1. 発表のタイプ:H/W新製品の発表
  2. カテゴリー:モ-ビルPC
  3. レター番号:MBL00215-4
  4. 発表日:20001012
  5. 更新日:20010315
  6. OfferID:260971J; 260972J; 260981J; 260982J
  7. 1章コメント履歴:

ThinkPad 240Z(2609-71J/72J/81J/82J)の発表


[1]発表の概要



[1-1]製品の概要


本日付けで、新ThinkPad 240Zを発表致します。このモデルはThinkPad 535/235に代表されるThinkPadのウルトラ・ポータブルPCシリーズの中でも持ち運びに優れた機種の後継商品として位置し、拡張性を損なうこと無しに小型・軽量化を実現したモデルです。CPUには低電圧版モバイル Intel Celeron(R) 500MHzプロセッサおよび最新のIntel SpeedStep(TM)Technology対応低電圧版モバイル Pentium(R)III600MHz プロセッサを搭載し、あらゆる業務に対応できるパフォーマンスになりました。ビデオチップは240Xで採用したSMI LynxEM+(VRAM2MB)に加えSMI LynxEM4+(VRAM4MB)の採用によりXGAモデルを新たにラインアップに加えることになりました。前機種に比較してさらに情報処理機能とコストパフォーマンスに優れたモデルになっております。またハード・ディスクは大容量10GBおよび20GBを搭載し、モービル環境での大容量データ、アプリケーションの取り扱いに威力を発揮します。メインメモリーは64MB SDRAM(最大192MBまで拡張可能)または128MB(最大256MBまで拡張可能)を標準装備し快適な動作環境を提供します。ThinkPadとして妥協を許さない拡張性はそのまま継承しておりCardBusに対応したPCカードスロットや、USBポート、IrDA準拠の赤外線通信ポートに加え、ThinkPad570同様miniPCI(TypeIIIb)テクノロジーの高速56Kモデム(V.90対応)を内蔵するなど多彩な周辺機器の接続が可能です。

                     


[1-2]ハイライト

ThinkPad 240Zは次のような特徴があります。

  • 低電圧版モバイル Intel Celeron(R) 500MHzプロセッサ(71J/72J)およびIntel SpeedStep(TM)Technology対応低電圧版モバイル Pentium(R)III600MHz プロセッサ(81J/82J)を採用
  • 18mmのキーピッチ、2.5mmのストロークによるクラスを超えた快適なキーボード入力環境を提供
  • 10.4インチTFTによる800×600ドットSVGA、1677万色表示のカラー液晶パネル(71J/72J)または1024X768ドットXGA、1677万色表示のカラー液晶パネル(81J/82J)を搭載
  • ビデオチップには新たに”SMI Lynx EM+を採用し2MBのビデオ・メモリーまたは”SMI Lynx EM4+を採用し4MBのビデオ・メモリーを装備しており、外部ディスプレイによる1280X1024ドットでも65,536色表示が可能。
  • メモリーは64MB(71J/81J)または128MB(72J/82J)を標準実装、最大で合計192MB(71J/81J)または256MB(72J/82J)まで拡張可能  
  ThinkPad用64ビット、144ピンの32MB、または64MB、128MBのSDRAM 3.3V ノン・パリティー・メモリーが使用可能

  • ハードディスクは大容量10GB(71J/72J)または20GB(81J/82J)
  • B5サイズ (260(W)x202(D)x26.6-29.6(H)mm)(71J/72J)、(260(W)x202(D)x26.6-43.5(H)mm)(81J/82J)
  • 軽量 1.35Kg(標準バッテリー・パックを含む)(71J/72J)、1.43Kg(標準大容量バッテリー・パックを含む)(81J/82J)
  • 標準Li-Ionバッテリー・パックで2時間使用可能(71J/72J)。また81J/82Jでは標準で大容量バッテリーを搭載し、4時間使用可能です。
  • Sound Blaster Pro互換機能を備えた高品位なオーディオ機能を内蔵(16ビット・ステレオ)
  • マイクロフォン/スピーカー(モノラル)搭載
  • IrDA V1.1準拠、最大4Mbpsの赤外線通信ポート
  • 様々な周辺機器の登場が期待されるUSBポートをはじめ、本体だけですべての周辺機器用ポートを提供  
  • プレス・セレクト機能付TrackPoint標準装備
  • 外付け1.44MB 3モードFDD標準付属
  • CardBus対応PCカード・スロット(TypeⅠ/Ⅱ×1)を搭載
  • miniPCIテクノロジーの高速56Kモデム(V.90対応)および10/100Base Ethernetコンボカードを内蔵
モデムの使用の確認できている国は以下のとおりです。
アメリカ、カナダ、日本、オーストラリア、ニュージーランド、台湾、韓国、オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、ノルウエー、スイス、イギリス、ルクセンブルグ、アイルランド、アイスランド、シンガポール、中国(香港を含む)、ブラジル、メキシコ、アルゼンチン
の26カ国になります。
  • ハードウェア国際保証対応はありません。従来のThinkPad240シリーズとは異なりますのでご注意ください。

<暗号製品対象製品>
当製品に導入済みのInternet Explorer(V5)は暗号製品として輸出管理されています。このため、輸出にあたっては通産省の輸出許可が必要です。ただし、個人使用のため、携帯し、持ち帰るなどの場合は特段の事前許可を必要としません。


[1-3]お勧めしたいお客様

常に携帯して業務使用に耐えうるスペックを要求するビジネス・ユーザー


[1-4]販売窓口と発注情報


*販売窓口
・IBMビジネスパートナー
・IBM営業担当員
・IBM通信販売窓口(IBM PC Direct)


*発注情報
製品名
MachineType-Model
出荷開始予定日
ThinkPad 240Z(Windows98モデル)
2609-71J
平成12年10月12日
ThinkPad 240Z(Windows2000モデル)
2609-72J
平成12年10月19日
ThinkPad 240Z(Windows98モデル)
2609-81J
平成12年10月12日
ThinkPad 240Z(Windows2000モデル)
2609-82J
平成12年10月19日

希望小売価格: 260971J ¥199,000
260972J ¥229,000
260981J ¥269,000
260982J ¥299,000


[1-5][2000年対応について]
 当製品は2000年対応です。
西暦2000年対応とは、『ある製品がその製品の説明書にしたがって使用された場合に、20世紀から21世紀にかけての日付データの処理、引き渡し、または受け取り(あるいはそれらすべて) を正しく行うことができること。ただし、その製品とともに使用されるすべての製品(たとえば、ハードウェア、ソフトウェア、およびファームウェア)が正確な日付データをその製品と正しく交換できることが条件。』です。


ThinkPad ( ノートブック製品 ) 、ThinkCentre ( デスクトップ製品 ) およびその他のPC製品はLenovo社の製品です。このページはIBMおよびLenovo社のThinkPad ThinkCentreの両サイトへのリンクを含んでいます。詳細はこちら

Contact IBM

Feedback