エンタープライズ・クラスの Web ベース・ソリューションである Rocket Servergraph Professional は、バックアップ・ソフトウェアおよび基礎となるハードウェアのモニターを支援します

日本 IBM のソフトウェア発表 JP13-0674
2013 年 11 月 26 日

目次
製品の概要 製品の概要 製品資料 製品資料
主要前提条件 主要前提条件 技術情報 技術情報
出荷開始予定日 出荷開始予定日 発注情報 発注情報
製品の機能詳細 製品の機能詳細 契約条件 契約条件
製品の位置付け 製品の位置付け 料金 料金
プログラム番号 プログラム番号 AP ディストリビューション AP ディストリビューション


Top rule
ハイライト
Bottom rule

さまざまなブランドのバックアップ・ソフトウェアおよび基礎となるハードウェア・インフラストラクチャーのモニターを支援するエンタープライズ・クラスの Web ベース・ソリューションである Rocket Servergraph Professional には、以下の機能が含まれています。



先頭へ戻る先頭へ戻る
 
Top rule
製品の概要
Bottom rule

Rocket Servergraph Professional は、企業内のマルチベンダーのバックアップ製品をモニターするという課題に対応するエンタープライズ・クラスの Web ベース・ソリューションです。

この製品には、以下の機能および利点があります。



先頭へ戻る先頭へ戻る
 
Top rule
主要前提条件
Bottom rule

サーバーで以下のいずれかが必要になります。

詳細については、 前提ハードウェア および 前提ソフトウェア のセクションを参照してください。



先頭へ戻る先頭へ戻る
 
Top rule
出荷開始予定日
Bottom rule

2013 年 11 月 29 日



先頭へ戻る先頭へ戻る
 
Top rule
製品の機能詳細
Bottom rule

Rocket Servergraph Professional

製品の機能:

独自のバックアップ・レポートを作成するか、またはすぐに使用可能なレポートを使用できます。

バックアップの失敗の防止:

リアルタイムのアラート:

バックアップ失敗通知システムは、リアルタイムに機能して、発生している問題に関するアラートを出します。お客様は、目的の宛先に適切なメッセージを配信できるように、お客様の環境のニーズに合わせて通知システムを構成できます。

データ保護機能の改善:

強力なビジネス分析機能により、パフォーマンスの問題を特定し、バックアップ・エリアを素早く調整できるように支援します。また、バックアップのパフォーマンスの最適化を支援します。Rocket Servergraph Professional は、バックアップ・ハードウェア/ソフトウェアの問題の場所および原因を特定します。

情報の一元化:

お客様のバックアップ情報を便利な単一のインターフェースに一元化します。お客様は、実質的に任意の期間でクライアント/サーバーの統計情報をグラフ化できます。Rocket Servergraph Professional は、ダッシュボードおよび統計情報を自動的にアップデートし、バックアップおよびストレージのより効率的な情報ソースをお客様に提供します。

バックアップ・データ分析:

Rocket Servergraph Professional は、バックアップ・オペレーションのさまざまな側面に関するデータを表示します。本製品を使用することで、バックアップのパフォーマンスおよびオペレーションの問題を特定し、ストレージ容量計画などの領域において役立つトレンドを表示できます。Servergraph のデータ分析ツールはカスタマイズ可能で、さまざまなオペレーション・タスクの最適化を支援します。

Tivoli Storage Manager (TSM) の管理:

Rocket Servergraph Professional の TSM 管理コンソールを使用することで、TSM 環境のさまざまな側面の大部分を管理できます。ノードを照会し、さまざまな形式で結果を共有できます。さらに、保存期間の設定、ポリシー・セットの定義、ユーザー・パスワードの管理、管理者権限の定義などの TSM サーバー機能を制御できます。また、TSM アクティビティー・ログを調べることで、エラーがいつ発生したのかを判別できます。

付加価値のある計画:

