OI フィードバック

  1. 発表のタイプ:S/W新製品の発表
  2. カテゴリー:Lotus
  3. レター番号:LOT12031-0
  4. 発表日:20120905
  5. 更新日:20120905
  6. OfferID:AY00QML; D0T6WLL; E0EICLL; D0T6XLL; D0T6YLL; E0EIDLL; D0T6ZLL; D6158LL; E03VJLL; D615ILL; D615JLL; E03VKLL; D615KLL; D6159LL; E03VFLL; D615ALL; D0N7VLL; E0DA9LL; D0N7WLL; D6157LL; D615BLL; D0C3GLL; E08CGLL; D0C3HLL; D0C3ILL; E08CHLL; D0C3JLL; D0C3KLL; E08CILL; D0C3LLL; D0N7TLL; E0DA8LL; D0N7ULL; D0C5ELL; D0C5DLL
  7. 1章コメント履歴:

IBM Connections V4.0 の発表


[1]発表の概要



[1-1]発表内容


本日付で IBM Connections V4.0 を発表いたします。

[1-1-1] 製品の概要

IBM Connections V4.0 は、卓越したソーシャル・プラットフォームを提供するビジネス向けソーシャル・ソフトウェアで、専門家のネットワークやコミュニティーで適切な人々や社内外のコンテンツへのアクセスを可能にするのに役立ちます。

メリット

    • 専門家のネットワークおよびコミュニティー内の関係あるアクティビティーを熟知することによって、瞬時に対応し、コンテキストを把握し、業務を遂行することができます。
    • 内部コミュニティーと外部コミュニティーの両方を迅速に見渡すことによって、素早く対応策をとり、顧客に対する即応性を維持できます。
    • ソーシャル・アクティビティーと参加状況をモニターすることによって、理想的なコミュニティー・エクスペリエンスを作り出すとともにコミュニティーのニーズを予想することができます。
    • 1 つの使いやすいソーシャル・エクスペリエンスを作り出し、結びつけ、共有することによって、個人および組織の有効性を高めます。

新機能

迅速に対策を講じる

ネットワーク全体およびサード・パーティー・アプリケーションの更新を集約したリストを、アクティビティー・ストリーム内から表示したり、対応した りすることができます。IBM Connections V4 では、ビューを開き、そこからアクティビティー・ストリーム内のコンテンツに対して即時に対策を講じることができます。アクティビティー・ストリーム内の 各更新には OpenSocial ガジェットによって支援されるビューが関連付けられ、そこに組み込まれたエクスペリエンスが示されます。この組み込まれたエクスペリエンスはユーザー・イ ンターフェースを提供し、ここから、たとえばコメントを送る、フォローする、項目を「お気に入り」に登録する、さらにファイルをダウンロードする、コンテ ンツを共有する、アクティビティー・ストリーム内からタグを表示する、などの操作を行えます。

コミュニティーの成長とプロジェクトへの参加を促す

コミュニティーでアクティビティー・ストリームが使用可能になり、それによってコミュニティー・メンバーは他のメンバーが何をしているかを視覚化す ることができます。お客様はコミュニティーのメンバーと状況を共有することができます。また、サード・パーティー・アプリケーションをコミュニティーのア クティビティー・ストリームに統合することで、可視化を備え、組み込まれたエクスペリエンスを用いてアクティビティー・ストリーム内から簡単に対応できる ようになります。新しいメトリック機能により、コミュニティーの所有者は自分のコミュニティーの採用状況と活力をモニターできます。メトリックから得られ た洞察は、コミュニティー所有者が対策を講じるのに役立ち、それによってコミュニティーはさらにメンバーにとって有用なものとなり、コミュニティーのメン バーシップと参加者の増加につながります。新しいカレンダーは、コミュニティーのチーム・イベントを計画して調整する中心的な場所を提供します。

チームメイトとより効果的にコラボレーションする

新機能は、チームメイトとより効果的に連携するのに役立ちます。所有者と編集者はファイルをロックおよびアンロックすることができます。新設計の ファイル要約ページおよびタブは、ファイルがどのフォルダーに入っているかや、ファイルが状況更新で参照されているかどうかなど、より多くの情報を提供し ます。Web ページや IBM Connections ソースのコンテンツを、ボタンをクリックするだけでフォーラムのトピックに追加できるなどの新しい機能により、フォーラムでのチームのディスカッションが 盛んになります。項目を To Do 項目に変換するなどの新しい「アクティビティー」の機能によって、プロジェクト管理が容易になります。

