ソフトウェアの営業活動終了およびサポート終了: IBM i 7.1 の一部のプログラムおよびサービス - 後継製品あり

概要概要後継プログラムに関する情報後継プログラムに関する情報
営業活動が終了するプログラム営業活動が終了するプログラムAP ディストリビューションAP ディストリビューション

(訂正、2017 年 5 月 10 日)

Toolbox to Developer Kit for Java (5761-JV1 および 5770-JV1) を変更するために『概要』セクションを更新



Top rule
概要
Bottom rule

IBM® は 2018 年 4 月 30 日をもって、 IBM プログラムのご使用条件に基づきライセンス交付を受けた以下のプログラムのサービスを終了します。

プログラム番号 VRM プログラム/フィーチャー名
5770-SS1 7.1.0 IBM i
5733-CY3 7.1.0 Cryptographic Device Manager
5733-OMF 1.2.0 Omnifind Text Search Server for DB2® for i
5761-AMT 6.1.0 Rational® Application Management Tool Set for i
5770-BR1 7.1.0 BRMS
5770-DFH 7.1.0 CICS®
5770-HAS 7.1.0 PowerHA® for i
5770-JS1 7.1.0 Advanced Job Scheduler
5770-MG1 7.1.0 Managed System Services
5770-NLV 7.1.0 National Languages for IBM i
5770-PT1 7.1.0 Performance Tools
5770-QU1 7.1.0 Query for i
5770-SM1 7.1.0 System Manager
5770-ST1 7.1.0 DB2 Query Mgr and SQL Dev
5770-WDS 7.1.0 Rational Dev Studio
5770-XW1 7.1.0 IBM i Access Family
5798-FAX 5.7.0 Facsimile Support for i

バックレベル・プログラム支援サービスのプレビューおよび営業活動終了

サポートされているリリースの IBM i に移行するのに追加の時間が必要なお客様に対して、 IBM は、 IBM i バージョン 7.1 オペレーティング・システム用の有償の延長サービス・オファリングを発表する意向があります。ハードウェア・メンテナンスは、この発表の影響を受けません。

なお、具体的な製品化の最終決定は、今後の IBM の技術上及び経営上の判断に基づいて行われ、予告なく計画を変更または中止することもあり得ます。今後の製品に関する情報は、IBM の製品の一般的な方向性を示すことを目的としたものであり、発注の意思決定のための判断基準の利用を意図したものではありません。今後の製品に関する情報は、いかなる資料、 コード、または機能性の提供というコミットメント、約束、または法律上の義務について 言及するものでもありません。今後の製品に関する情報は、いかなる契約にも含めることはできません。IBM 製品について記載される今後のいかなるフィーチャーまたは機能の開発、発表、および時期は、IBM の判断で決定されます。

IBM Developer Kit for Java™ (5761-JV1 および 5770-JV1)

IBM は 2017 年 12 月 31 日をもって、以下の IBM Developer Kit for Java リリース 7.1 および 7.2 オプションに対するフィックスを提供しなくなります。

  • オプション 11 - IBM Technology for Java 6 (32 ビット)
  • オプション 12 - IBM Technology for Java 6 (64 ビット)

お客様は、以下のいずれかの IBM Developer Kit for Java オプションに移行することができます。

  • オプション 14 - IBM Technology for Java 7 (32 ビット)
  • オプション 15 - IBM Technology for Java 7 (64 ビット)
  • オプション 16 - IBM Technology for Java 8 (32 ビット)
  • オプション 17 - IBM Technology for Java 8 (64 ビット)

DeveloperWorks for Java で使用可能な最新のオプションについては、「 Java on IBM i」Web サイトをご覧ください。

IBM HTTP Server (Apache で稼働) (5770-DG1)

IBM は 2017 年 12 月 31 日をもって、Apache 2.2 (7.1 IBM HTTP Server 製品 (5770-DG1) に組み込まれている) に対するフィックスを提供しなくなります。

  • Base-IBM HTTP Server (Apache で稼働)

最新のフィックスを必要とするお客様は、 IBM i 7.2 以降に移行することをお勧めします。

IBM HTTP Server for i で使用可能な最新のオプションについては、「HTTP Server on IBM i」Web サイトをご覧ください。

注: これらすべてのパーツ番号が利用可能であったわけではありません。



Back to top

Top rule
営業活動が終了するプログラム
Bottom rule

2017 年 9 月 30 日付で、 IBM は、 IBM プログラムのご使用条件に基づきライセンス交付を受けたプログラムおよびフィーチャーの営業活動を終了します。