Rocket Servergraph Professional は、バックアップ・リソースおよびストレージ・リソースのより効果的な計画および割り振りを支援します。履歴データを使用して、データベース、ストレージ・プール、ファイル・スペースなどの重要リソースがいついっぱいになるのかを予測することで、潜在的な障害を回避し、準備を整えることが可能です。

ストレージ悪用の特定:

最も多くのスペースを占有しているユーザーや、ストレージ特権を悪用しているユーザーを特定できます。また、バックアップ、アーカイブ、または HSM ファイルの超過スペースを見つけ、システム内で急成長しているクライアントを特定できます。

自動化された正確な請求:

Rocket Servergraph Professional のストレージ請求により、ストレージの使用量、処理能力の消費量などのさまざまなパラメーターに基づいて課金できます。また、異なるテープ・メディア、オンサイト・ストレージとオフサイト・ストレージ、複数の割り当てレベルなどのさまざまな要因について、個別の請求料率を作成できます。

データ収集:

Rocket Servergraph Professional は、必要な情報を収集するのに必要となる照会の実行を最小限に抑えることで、モニターされているバックアップ・サーバーへの影響を最小限に抑えます。TSM の場合、データを収集するために、3 種類の方法が使用されます。



先頭へ戻る先頭へ戻る
 
Top rule
製品の位置付け
Bottom rule

多くの大企業のお客様は、複数の管理ツールを使用しなくてもよいクロスベンダーのバックアップ管理ソリューションを必要としています。Rocket Servergraph Professional は、これらのお客様に最適なソリューションです。 IBM から Rocket Servergraph Professional のライセンス交付を受けることで、ベンダーの管理を一元化できます。

Rocket Servergraph Professional は、通常の Tivoli Storage Manager バックアップ環境では必要ありません。 Tivoli Storage Manager には、 Tivoli Storage Manager 実装のためのレポート作成機能およびモニター機能が含まれています。



先頭へ戻る先頭へ戻る
 
Top rule
プログラム番号
Bottom rule

 
Program                Program
number         VRM     name
 
5725-N51       7.3     Rocket Servergraph Professional
 


先頭へ戻る先頭へ戻る
 
Top rule
オファリング情報
Bottom rule

製品情報は、以下の Offering Information Web サイトで入手可能です。

http://www.ibm.com/common/ssi

以下の パスポート・アドバンテージ® Web サイトもご覧ください。

http://www.ibm.com/software/passportadvantage


先頭へ戻る先頭へ戻る
 
Top rule
製品資料
Bottom rule

このプログラムとともに出荷される出版物はありません。

Rocket Servergraph Professional については、次の Web サイトを参照してください。

http://www.rocketsoftware.com/products/rocket-servergraph-professional


先頭へ戻る先頭へ戻る
 
Top rule
技術情報
Bottom rule

所定稼働環境

前提ハードウェア

Rocket Servergraph Professional については、次の Web サイトを参照してください。

http://www.rocketsoftware.com/products/rocket-servergraph-professional
前提ソフトウェア

Rocket Servergraph Professional については、次の Web サイトを参照してください。

http://www.rocketsoftware.com/products/rocket-servergraph-professional

プログラムの仕様と所定稼働環境に関する情報は、プログラムに付属する README ファイルなどの資料 (存在する場合)、またはその他の IBM 公開情報 (発表レターなど) に記載されています。資料やプログラムに関するその他のコンテンツは、英語以外の言語では提供されない場合があります。

計画情報

パッケージング

プログラム・パッケージは、資格のあるお客様が Rocket Software Inc. の Web サイトからダウンロードで入手します。

http://www.rocketsoftware.com/products/rocket-servergraph-professional

セキュリティー、監査性およびコントロール

この製品は、ホストのハードウェアまたはソフトウェアのセキュリティー機能および監査機能を使用します。アプリケーション・システムや通信機能でのセキュリティー機能、管理手順、および適切な制御を、評価、選択、実装することは、お客様の責任で行っていただきます。