[1-1-2] ハイライト

IBM Connections V4.0 は、以下のことに役立つよう設計されています。
    • ネットワークのアクティビティーを追跡し、アクティビティー・ストリーム内に組み込まれたエクスペリエンスを用いて、より素早く対応。
    • コンテキストに沿って対応するために外部のアプリケーションとコンテンツをアクティビティー・ストリームに取り込み、時間を節約するとともにコンテキストの切り替えを削減。
    • コミュニティー中心のアクティビティー・ストリームと組み込まれたエクスペリエンスを用いて、コミュニティー・メンバーのアクティビティーを追跡し、対応。
    • 外部のサイトや関連コミュニティーのコンテンツをコミュニティーに素早く取り込み、応答時間を短縮するとともに顧客サービスを向上。
    • 新しい標準のカスタマイズ可能なメトリックおよびグラフィカル・レポートによって、コミュニティーの採用と使用の状況に対する洞察を開発。
    • 状況の更新とマイクロブロギングのコンテンツも活用するソーシャル分析を用いて、人とコンテンツに関する関連性の高い推奨を受け取る。
    • ハッシュタグを用いて重要なトピックをフォローし、シングル・クリックで「お気に入り」を更新。
    • チーム・イベントをスケジュールし、新しいコミュニティー・カレンダーを使用して個人用カレンダーに取り込む。

[1-1-3] 出荷開始予定日

プログラム番号
(備考)
VRM
プログラム名称
ダウンロード開始予定日
メディアパック出荷開始予定日
5724-S68
4.0.0
IBM Connections
2012年 9月 7日
2012年 10月 2日

本製品はパスポート・アドバンテージで販売されます。パスポート・アドバンテージの内容、発注番号、料金などの詳細については IBM ビジネス・パートナー、または弊社営業担当員にお問い合わせください。

[1-1-4] 主要前提条件

詳細については、『[1-3-1]前提ハードウェア』 、 『[1-3-2]前提ソフトウェア』 のセクションを参照してください。


[1-2]製品機能詳細


[1-2-1] 製品の機能詳細

IBM Connections V4.0 は、統合された一連のアプリケーション全体にわたって、組織内でのコラボレーションをさらに容易にするのに役立つ新機能を導入しています。

ホーム・ページ: 「ホーム・ページ」アプリケーションは、すべての IBM Connections アプリケーション全体からのソーシャル・データの統合ビューをユーザーに提供するのに役立ちます。

ホーム・ページの更新

拡張されたユーザー・インターフェース

    • 「ホーム・ページ」のユーザー・インターフェースでは、お客様にとって重要な情報の検索が一段と容易になっています。
    • 「更新」タブと「ウィジェット」タブが、ナビゲーション・サイドバーから表示できる、選択可能な新しい表示オプション・ビューに置き換えられ、簡 略化されました。これらの表示オプションでは、表示されるコンテンツをフィルターにかけるとともに、最新の更新と通知をチェックすることもできます。

対応可能なアクティビティー・ストリーム項目
    • ポップアップ・ダイアログ・ボックスで、アクティビティー・ストリーム内のコンテンツに対して即時に対策を講じることができます。たとえば、コメ ントを送る、フォローする、項目を「お気に入り」に登録する、さらにファイルをダウンロードする、コンテンツを共有する、アクティビティー・ストリーム内 からタグを表示する、などの操作を行えます。

今後のイベントに対する認識の向上
    • 「更新」ビューから「コミュニティー・イベント」ウィジェットを表示できます。このウィジェットは、ユーザーが参加およびフォローしている、今後のコミュニティー・イベントを追跡するのに役立ちます。

状況更新の柔軟性の向上
    • 状況更新にファイルを添付することができます。
    • 画像をプレビューし、ファイルをダウンロードしてローカルで処理することができます。
    • ハッシュタグを用いて更新にタグを付け、他の人が見つけやすくすることができます。
    • 自分をフォローしている人たちと情報を共有するために、ニュース・ストーリーを再送信することができます。
    • シングルクリックで「お気に入り」を示すことによって、状況更新にフィードバックできます。
    • 状況更新を検索して、これらの会話で作成された知的資本を活用できます。

