1. 発表のタイプ:サービスの発表
  2. カテゴリー:その他
  3. レター番号:ITS12017-0
  4. 発表日:20120411
  5. 更新日:20120411
  6. OfferID:6950-95W
  7. 1章コメント履歴:

「IBM SmarterCloud Enterpriseサービス (Smart Business Cloud - Enterpriseからのサービス名称変更の発表)


[1]発表の概要



[1-1]製品の概要

本日付けで、「IBM Smart Business Cloud – Enterprise(発表レター番号:ITS11073)」のサービス名称の変更を発表します。
新しいサービス名称は、「IBM SmarterCloud Enterprise」(以下「本サービス」といいます。)となります。

本サービスの詳細については、次のWebサイトをご確認ください。

http://www.ibm.com/sce/


[1-2]ハイライト

日本アイ・ビー・エムでは、IBMクラウド関連製品・サービスのカテゴリー名称として新たに「IBM SmarterCloud」を採用します。
これに伴い、IBMのパブリック・クラウド・サービス「IBM Smart Business Cloud - Enterprise」サービスの名称を、「IBM SmarterCloud Enterprise」に変更いたします。

本サービスは、仮想CPU、仮想メモリー、仮想ディスク、ソフトウェアなど必要なIT資源をセルフ・サービス・ポータルから選択するだけの簡単な操作により、10分程度の時間で仮想サーバーを立ち上げ、お客様に提供するパブリック・クラウド・サービスです。
本サービスは従量制料金方式を採用しており、毎月の利用実績に応じて利用料金が確定いたします。
必要なときに、必要なだけ、仮想サーバーを稼動させることが可能です。

本サービス名称変更に伴い、以下の発表レターでアナウンス済みの関連サービス名称も「IBM SmarterCloud Enterprise クイック・スタート・サービス」に変更されます。
 「IBM Smart Business Cloud - Enterprise クイック・スタート・サービス」の発表 (発表レター番号:ITS11061
 

●参照アナウンスメント・レター

    ・ITS10084 「IBM Smart Business 開発&テスト・クラウド・サービス」の発表
    ・ITS11016 「IBM Smart Business 開発&テスト・クラウド・サービス」ビジネス・パートナー様向け販売開始の発表
    ・ITS11026 「IBM Smart Business Cloud - Enterprise 日本語対応バージョン(V1.4)の発表およびサービス名称変更のお知らせ」
    ・「IBM Smart Business Cloud - Enterprise」ビジネス・パートナー様向け「受託サービスに関する特則」に基づく取扱い開始の発表
    ・ITS11061 「IBM Smart Business Cloud - Enterprise クイック・スタート・サービス」の発表


[1-3]お勧めしたいお客様


・ ITインフラ環境の構築、維持にかかる資産コストおよび運用コストを削減したいお客様
・ ITインフラ環境を迅速に準備したいお客様
・ ITインフラ環境にかかるコストを使用量による支払いとしたいお客様


[1-4]販売窓口

IBM直販およびIBMビジネスパートナー経由での販売


[1-5]サービスの開始日

名称変更日:2012/04/11


[1-6]商標および免責事項

・ IBM、Rational、WebSphere、DB2は、International Business Machines Corporationの米国およびその他の国における商標です。
・ 他の会社名、製品名およびサービス名などはそれぞれ各社の商標または登録商標です。

本発表の内容は発表時点の情報に基づいて作成されていますが、予告なく変更されることがあります。


ThinkPad ( ノートブック製品 ) 、ThinkCentre ( デスクトップ製品 ) およびその他のPC製品はLenovo社の製品です。このページはIBMおよびLenovo社のThinkPad ThinkCentreの両サイトへのリンクを含んでいます。詳細はこちら

Contact IBM

Feedback