IBM PureSystems Centre

Extending the value of IBM PureSystems

仮想環境監視ソリューション「MoonWalker」

(株)アイ・ユー・ケイ
System:
IBM PureFlex System
Provided by:(株)アイ・ユー・ケイ
Request Information

仮想環境監視ソリューション「MoonWalker」は、仮想環境をビジュアルに監視・管理でき、従来よりも簡単・低コストでの運用監視を実現するツールです。 また、管理対象(サーバとネットワーク等)は、お客様の要望に合わせて選択可能です。
  • - Business Value

    Pattern Overview


    1.仮想システムの構成情報を「見える化」し、障害監視と一元的に管理可能です。

    • 仮想システム(物理システム)で展開されている業務サービスやアプリケーションの情報とプラットホームの要素との紐付け(関係性情報)を設定します。
    • 障害発生ノードから障害箇所を特定すると同時に業務サービスから障害箇所を特定する事が可能になります。複雑な仮想・システムをお客様の立場や環境に合わせて「見せる化」を実現しています。

    2.仮想サーバとネットワークの一元管理が可能です。(VLAN管理機能)

    • VLAN管理(オプション機能)を利用すると「MoonWalker監視画面」上でVLANの管理・監視を行えます。
    • 監視画面上のリンク情報・パスをクリックすると「リンク詳細情報」画面が表示されるので、障害が発生時の障害内容を確認する際に便利な機能です。
    • 「リンク詳細情報」画面上の「詳細」ボタンを選択するとリンクの詳細も表示できます。

    3.仮想化環境の利用効率向上を支援します。

    • 物理ホストのリソース監視に加え仮想ホストの稼働状況を取得し、リソースの過不足がないかを常時確認する事が可能です。

    4.ライブマイグレーション自動追随機能

    • 仮想ホスト/物理ホストの関連性(構成の見える化)と障害監視を行ないます。
      ホスト導入時やライブマイグレーション後の構成情報を自動取得・更新し表示します。
      また、ライブマイグレーション発生を警報通知します。

    5.集約サーバ機能(MOM:Manager of Manager)

    • 「MoonWalker」サーバの監視対象台数が500台を超える場合やマルチテナント型で複数のお客様のシステムの運用・管理をする場合等に集約サーバ機能を利用する事 が有効です。
    • サーバやネットワーク機器の台数が多い場合だけでなく、例えばデータセンタ―にて複数ユーザーの運用を実施するシステム管理者や各拠点毎に分散したシステムを 集中監視するシステム管理者へ大幅な利便性向上や負担軽減を実現します。

  • -Technical Details

    「MoonWalker」の主な機能

    [構成管理]

    • 物理・仮想サーバ/ストレージ~サービスまでの構成表示
    • 直感的で分かりやすいGUI
    • ウィザード画面を利用し構成情報の自動取得
    • VLAN設定(VLAN Perfect オプション)

    [障害監視]

    • 監視対象サーバへ独自Agentのインストール不要
    • イベントの相関機能にて迅速に原因分析と影響範囲を把握
    • 監視項目の追加機能(IP通信可能なデバイスから様々な情報を取得)
    • VLANの監視機能(オプション)

    [統計管理]

    • リソース監視の閾値管理やグラフ化機能

    [その他]   

    • 障害警報のメール通知とインシデント管理
    • メンテナンス中のアラーム抑止機能(イベントマスク機能)

  • - More Information

    Provider Information


    Name: 営業本部 首都圏営業部

    Email: purepj@iukinc.co.jp

    Phone: 03-5348-7170

PureSystems patterns are part of a broad portfolio of PureSystems solutions for business, cloud, and infrastructure applications.

See more solutions

Related tagged content

Industry

Geography

You must  login with your IBM ID to be able to bookmark. Select "Login" to bookmark or "Close" to return.