コミュニティー: 「コミュニティー」アプリケーションは、共通の興味、担当、または専門分野を持つユーザーが互いに接続し、情報を共有したり、アイデアを交換したり、プロジェクトで共同作業したりできるようにします。

コミュニティーの更新

コミュニティー・イベントおよび更新に対する認識の向上
    • イベント・ウィジェットによって、コミュニティーの所有者は今後のイベントに関する情報をコミュニティーの他の人たちと共有することができます。
    • 自分の個人状況をコミュニティーの「状況の更新」ページに通知することによって、コミュニティーの参加者に常に最新の情報を伝えることができます。
    • 「最新の更新」ビューは、コミュニティーの最新情報を確認する中心的な場所を提供します。

コミュニティーの拡大と参加の促進
    • コミュニティーの所有者はコミュニティーのアクティビティーをグラフで表示して、そのコミュニティーの採用と使用の状況を、よりよく理解することができます。
    • 「関連コミュニティー」ウィジェットを使用して、他のコミュニティーで何が起こっているかをモニターするとともに、同僚にコミュニティーへの参加を促すことができます。
    • コミュニティーの説明は、情報の追加が可能で、非表示にすることもできます。
    • Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) グループを、コミュニティーのメンバーとして追加できるようになりました。

コミュニティー・メンバーと共同のプロジェクト・ファイル処理
    • 個人用ファイル・フォルダーをコミュニティーと共有することができます。
    • 自分が所有しているファイルを編集できるアクセス権限をコミュニティー・メンバーに与えることができます。
    • コミュニティーにアップロードされたファイルをごみ箱に移動でき、ごみ箱に入っているファイルは、自分も他の人も復元または削除できます。

推奨: ソーシャル分析が、接続する人および表示するコンテンツに関する推奨を提供します。

推奨の更新

推奨の関連性の強化
    • 状況更新とマイクロブロギングのコンテンツが、ソーシャル分析ウィジェットでのコンテンツと人の推奨に使用される関連性の分析に含まれるようになりました。

ファイル: 「ファイル」アプリケーションは、ユーザーやグループとファイルを容易かつ素早く共有するのに役立ちます。モデルはシンプルです。任意のタイプのファイルをアップロードし、読者や編集者を追加します。

ファイルの更新

ファイル処理における柔軟性の向上
    • 複数ファイルを同時にアップロードできます。
    • ビューにあるすべてのファイルをダウンロードできます。
    • アップロード中にファイルをフォルダーに追加できます。
    • 1 回で複数のファイルに対する操作を選択して実行できます。
    • ファイル・バージョンを削除できます。
    • 共有していたファイルの共有を停止できます。たとえば、誰かがユーザーとファイルを共有し、その後ユーザーがそのファイルをコミュニティーと共有した場合に、ユーザーはそのコミュニティーとの共有を停止することができます。
    • ファイルの所有者および編集者はファイルをロックおよびアンロックすることができます。
    • ファイル・ページでグラフィックの「お気に入り」オプションが使用できるようになり、「推奨」ファイル・オプションは「お気に入り」ファイル・オプションに変更されました。
    • フォルダーに追加中の、または追加済みのファイルについて、そのフォルダーへのアクセス権限を持った人にそれらのファイルへのアクセス権限を与えることができます。
    • ファイルの要約ページおよびタブが設計変更され、ファイルがどのフォルダーに入っているかや、ファイルが状況の更新によって参照されているかどうかなど、より多くの情報を提供します。

フォーラム: 「フォーラム」」アプリケーションは、オンライン・ディスカッション・ボードを作成する便利な方法を提供します。オンライン・ディスカッション・ボードでは、人々が質問し、エクスペリエンスを共有し、共通の興味の対象となるトピックについて話し合うことができます。

フォーラムの更新

チームのニーズによりよく適応したフォーラムのディスカッション
    • ブラウザーのツールバーにある「ディスカッション」ボタンをクリックすることによって、任意の Web ページのコンテンツをフォーラムのトピックに追加できます。
    • 誰かがフォーラムにトピックを追加したことが電子メールで通知されたら、このトピックに電子メールで返信することができます。この操作によって、ユーザーがコンテンツを追加できる回答が作成され、それから電子メールを送信することができます。
    • 電子メールの返信操作により、電子メールで通知されたトピックへの回答として、新しいフォーラム・トピックが作成されます。電子メールの添付ファイルが、回答のトピックに追加されます。

