロイメント/構造化データ管理ソフトウェア市場シェア、2015年:激化するパブリッククラウドの覇権争い」

他社製品お使いの方

現在ご使用中のJava アプリケーション・サーバーからWebSphere Application Serverへの移行をご検討されているお客様向けに、以下の3つのキャンペーンをご用意しております。ご興味ただけましたら、WASへの移行のご相談や資料 請求について、専門家がお客様のご相談に乗ります。ぜひお気軽にお問い合わせください。

1. ライセンス費用が半額

他社のアプリケーション・サーバー (*) から WAS へ移行される場合、ライセンス費用が半額になります。WAS の全てのエディションが対象になります。

*) 半額を適用可能なアプリケーション・サーバーについては別途ご相談ください。

2. 移行ツールを無償で提供

Apache Tomcat Server、JBoss Application Server、Oracle Application Server、Oracle WebLogic Server から、WAS V7、V8、V8.5 に移行するお客様を支援する無料のツールです。Web からダウンロード可能ですので、お気軽にご利用ください。

3. 無償移行アセスメント

他社のアプリケーション・サーバーから WAS への移行するためのアセスメントを無償で実施します。(5人日程度)

お問い合わせはこちら