プログラム番号 VRM プログラム・リリース名
5770-SS1 7.1.0 IBM i
5733-ARE 1.1.0 Application Runtime Expert for i
5733-CY3 7.1.0 Cryptographic Device Manager
5733-OMF 1.1.0 Omnifind Text Search Server for DB2 for i
5733-OMF 1.2.0 Omnifind Text Search Server for DB2 for i
5761-AMT 6.1.0 Rational Application Management Tool Set for i
5770-BR1 7.1.0 BRMS
5770-DFH 7.1.0 CICS
5770-HAS 7.1.0 PowerHA for i
5770-JS1 7.1.0 Advanced Job Scheduler
5770-MG1 7.1.0 Managed System Services
5770-NLV 7.1.0 National Languages for IBM i
5770-PT1 7.1.0 Performance Tools
5770-QU1 7.1.0 Query for i
5770-SM1 7.1.0 System Manager
5770-ST1 7.1.0 DB2 Query Mgr and SQL Dev
5770-WDS 7.1.0 Rational Dev Studio
5770-XW1 7.1.0 IBM i Access Family
5798-FAX 5.7.0 Facsimile Support for i

上記の製品は、初期オーダーでは入手することはできなくなります。以下を可能にするために、すべてのフィーチャー番号は引き続き有効です。

  • グループ間アップグレード
  • あるマシンから別のマシンへの転送
  • 許可使用 (例えば、プロセッサー・ライセンスまたはユーザー・ライセンス) の追加

注: これらすべてのパーツ番号が利用可能であったわけではありません。



Back to top

Top rule
後継プログラムに関する情報
Bottom rule
営業活動が終了するプログラムの説明 営業活動が終了するプログラム 後継プログラムの説明 後継プログラム番号 バージョン/リリース
IBM i 5770-SS1 IBM i 5770-SS1 7.2 または 7.3
Cryptographic Device Manager 5733-CY3 Cryptographic Device Manager 5733-CY3 7.2 または 7.3
OmniFind® Text Search Server for DB2 for i 5733-OMF OmniFind Text Search Server for DB2 for i 5733-OMF 1.3 または 1.4
BRMS 5770-BR1 BRMS 5770-BR1 7.2 または 7.3
PowerHA for i 5770-HAS PowerHA for i 5770-HAS 7.2
Advanced Job Scheduler 5770-JS1 Advanced Job Scheduler 5770-JS1 7.2
National Languages for i5/OS™ 5770-NLV National Languages for i5/OS 5770-NLV 7.2 または 7.3
Performance Tools 5770-PT1 Performance Tools 5770-PT1 7.2 または 7.3
QUERY 5770-QU1 QUERY 5770-QU1 7.2 または 7.3
DB2 Query Mgr and SQL Dev 5770-ST1 DB2 Query Mgr and SQL Dev 5770-ST1 7.2 または 7.3
Rational Dev Studio 5770-WDS Rational Dev Studio 5770-WDS 7.2 または 7.3
IBM i Access Family 5770-XW1 IBM i Access Family 5770-XW1 7.2 または 7.3


Back to top

Top rule
AP ディストリビューション
Bottom rule
Country/Region Announced
AP IOT
ASEAN * あり
India/South Asia ** あり
Australia あり
香港 あり
Macao SAR of the PRC あり
Mongolia あり
New Zealand あり
People's Republic of China あり
South Korea あり
Taiwan あり
Japan IOT
Japan あり

*ブルネイ・ダルサラーム、カンボジア、インドネシア、ラオス人民民主共和国、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、東ティモール、およびベトナム

**バングラデシュ、ブータン、インド、モルジブ、ネパール、およびスリランカ

商標

i5/OS および Power Systems は、IBM Corporation の米国およびその他の国における商標です。

IBM、DB2、Rational、CICS、PowerHA および OmniFind は、IBM Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

Oracle および Java は、Oracle やその関連会社の米国およびその他の国における商標です。

その他の会社名、製品名、およびサービス名は、それぞれの会社の商標またはサービス・マークです。

ご利用条件

お客様の国で発表されて入手可能な IBM 製品およびサービスは、その時点で有効で適用可能な標準契約、条項、条件、および料金に基づいて発注できます。 IBM は、この発表をいつでも予告なしに変更または撤回する権利を保留します。この発表は情報提供のみを目的としています。追加のご利用条件については、以下の Web サイトをご覧ください。

ご利用条件

この製品発表レターは、IBM Corporation が発表した時点での製品発表レターの抄訳です。

IBM 製品に関する最新情報については、 IBM 担当員または販売店にお問い合わせいただくか、 IBM Worldwide Contacts ページをご覧ください。

日本 IBM

Contact IBM

Considering a purchase?