アクティビティー: 「アクティビティー」アプリケーションは、ユーザーやそのチームメイトが、業務目標を達成するために必要な電子メール、インスタント・メッセージ (IM) チャット、文書、メッセージ、およびその他の情報をまとめて収集できる、オンライン作業域を作成するのに役立ちます。

アクティビティーの更新

柔軟性の向上
    • アクティビティーの項目内で、「ファイル」アプリケーション内のファイルとフォルダーにリンクできます。
    • アクティビティーの所有者は、項目を To Do 項目に変換できます。
    • アクティビティーの所有者は「メンバー」ビューに進み、アクティビティーを公開できます。

使いやすさの向上
    • アクティビティーのメンバーは、ナビゲーション・ペインの「メンバー」セクションではなく、そのアクティビティー内の「メンバー」ビューに表示されるようになりました。
    • アクティビティーの項目のタイトルと説明は自動的に保存されるので、アプリケーションから急に切断されても、最新の変更内容が消えることはありません。

ブックマーク: 「ブックマーク」ソーシャル・ブックマーク機能アプリケーションは、ブックマークの保存、編成、共有とともに、他のユーザーによって指定されたブックマークの検出に役立ちます。

ブックマークの更新

使いやすさの向上
    • 新しいユーザー・インターフェースによって、ブックマークへのアクセスと管理がさらに容易になりました。

他機能との連携
    • 「ブックマークの追加」ブラウザー・ボタンをインストールする場合に、IBM Connections フォーラムに Web ページを送る「ディスカッション」ブラウザー・ボタンおよび関連するコミュニティーをリンクさせる「関連コミュニティー」ブラウザー・ボタンをインストー ルできるオプションがあります。

プロフィール: 「プロフィール」アプリケーションは、専門知識、現在のプロジェクト、および責務を特定できるキーワードを使用して、組織全体を検索することで、必要な人を見つけるのに役立ちます。

プロフィールの更新
    • 状況メッセージと応答が、プロフィールの所有者によって実行されたその他の操作に関する情報とともに新しい「最新の更新」タブに統合され、見つけやすくなりました。
    • 「最新の更新」タブ内の情報を、状況更新やブログなどのカテゴリー別に、フィルターにかけることができます。
    • 新設計のビジネス・カードでは、レイアウトが改善され、アクセスがさらに容易になりました。

Wiki: 「Wiki」アプリケーションは、チームが共同でコンテンツを作成し、編集してから、公開するための便利なオンライン方式を提供します。これは、企業がコ ンテンツ作成を迅速化するとともに、専門知識を持つさまざまな人からの入力を利用して品質を向上させるのに役立つよう設計されています。

Wiki の更新
    • Wiki を、自分が所有者、編集者、読者、あるいはフォローしているなど、各自の役割ごとに表示できます。
    • 「フォロー」をクリックして、フォローしている Wiki を表示できます。

編集機能の拡張
    • Wiki の更新
        • 管理者はツールバーを複数のツールバーに分割できます。
        • タブ・キーを用いてツールバーの間をナビゲートできます。
        • ツールバーに、iFrame を追加および編集するためのボタンができました。
        • Wiki の編集者エリアは、コンテンツが追加されるにつれて下方に拡張されます。
        • 編集スペースが拡張され、スクロールが必要な場合でも、ツールバーは表示されます。

[1-2-2]製品のポジショニング

なし

[1-2-3]開発意向表明

なし


[1-3]技術情報


[1-3-1]前提ハードウエア

ハードウェアとソフトウェアの要件の詳細については、以下の Web サイトをご覧ください。


[1-3-2]前提ソフトウエア

ハードウェアとソフトウェアの要件の詳細については、以下の Web サイトをご覧ください。

[1-3-3]アクセシビリティー

なし

[1-3-4]セキュリティー、監査およびコントロール

アプリケーション・システムおよび通信機能でのセキュリティー・フィーチャー、管理プロシージャー、および該当する制御の評価、選択、および導入は、お客様の責任のもとに行っていただきます。

