OI feedback

  1. 発表のタイプ:S/W新製品の発表
  2. カテゴリー:Power Systems (System i/ System p)
  3. レター番号:PWR10093-1
  4. 発表日:20100818
  5. 更新日:20110219
  6. OfferID:5765H39; 5765H24; 5660H23; 5662H23; 5660H24; 5660H24
  7. 1章コメント履歴:

IBM PowerHA SystemMirror Standard Edition V7およびPowerHA SystemMirror Enterprise Edition V6機能拡張の発表


[1]発表の概要



[1-1]製品の概要


本日付でIBM PowerHA SystemMirror Standard Edition V7を発表いたします。また、PowerHA SystemMirror Enterprise Edition V6の機能拡張の発表をいたします。

【関連プログラム番号】

プログラム番号バージョンリリースプログラム名
5765-H397.1IBM PowerHA SystemMirror Standard Edition V7ライセンス
5660-H23(*)1.1PowerHA SystemMirror for AIX スタンダードエディション ソフトウェア・メンテナンス(1年):登録/継続
5661-H23(*)1.1PowerHA SystemMirror for AIX スタンダードエディション ソフトウェア・メンテナンス(1年):アフターライセンス付き
5662-H23(*)1.1PowerHA SystemMirror for AIX スタンダードエディション ソフトウェア・メンテナンス(3年):登録
5663-H23(*)1.1 PowerHA SystemMirror for AIX スタンダードエディション ソフトウェア・メンテナンス(3年):継続
5664-H23(*)1.1 PowerHA SystemMirror for AIX スタンダードエディション ソフトウェア・メンテナンス(3年):アフターライセンス付き
5765-H24(*)6.1 PowerHA SystemMirror for AIX エンタープライズエディション ライセンス Service Pack 3
5660-H24(*)1.1 PowerHA SystemMirror for AIX エンタープライズエディション ソフトウェア・メンテナンス(1年):登録/継続
5661-H24(*)1.1 PowerHA SystemMirror for AIX エンタープライズエディション ソフトウェア・メンテナンス(1年):アフターライセンス付き
5662-H24(*)1.1 PowerHA SystemMirror for AIX エンタープライズエディション ソフトウェア・メンテナンス(3年):登録
5663-H24(*)1.1 PowerHA SystemMirror for AIX エンタープライズエディション ソフトウェア・メンテナンス(3年):継続
5664-H24(*)1.1 PowerHA SystemMirror for AIX エンタープライズエディション ソフトウェア・メンテナンス(3年):アフターライセンス付き

(*)既に発表済です。

【生産開始予定日】 2010年9月10日

【製品の概要】

IBM PowerHA SystemMirror Standard Edition V7.1

IBM PowerHA SystemMirror Standard Edition V7.1 は、次世代の高可用性クラスタリング・ソリューションです。Cluster Aware AIX をベースとする新しい IBM PowerHA SystemMirror Standard Edition は、高可用性クラスターの構築および管理アーキテクチャーの概念を大きく転換します。Cluster Aware AIX は、クラスタリング技術の主要な側面を AIX カーネルに組み入れ、よりシンプルで堅固なクラスター形成および管理を実現します。ほぼリアルタイムのノード間メッセージングおよび同期、クラスター全体のヘルス管理、および通信のマルチチャネル冗長性を特長とする IBM PowerHA SystemMirror Standard Edition V7.1 は、データ・センターの高可用性運用をよりシンプルで堅固なものにします。

Cluster Aware AIX との統合に加え、IBM PowerHA SystemMirror Standard Edition V7.1 には以下の機能があります。

o クラスター全体での命名管理およびノード間同期のための集中型クラスター・リポジトリー。

o PowerHA SystemMirror カーネル・ベースの低レイテンシー・イベント通信。

o 一般的なアプリケーションで高可用性 (HA) サポートが簡単に行えるSmart Assist テクノロジー、および新しい直観的なユーザー・インターフェース。Smart Assist HA エージェントは、SAP、Enterprise Content Manager、Oracle、DB2、WebSphere、Tivoli Storage Manager (TSM)、および FileNet ソフトウェアの容易なデプロイおよび管理を可能にします。

o クラスター構成および管理のためのシンプルな PowerHA SystemMirror SMIT メニュー。

o IBM Systems Director をベースとする PowerHA SystemMirror 管理インターフェースは、PowerHA SystemMirror クラスターのデプロイおよび管理のための使いやすいグラフィカル・インターフェースを提供します。一連のウィザードにより、クラスターおよびリソース・グループの作成をガイドします。洗練された管理インターフェースにより、お客様の環境内のさまざまなクラスターを管理できます。管理者は、このインターフェースを使用してレポートを生成したり、トポロジーを検証したり、リソースおよびクラスター状況の変化について通知を受信したりできます。

o IBM PowerHA SystemMirror Standard Edition V7.1 には、お客様がインストールし、PowerHA SystemMirror クラスターのデプロイおよび管理に使用できるこの IBM Systems Director プラグインが無料で含まれます。プラグインは、IBM Systems Director サーバー・コンポーネント、および PowerHA SystemMirror クラスター内の個々のノードにデプロイするエージェントからなります。PowerHA プラグインの IBM Systems Director サーバー・コンポーネントは、お客様がダウンロードして、インストールすることもできます。

