開発意向表明: IBM は、お客様によるデータ・セキュリティー・リスクとコンプライアンス要件の管理に役立つ新しい IBM Cloud Data Protection Risk Insights 製品の提供を予定しています

概要概要AP ディストリビューションAP ディストリビューション


概要

Top rule

IBM® は、データの漏えい、損失、および無許可の変更から重要なデータを保護するための新しい IBM Cloud Data Protection Risk Insights 製品を提供する予定です。 IBM Cloud Data Protection Risk Insights 製品は、組織のセキュリティー・チームやコンプライアンス・チームが、機密データが環境の中 (オンプレミスとオンクラウドのどちらでも) でどこに置かれているかを自動的に分析し、データがセキュリティー・リスクにさらされている度合いを判断するのに役立ちます。この製品は、データ・ソースにおけるリスクの影響度順に並べたリストを提供し、リスクを最小化する方法と、データのセキュリティーや保護に影響を与える社内と社外の脅威から機密データを保護する方法についてガイダンスを提供します。

IBM は、組織が EU 一般データ保護規定 (GDPR) などのコンプライアンス要件に関連した機密情報とセキュリティーのリスクを特定するのに役立つように、Cloud Data Protection Risk Insights をクラウド・サービス製品として提供する計画です。

Cloud Data Protection Risk Insights は、以下の機能を提供する予定です。

  • クラウドとオンプレミスのデータ・ソースに安全な方法で接続する
  • データ・ソースにおいて機密のパーソナル・データを検出する
  • 重大な各種脆弱性の影響などのデータ・セキュリティー・リスクを特定する

なお、具体的な製品化の最終決定は、今後の IBM の技術上及び経営上の判断に基づいて行われ、予告なく計画を変更または中止することもあり得ます。今後の製品に関する情報は、IBM の製品の一般的な方向性を示すことを目的としたものであり、発注の意思決定のための判断基準の利用を意図したものではありません。今後の製品に関する情報は、いかなる資料、 コード、または機能性の提供というコミットメント、約束、または法律上の義務について 言及するものでもありません。今後の製品に関する情報は、いかなる契約にも含めることはできません。IBM 製品について記載される今後のいかなるフィーチャーまたは機能の開発、発表、および時期は、IBM の判断で決定されます。



Back to top

AP ディストリビューション

Top rule

Country/Region Announced
AP IOT
ASEAN * Yes
India/South Asia ** Yes
Australia Yes
Hong Kong Yes
Macao SAR of the PRC Yes
Mongolia Yes
New Zealand Yes
People's Republic of China Yes
South Korea Yes
Taiwan Yes
Japan IOT
Japan Yes

*ブルネイ・ダルサラーム、カンボジア、インドネシア、ラオス人民民主共和国、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、東ティモール、およびベトナム

**バングラデシュ、ブータン、インド、モルジブ、ネパール、およびスリランカ

商標

IBM および PartnerWorld は、世界の多くの国で登録された International Business Machines Corporation の商標です。

他の会社名、製品名およびサービス名等はそれぞれ各社の商標です。

ご利用条件

お客様の国で発表されて入手可能な IBM の製品およびサービスは、その時点で有効な適用可能な標準契約書、条項、条件、および料金に基づいて発注できます。 IBM は、この発表をいつでも予告なしに変更または撤回する権利を保有します。この発表はお客様の参照用としてのみ提供されています。追加のご利用条件については、次の Web サイトでご確認ください。

ご利用条件

この製品発表レターは、IBM Corporation が発表した時点での製品発表レターの抄訳です。

IBM 製品に関する最新情報については、 IBM 担当員または販売店にお問い合わせいただくか、 IBM Worldwide Contacts ページをご覧ください。

日本 IBM

Contact IBM

Feedback