[1-3-5]パフォーマンス

なし

[1-3-6]制限事項

なし


[1-4]発注関連情報


[1-4-1]プログラム番号

プログラム番号
(備考)
VRM
プログラム名称
5724-S68
4.0.0
IBM Connections

[1-4-2]料金体系

■ パスポートアドバンテージ

パスポートアドバンテージ情報と課金については、IBM 担当員または認定 IBM ビジネス・パートナー (あるいは該当する場合は Software ValueNet について認定された IBM ビジネス・パートナー) にお問い合わせください。次の Web サイトにも追加情報があります。

http://www.ibm.com/software/passportadvantage

■ ビジネス・パートナーのための情報

IBM ビジネス・パートナー (IBM から製品を取得するワークステーション・ソフトウェア・ディストリビューター) の場合は、販売店のための Passport Advantage Online にリンクして、ビジネス・パートナー料金設定情報を取得できます。IBM ID とパスワードが必要です。

http://www.ibm.com/partnerworld/sg/apchannounce/

■ IBM グローバル・ファイナンシング

IBM グローバル・ファイナンシングは、信用資格のあるお客様が IT ソリューションを獲得するのを支援するために、競争力のある資金調達を用意しています。オファリングには、IBM とその他のメーカーまたはベンダーの両方からのハードウェア、ソフトウェア、およびサービスを含む IT を獲得するための資金調達が含まれます。オファリング (すべてのカスタマー・セグメント、すなわち小企業、中企業、および大企業用)、レート、条件、およびアベイラビリティーは、国によって異なる場合があります。お客様の地域の IBM グローバル・ファイナンシング組織にお問い合わせくださるか、次の Web サイトにアクセスしてください。

http://www.ibm.com/financing

IBM グローバル・ファイナンシングのオファリングは、IBM Credit LLC を通して (米国の場合)、またその他の IBM子会社および部門を通して (全世界)、有資格の企業および官公庁のお客様に提供されます。レートは、お客様の信用格付け、資金調達条件、オファリングのタイプ、装置のタイプ、およびオプションに基づき、 国により異なる場合があります。その他の制限がある場合もあります。レートおよびオファリングは、予告なしに変更、拡張、または撤回される場合があります。

[1-4-3]発注情報

当製品は、 パスポートアドバンテージでのみ提供されます。シュリンクラップでの提供はありません。

■ 製品情報

ライセンス機能名称
製品グループ
製品カテゴリー
IBM ConnectionsIBM ConnectionsIBM Connections
IBM Connections Extension from Notes or Domino w/Ltd Entitle to ConnectionsIBM ConnectionsIBM Connections
IBM Connections Extension from WS Portal w/Ltd Entitlement to ConnectionsIBM ConnectionsIBM Connections
IBM Connections ProfilesIBM ConnectionsIBM Connections
プログラム名
プログラム番号(備考)
課金体系
IBM Connections
5724-S68
Per Authorized User
IBM Connections
5724-S68
Per Authorized User for Linux on System z
IBM Connections
5724-S68
Per Processor Value Unit (PVU)
IBM Connections
5724-S68
Per Processor Value Unit for Linux on System z
IBM Connections Extension from Notes or Domino w/Ltd Entitle to Connections
5724-S68
PA Per Authorized User
IBM Connections Extension from Notes or Domino w/Ltd Entitle to Connections
5724-S68
Per Authorized User for Linux on System z
IBM Connections Extension from WS Portal w/Ltd Entitlement to Connections
5724-S68
PA Per Authorized User
IBM Connections Extension from WS Portal w/Ltd Entitlement to Connections
5724-S68
Per Authorized User for Linux on System z
IBM Connections Profiles
5724-S68
Per Authorized User for Linux on System z
IBM Connections Profiles
5724-S68
Per Authorized User

課金単位の定義

■ 許可ユーザー

許可ユーザーは、プログラムのライセンス交付を受けるための計測単位です。許可ユーザーは、プログラムにアクセスできる固有の個人です。プログラムは任意の数のコンピューターまたはサーバーにインストールすることができ、各許可ユーザーはプログラムの任意の数のインスタンスに同時にアクセスできます。ライセンス所有者は、任意の手段を介して、そのプログラムに直接的または (多重化プログラム、デバイス、またはアプリケーション・サーバーなどを経由して) 間接的にアクセスする許可ユーザーごとに個別の専用ライセンスを取得する必要があります。許可ユーザー・ライセンスはその許可ユーザーに固有のものであり、共有することはできません。また、別の個人に永続的に移転する場合を除き、再割り当てすることはできません。