IBM PowerHA SystemMirror Standard Edition V7.1 の主な特長は以下のとおりです。

o IBM PowerHA SystemMirror Standard Edition V7.1 は、重要なビジネス・アプリケーションを計画停止または計画外停止から保護するのに役立つ Power Systems データ・センター・ソリューションです。

o PowerHA SystemMirror は、ミラーリングによってストレージ・エラーを防止することで継続的なデータ可用性を提供します。

o PowerHA SystemMirror は最大 32 ノードをクラスター化し、一連の豊富なリソース・グループ構成およびクラスター全体のリソース・グループを管理するためのポリシーを提供します。

o PowerHA SystemMirror は、ストレージ、ネットワーク、およびセキュリティー関連の主要管理機能によるクラスターの集中管理を提供します。IBM Systems Director ベースのグラフィカル・インターフェースは、エンタープライズ環境内のすべてのクラスターを単一のインターフェースから管理するための洗練されたインターフェースを提供します。

o PowerHA SystemMirror は、ファイル収集機能により、クラスター全体のデータ同期機能を提供します。

o PowerHA SystemMirror は、適切なフェイルオーバーを保証するために、アクティブ・ノードとスタンバイ・ノード間で定期的に稼働環境を検証します。検証方法はカスタマイズ可能です。

o PowerHA SystemMirror は、POWER5 およびそれ以降のプロセッサーの DLPAR 環境に適用した場合、PowerHA SystemMirror クラスター内の セカンダリー・ノード上のリソース使用率を管理できます。

PowerHA SystemMirror 6.1 Enterprise Edition アップデート (Service Pack 3) により、以下の機能が使用可能になります。

o Hitachi TrueCopy ベースのレプリケーションによる高可用性および災害復旧 (HA/DR): PowerHA SystemMirror は、Hitachi ストレージ・サブシステムのレプリケーション機能を利用して、2 サイト HA/DR ソリューションを提供します。Hitachi Truecopy レプリケーションの同期および非同期ミラーリング機能を利用します。

o IBM DS8700 Global Mirror レプリケーションによる高可用性および災害復旧: DS8000 ストレージ・サブシステム・ファミリーのサポートは、DS8700 での長距離間の非同期ミラーリング (Global Mirror) のサポートによって拡張されています。


[1-2]ハイライト


PowerHA SystemMirror Standard Edition は、システムを常時モニターし、障害またはパフォーマンス低下が発生した場合にバックアップ・ハードウェアにフェイルオーバーすることにより、AIX アプリケーションに高可用性を提供するように設計されています。PowerHA SystemMirror は、ネットワーク停止、アプリケーション障害、ハードウェア障害、自然原因などのさまざまな起こり得る中断からシステムを保護します。

PowerHA SystemMirror Enterprise Edition フィーチャーは、リアルタイムのデータ・ミラーリングおよび長距離フェイルオーバーにより、ビジネスに不可欠なデータをサイト全体の災害または停止を最大限回避するためのさまざまなテクノロジーを提供します。

PowerHA SystemMirror Smart Assist は、SAP、DB2、Oracle、WebSphere、IBM Enterprise Content Management、IBM HTTP Server、および Lotus Domino Server の可用性機能を拡張するために、各アプリケーション環境への PowerHA の実装を簡素化します。

高可用性およびバックアップ/リカバリー・オプションの概要
  

PowerHA 製品 バックアップ・データのロケーションテクノロジープライマリー/バックアップ・プロセッサー/DASD間の最大距離
Standard Edition
AIX/LVM ミラー SAN 15 km(延長可能)
データ・ センター DWDM* または CWDM*
Enterprise Edition
Metro Mirror マルチサイトファイバー・チャネル最大 300 km(アプリケーションによる)
Global Mirrorマルチサイト ファイバー・チャネル無制限
GLVM Sync キャンパスIP ベースの距離待ち時間の考慮が必要> 40 km
GLVM Async マルチサイトIP ベースの距離無制限

* DWDM: 高密度波長分割多重化装置
* CWDM: 低密度波長分割多重化装置


[1-3]


[1-4]販売窓口と発注情報


IBM直販、およびビジネス・パートナー様経由


[1-5]関連発表レター

レター番号発表レター名発表日
PWR09111PowerHA SystemMirror for AIX Standard / Enterprise Edition V6.1の発表2009年10月21日


[1-6]商標


IBM、AIX、AIX5L、AIX/Lロゴ、e-businessロゴ、eServer、POWER、System p、pSeries、PowerPC、POWER4、POWER5、POWER5+、POWER6、POWER6+、POWER7、Micro-Partition、BladeCenter、WebSphere、Tivoliは、International Business Machines Corporationの米国およびその他の国における商標。
Windows、WindowsNTは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標。
Java およびすべてのJava関連の商標およびロゴは Sun Microsystems, Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標。
UNIXは、The Open Groupがライセンスしている米国およびその他の国における登録商標。
Linuxは、Linus Torvaldsの米国及びその他の国における商標。
他の会社名、製品名およびサービス名等はそれぞれ各社の商標。


ThinkPad ( ノートブック製品 ) 、ThinkCentre ( デスクトップ製品 ) およびその他のPC製品はLenovo社の製品です。このページはIBMおよびLenovo社のThinkPad ThinkCentreの両サイトへのリンクを含んでいます。詳細はこちら

Close [x]

Close [x]