先頭へ戻る先頭へ戻る
 
Top rule
発注情報
Bottom rule

本製品は、 パスポート・アドバンテージ を介してのみ提供されます。本製品は、パッケージ製品としては提供されません。

 
Product group: IBM Storage Management
  Product Identifier Description (PID)
  Rocket Servergraph Professional(5725-N51)
 
Product category: Tivoli Storage Manager

パスポート・アドバンテージ

 
                                                           Part
Program name/Description                                   number

Rocket Servergraph Professional per Processor Value Unit
 License & SW Subscription & Support 12 Month              D12Y4LL
 
Rocket Servergraph Professional per Terabyte
 License & SW Subscription & Support 12 Month              D12Y5LL

課金単位

 
                 Part number or
Program name     PID number           Charge metric

Rocket           5725-N51             Per Terabyte
Servergraph                           or
Professional                          Per Processor Value Unit (PVU)

プロセッサー・バリュー・ユニット (PVU)

PVU は、本プログラムのライセンス交付に適用される測定単位です。必要な PVU 使用許諾の数は、プロセッサー・テクノロジー (次のサイトの PVU 表の中で、プロセッサーのバリュー、製品、タイプ、およびモデル番号ごとに定義されている)、およびプログラムで使用可能なプロセッサーの数に基づいています。

http://www.ibm.com/software/lotus/passportadvantage/pvu_licensing_for_customers.html

IBM は、PVU ベースのライセンス交付を目的として、引き続き、「1 プロセッサー」を「チップ上の 1 プロセッサー・コア」と定義します。例えば、デュアル・コア・プロセッサー・チップの場合、2 つのプロセッサー・コアが存在することになります。

ライセンス所有者は、パスポート・アドバンテージのサブキャパシティー・ライセンスの条件 (以下の Web ページを参照) に従って、フルキャパシティー・ライセンスまたは仮想化キャパシティー (サブキャパシティー) ライセンスのいずれかを使用して、本プログラムを実装できます。 フルキャパシティー・ライセンスを使用する場合、ライセンス所有者は、プログラムで使用可能な、またはプログラムで管理されている物理ハードウェア環境内のすべての活動化されたプロセッサー・コア1 に十分な PVU 使用許諾を取得する必要があります。ただし、プログラムが完全に削除されたサーバーを除きます。仮想化キャパシティー・ライセンスを使用する場合、ライセンス所有者は、次の URL で参照可能な仮想化キャパシティー・ライセンスの計算ルールに従って定義された、「プログラム」で使用可能な、または「プログラム」が管理するすべての活動状態にあるプロセッサー・コアを対象とする使用権を取得するものとします。

http://www.ibm.com/software/lotus/passportadvantage/Counting_Software_licenses_using_sp ecific_virtualization_technologies.html
1
活動化されたプロセッサー・コアとは、プロセッサー・コアの容量を仮想化テクノロジー、オペレーティング・システム・コマンド、BIOS 設定、または類似の制約によって制限できるかどうか、または制限しているかどうかに関係なく、物理サーバーまたは仮想サーバーで使用できるプロセッサー・コアのことです。

注意事項:

料金設定例

お客様は、Rocket Servergraph Professional を入手するために、PVU ライセンスまたはテラバイト・ライセンスのいずれかを購入する必要があります。

シナリオ 1

お客様は、お客様の環境用の Rocket Servergraph Professional を PVU 単位で入手したいと考えています。お客様は、10 コア (コアあたり 100 PVU) のサーバーを 1 台所有しています。お客様は、Rocket Servergraph Professional の PVU を 1000 (10*100) 個購入する必要があります。お客様は、TB ライセンスを購入する必要はありません。

シナリオ 2

お客様は、お客様の環境用の Rocket Servergraph Professional をテラバイト単位で入手したいと考えています。お客様の環境では、60 テラバイトのデータを取得する必要があります。お客様は、Rocket Servergraph Professional を 60 TB 分購入する必要があります。お客様は、PVU ライセンスを購入する必要はありません。