注: デバイスがユーザーと見なされる一部のプログラムにライセンスが交付されることがあります。その場合、以下が適用されます。そのプログラムから一連のコマンド、プロシージャー、またはアプリケーションの実行を要求するかまたはこれらを実行のために受け取るコンピューティング・デバイス、またはそうでない場合はそのプログラムによって管理されるコンピューティング・デバイスは、そのプログラムの個別ユーザーと見なされ、そのデバイスが個人であるものとしてライセンスを必要とします。

■ プロセッサー・バリュー・ユニット (PVU)

PVU は、本プログラムのライセンス交付に適用される測定基準です。 必要な PVU 使用許諾の数は、プロセッサー・テクノロジー (http://www.ibm.com/software/lotus/passportadvantage/pvu_licensing_for_customers.html にある PVU の表の中でプロセッサー・ベンダー、ブランド、タイプ、およびモデル番号ごとに定義されている)、およびプログラムで使用可能なプロセッサーの数に基づいています。 IBM は、PVU 単位のライセンス交付を目的として、引き続き、「1 プロセッサー」を「チップ上の 1 つのプロセッサー・コア」と定義します。 例えば、デュアル・コア・プロセッサー・チップの場合、2 つのプロセッサー・コアが存在することになります。

ライセンス所有者は、パスポート・アドバンテージ・サブキャパシティーライセンス条項 (下記の Web ページを参照) に従って、フルキャパシティー・ライセンスまたは仮想化キャパシティー (サブキャパシティー) ライセンスのいずれかを使用して、プログラムをデプロイできます。 フルキャパシティー・ライセンスを使用する場合、ライセンス所有者は、プログラムで使用可能な、またはプログラムで管理されている物理ハードウェア環境内のすべての活動化されたプロセッサー・コア* に十分な PVU 使用許諾を取得する必要があります。 ただし、プログラムが永続的に除去されたサーバーを除きます。 仮想化キャパシティー・ライセンスを使用する場合、ライセンス所有者は、仮想化キャパシティー・ライセンスのカウント・ルール (http://www.ibm.com/software/lotus/passportadvantage/Counting_Software_licenses_using_specific_virtualization_technologies.html) に従って定義された、プログラムで使用可能な、またはプログラムで管理されているすべての活動化されたプロセッサー・コアに十分な使用許諾を取得する必要があります。

* 活動化されたプロセッサー・コアは、プロセッサー・コアの容量を仮想化テクノロジー、オペレーティング・システム・コマンド、BIOS 設定、または類似の制約によって制限できるかどうか、または制限しているかどうかに関係なく、物理サーバーまたは仮想サーバーで使用できるプロセッサー・コアです。

注: 一部のプログラムでは、プログラムおよび管理対象物に対するライセンスが必要です。 その場合は、以下のことが適用されます。 ライセンス所有者は、プログラムで直接的に必要な使用許諾に加えて、プログラムによって管理されているプロセッサー・コアに十分なプログラムの PVU 使用許諾を取得する必要があります。

一部のプログラムでは、管理対象ベースでのみライセンスが交付されます。 その場合は、次のことが適用されます。 ライセンス所有者は、プログラムで直接的に必要な使用許諾ではなく、プログラムによって管理されているプロセッサー・コアに十分なプログラムの PVU 使用許諾を取得する必要があります。

例外として、いくつかのプログラムでは、参照ベースでライセンスが交付されます。 その場合は、次のことが適用されます。 ライセンス所有者は、プログラムで使用可能な、活動化されたプロセッサー・コアの使用許諾を取得するのではなく、参照プログラムのライセンス交付に適用された基準とは関係なく、参照プログラムが実行されたすべての場所でプログラム自体が実行された場合と同様に、参照プログラムで使用可能な環境に十分なプログラムの PVU 使用許諾を取得する必要があります。

[1-4-4]契約条件

この発表レターに記載されている情報は、参考のため、および便宜上の目的のためにのみ提供されています。IBM とのあらゆる取引を規定する契約条件については、IBM プログラムのご使用条件、IBM インターナショナル・パスポートアドバンテージ契約、および IBM ソフトウェア・メンテナンス取得契約などの該当する契約書に記載されています。

■ ライセンス交付

お客様によるプログラムの使用は、IBM プログラムのご使用条件 (ライセンス情報およびライセンス証書 (PoE) を含む) により規定されます。すべての許可使用に、PoE が必要です。

