IBM PureSystems Centre

Extending the value of IBM PureSystems

intra-mart Accel Platform

株式会社NTTデータイントラマート
System:
IBM PureApplication System
IBM PureFlex System
Provided by:株式会社NTTデータイントラマート
Request Information

Version:
intra-mart Accel Platformは、開発生産性の高いJavaEEフレームワーク (Seasar2 (SAStruts+S2JDBC)) をベースに、ワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなどの豊富な業務コンポーネントを組み合わせながら、短期かつ低コストで複雑なWebアプリケーションを簡単に構築できるシステム基盤(ミドルウェア製品)です。 JavaEEベースでの開発と併用して、サーバで動作する軽量プログラミング言語 (JavaScript) を利用したスクリプト開発モデルも利用できるため、Webシステム開発の敷居を大きく下げ生産性を向上させることが可能です。
  • - Business Value

    Pattern Overview


    KeyPoint1:全従業員が日常業務で使いこなせる 革新的なソーシャルの流れはビジネス分野でも無視できない状況です。intra-martはいち早く、このソーシャル技術をシステム基盤に組み込み、お客様や従業員、システム等のあらゆる情報ソースのメッセージを統合し、リアルタイムな情報を受け取り、判断し処理するという流れを実現します。新バージョン「intra-mart Accel Platform」で強化されたコラボレーション機能「IMBox」は、リアルタイムで必要な情報を取り出せる全体最適のWebフロント、つまり企業内で発生するコミュニケーションメッセージの集積場所です。 ユーザをフォローしてコミュニティを広げたり、グループを作成してメンバー間でメッセージやファイルを共有したり、様々なコミュニケーションの場として活用できます。 また、スマートフォン・タブレット対応もしており、ワークフローやグループウェアだけでなく、ユーザ様個別の業務システムでスマートフォンを利用したい場合もすぐに開発・活用が可能です。スマートフォンの機種依存を抑える仕組みも持っているため、幅広い機種対応やテスト費用の削減に寄与します。

    KeyPoint2:業務改善・効率化につながる基盤 簡易画面作成ツールIM-FormaDesignerと、Accel Platformに標準搭載のワークフローモジュールIM-Workflowを統合したBPM 製品「IM-BIS(Business Integration Suite)」がintra-mart Accel Platformから登場します。 従来のITによる部分的な効率化の限界を超えて、人とシステムを含めたビジネスプロセス全体の業務効率化を推進します。

    KeyPoint3:柔軟なカスタマイズと拡張が可能な基盤 システム基盤というのは、一度構築すると完成するというものではありません。 モバイルやクラウドなど常にでてくる新しい技術要素を積極的に取り込んでいきながらブラッシュアップしていくことで、自社にとって最適な基盤へと発展していくべきだと考えます。これまではシステム基盤として複数のバージョンが乱立し、バージョンアップごとに動作検証が必要でしたが、今後は必要とする機能をモジュール単位で基盤に組み込むことが可能なため、アプリケーションもそのまま動作しコストの負担もありません。よって、お客様独自のシステム基盤を確立し長期に継続してお使いいただけます。 intra-mart Accel Platformには、インメモリーコンピューティング技術をベースとしたキャッシュ機能が標準で組み込まれています。これにより、アプリケーションのパフォーマンスを飛躍的に向上させることが可能です。

    KeyPoint4:全体共通基盤による高いコストパフォーマンス 複数会社を束ねる対応(マルチテナント対応)もintra-mart は標準装備しております。これまでは各テナントでアプリケーションを共通利用して、データベースのみ個々で管理する方式をとっておりますが、intra-mart Accel Platformではテナントの中で複数会社に対応させることも可能になるため、複数のグループ会社をまたがったワークフローを導入するなど、高い業務効率化が実現できます。さらには、グローバル(タイムゾーン・多言語)対応によって、海外まで含めたグループ会社全体の強みを出すことができます。

    Business Case

    Business Problem

  • -Technical Details

    システム基盤intra-martは、これまで2500社超のお客様にご利用いただいております。

    1. 個別最適のIT環境から統一されたシステム基盤へ intra-martの同一基盤上のアプリケーションをセットで導入することでITコストが削減できます。
    2. 企業競争力を強化するワークフロー ワークフローNo.1のシステム基盤intra-mart。全社、全グループで共通ワークフローとして活用できます。
    3. グループ経営を支えるシステム基盤 intra-martはグループ会社でのシステム共同利用型サービス(シェアードサービス)として利用できます。
    4. intra-martのクラウド クラウド対応のintra-martで実現するSaaSアプリ、SaaS/PaaS基盤のサービスをご活用いただけます。
    5. 社内外の情報共有の仕組みが変わる intra-martは社内だけでなく、取引先、仕入先、グループ会社等、企業間の情報共有の仕組みを変えます。
    6. ERPの価値を活かすフロント基盤 intra-martでERPのアドオンを構築することによりERPのフロント業務の可能性を大きく広げます。
    7. モバイルで業務をスピーディに スマホでワークフローの閲覧や承認、スケジュール確認など、モバイル対応アプリ、開発手法をご活用いただけます。
    8. 業務アプリを短納期・低コストで開発する intra-martの業務部品群やツールの利用で短期かつ高品質にシステム構築できます。

  • - More Information

    Provider Information


    Name: 和田文雄

    Email: wada.fumio@intra-mart.jp

    Phone: 03-5549-2821

PureSystems patterns are part of a broad portfolio of PureSystems solutions for business, cloud, and infrastructure applications.

See more solutions

Related tagged content

Industry

Geography

You must  login with your IBM ID to be able to bookmark. Select "Login" to bookmark or "Close" to return.