パスポート・アドバンテージ については、次の Web サイトをご覧ください。

http://www-01.ibm.com/software/howtobuy/passportadvantage/


先頭へ戻る先頭へ戻る
 
Top rule
契約条件
Bottom rule

この発表レターに記載されている情報は、参考のため、および便宜上の目的のためにのみ提供されています。 IBM とのあらゆる取引を規定する契約条件については、 IBM プログラムのご使用条件、 IBM インターナショナル・ パスポート・アドバンテージ 契約、および IBM ソフトウェア・メンテナンス取得契約などの該当する契約書に記載されています。

本製品は、 パスポート・アドバンテージ を介してのみ提供されます。本製品は、パッケージ製品としては提供されません。

ライセンス交付

サプライヤーのライセンス条項が適用されます。

限定保証

IBM による保証はありません。保証がある場合には、サプライヤーによって提供されます。

大量発注

適用外

教育機関割引

適用外



先頭へ戻る先頭へ戻る
 
Top rule
適切なセキュリティー実施について
Bottom rule

IT システム・セキュリティーには、企業内外からの不正アクセスの防止、検出、および対応によって、システムや情報を保護することが求められます。不適切なアクセスにより、情報の改ざん、破壊、悪用を招くおそれがあるほか、システムが誤用された場合は他のシステムを攻撃してしまうおそれがあります。セキュリティーに対して包括的なアプローチをとらない IT システムや IT 製品は、完全にセキュアであるとみなすべきではなく、また単一の製品や単一のセキュリティー対策で極めて効果的に不正アクセスを防止できるものはありません。 IBM システムおよび製品は、セキュリティーに関する包括的な取り組みの一環として設計されています。これには必然的に追加の運用手順が含まれ、これを最も効果的なものとするには、他のシステム、製品、またはサービスが必要となる場合もあります。 IBM では、システムおよび製品が第三者の悪質な行為、および不正な行為による影響を受けないことを保証することはできません。



先頭へ戻る先頭へ戻る
 
Top rule
料金
Bottom rule

地域の料金全般については、 IBM 担当員にお問い合わせください。



先頭へ戻る先頭へ戻る
 
Top rule
AP ディストリビューション
Bottom rule

 
Country/Region             Announced
 
AP IOT
 ASEAN*                      Yes
 India/South Asia**          Yes
 Australia                   Yes
 People's Republic of China  Yes
 Hong Kong S.A.R of the PRC  Yes
 Macao S.A.R of the PRC      Yes
 Taiwan                      Yes
 Korea                       Yes
 New Zealand                 Yes
Japan IOT
 Japan                       Yes
 
 * Brunei Darussalam, Indonesia, Cambodia, Lao People's Democratic
 Republic, Malaysia, Philippines, Singapore, Thailand, and Vietnam
 ** Bangladesh, Bhutan, India, Sri Lanka, Maldives, Nepal, and
 Afghanistan
商標

IBM、Tivoli、ProtecTIER、AIX、PartnerWorld、Passport Advantage、Express、および Cognos は、世界の多くの国で登録された International Business Machines Corporation の商標です。

Linux は、Linus Torvalds の米国およびその他の国における登録商標です。

他の会社名、製品名およびサービス名等はそれぞれ各社の商標です。

ご利用条件

お客様の国で発表されて入手可能な IBM 製品およびサービスは、その時点で有効で適用可能な標準契約、条項、条件、および料金に基づいて発注できます。 IBM は、この発表をいつでも予告なしに変更または撤回する権利を保留します。この発表はお客様の参照用としてのみ提供されています。追加ご利用条件については、以下の参照先に記載されています。

http://www.ibm.com/legal/jp/ja/

この製品発表レターは、IBM Corporation が発表した時点での製品発表レターの抄訳です。

IBM 製品に関する最新情報については、 IBM 担当員または販売店にお問い合わせいただくか、 IBM Worldwide Contacts ページをご覧ください。

http://www.ibm.com/planetwide/jp/

Contact IBM

Feedback