パスポートアドバンテージ以外から提供されるパーツ番号のみの製品 (適用される場合) は、使用を許諾されるだけで、ソフトウェア・メンテナンスは含まれません。

このソフトウェア・ライセンスには、ソフトウェア・サブスクリプション&サポート (ソフトウェア・メンテナンスとも呼ばれます) が含まれています。

■ ライセンス情報 (LI) 資料番号

プログラム名
プログラム番号
資料番号
IBM Connections
5724-S68
L-CMAS-8D9PLG

ライセンス情報はこちらの WEBサイトで参照可能です(英語画面。ただし日本語のライセンス情報を検索可能)。

■ 限定保証の適用

あり

■ 限定保証

IBM は、本プログラムが所定稼働環境で使用されている場合に、その仕様に従って動作することを保証いたします。この保証は、本プログラムの未変更部分のみに適用されます。IBM は、本プログラムが連続稼働すること、またはエラー・フリーで動作することを保証するものでなく、また IBM が本プログラムのすべての問題を訂正することを保証するものではありません。「プログラム」の使用結果については、お客様の責任とします。

IBM は、お客様が、プログラムの既知の問題点、問題点の修正、制限事項、および迂回処置に関する情報を含む IBM データベースに追加料金なしでアクセスできるようにしています。詳細については、次のサイトの IBM Software Support Handbook を参照してください。

http://www.ibm.com/support/handbook

オリジナル・ライセンス所有者がプログラムを取得後、少なくとも 1 年間 (保証期間内) は、IBM がこの情報を維持するものとします。

■ プログラム技術サポート

プログラム製品のバージョンまたはリリースの技術サポートは、お客様のソフトウェア・メンテナンスが有効である限り、一般出荷可能日から最低 5 年間利用できます。この技術サポートでは、プログラム製品のインストールおよび操作に関する製品固有の作業本位の質問について、IBM からの (電話または電子的手段による) 支援を受けることができます。ソフトウェア・メンテナンスは、プログラムの更新 (モディフィケーションまたはフィックス)、リリース、およびバージョンへのアクセスも提供します。サポートの終了は、発表レターによって終了の 12 カ月前までにお客様に通知されます。終了日以降へのサポートの延長も含め、IBM から追加の技術サポートが必要な場合は、IBM 担当員または IBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。この延長は有料でご利用いただけます。

■ 返金保証

なんらかの理由で本プログラムに満足いただけなかった場合は、オリジナル・ライセンス所有者である場合に限り、送り状の日付から 30 日以内に本プログラムとその PoE を販売元にお返しいただければ、お支払い額を返金することを明記いたします。
本プログラムをダウンロードした場合の返金のお受け取り方法につきましては、本プログラムをお買い求めの販売元担当者にお問い合わせください。
  • 明確にするために、以下のことにご留意ください。IBM インターナショナル・パスポートアドバンテージ契約のもとで取得されたプログラムの場合、この条件は、そのプログラムの最初の取得に対してのみ適用されます。

■ インターナショナル・パスポートアドバンテージ契約

パスポートアドバンテージの適用

あり。下記のパスポート・アドバンテージ Web サイトを通じて提供されます。

http://www.ibm.com/software/passportadvantage

本製品は、パスポートアドバンテージを介してのみ提供されます。本製品は、シュリンクラップでは提供されません。

■ ソフトウェア・サブスクリプション&サポート (ソフトウェア・メンテナンス)の適用

あり。 ソフトウェア・サブスクリプション&サポートは、パスポート・アドバンテージおよびパスポート・アドバンテージ・エクスプレスを通じて購入されたライセン スに含まれています。 製品アップグレードおよび技術サポートは、契約に記載されたソフトウェア・サブスクリプション&サポート (「ソフトウェア・メンテナンス」とも呼ばれる) のオファリングによって提供されます。製品のアップグレードはお客様が使用許諾を受けているソフトウェアの最新バージョンおよびリリースを提供し、技術サ ポートではお客様からの音声および電子的なアクセスによるお問い合わせに対して各国のIBM サポート・センターが対応いたします。

取得した各プログラムの初期ライセンスには、1 年間のソフトウェア・サブスクリプション&サポートが含まれています。ソフトウェア・サブスクリプション&サポートの初期期間は、更新オプション (利用可能な場合) を購入することによって延長できます。

ソフトウェア・サブスクリプション&サポートの有効期間中は、お客様の通常の短期インストール作業や使用 (使用方法) についての疑問、およびコード関連の質問などについて IBM が支援いたします。IBM は、お近くの IBM サポート・センターの通常の営業時間(公表されている基本シフト時間)内に、お客様の情報システム(IS)技術サポート担当者に対して、電話および(利用 できる場合は)電子アクセスを通じて支援を提供いたします。(この支援は、お客様のエンド・ユーザーにはご利用いただけません。) IBM は、重大度 1 の問題について、通年 1 日 24 時間週 7 日のサポートを提供します。 詳細については、以下 Web サイトの「IBM ソフトウェア・サポート・ハンドブック」をご覧ください。

ソフトウェア・サブスクリプション&サポートには、アプリケーションの設計および開発、所定稼働環境以外におけるプログラムの使用、または適用される契約の下で IBM の責任に属さない、製品による障害に関する支援は含まれません。

インターナショナル・パスポート・アドバンテージ契約および IBM インターナショナル・パスポート・アドバンテージ・エクスプレス契約の詳細については、以下のパスポート・アドバンテージの Web サイトをご覧ください。


[1-5]関連情報


[1-5-1] 製品資料

この製品に同梱される資料はありません。

IBM Publications Center
http://www.ibm.com/shop/publications/order

Publications Center は、70,000 品目のカタログと、IBM 製品出版物およびマーケティング資料のための全世界に対する中央リポジトリーです。広範囲の検索機能が提供されます。さまざまなファイル形式の多数の出版物をオンラインで利用することができ、それらすべてをすべての国でダウンロードできます。

[1-5-2] パッケージング

本製品は、パスポート・アドバンテージのお客様向けに WEBサイトからのダウンロード、もしくは CD-ROM のメディア・パックで提供されます。この製品に同梱される資料はありません。

    IBM Connections の LI 資料番号は L-CMAS-8D9PLG です。

ライセンス情報はこちらの WEBサイトで参照可能です(英語画面。ただし日本語のライセンス情報を検索可能)。

[1-5-3]IBM Electronic Services

IBM は、ハードウェアおよびソフトウェアのサポート・サービスの提供形態を変えて、システムがより高い可用性を達成できるように支援します。
エレクトロニック・サービスは、IBM サーバーで使用可能なサービスおよびサポートに対する他に類を見ない機能拡張を追加料金なしで提供する Web 対応ソリューションです。これらのサービスの目的は、問題解決および予防的なモニターを迅速化してシステムの可用性を高める機会を提供することです。エレクトロニック・サービスは、エレクトロニック・サービス・ニュース・ページとエレクトロニック・サービス・エージェントという、独立してはいるが相補的な 2 つの要素で構成されています。

エレクトロニック・サービス・ニュース・ページは、お客様が IBM インターネット・サービスおよびサポートにアクセスする際に従来使用していた複数のエントリー・ポイントに取って代わる単一のインターネット・エントリー・ポイントです。ニュース・ページを使用すると、技術的な問題の解決を支援するための IBM リソースに簡単にアクセスできます。

Electronic Service Agent は、ご使用のサーバーに常駐する追加料金不要のソフトウェアです。このソフトウェアは、イベントをモニターし、お客様が定義したタイムテーブルに従って定期的に、システム・インベントリー情報を IBM に送信します。Electronic Service Agent は、ハードウェア障害を自動的に IBM に報告します。潜在的な問題を早期に把握することにより、IBM は事前対策を講じるサービスを提供して、システムの可用性とパフォーマンスを向上させることができます。さらに、Service Agent を通して収集された情報は、IBM サービス・サポート担当者がお客様の質問に答えたり、問題を診断する際に使用できます。お客様が問題報告のために IBM Electronic Service Agent をインストールして利用することによって、IBM は、お客様の IBM サーバーに対してより優れたサポートとサービスを提供することができます。

[1-5-4] 商標および免責事項
    • IBM、IBM ロゴ、ibm.com および Lotus は、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、www.ibm.com/legal/copytrade.shtmlをご覧ください。
    • Linux は、Linus Torvalds の米国およびその他の国における登録商標です。
    • 他の会社名、製品名およびサービス名などはそれぞれ各社の商標です。

本発表の内容は、発表時点の情報に基づいて作成されていますが、予告なく変更されることがあります。


ThinkPad ( ノートブック製品 ) 、ThinkCentre ( デスクトップ製品 ) およびその他のPC製品はLenovo社の製品です。このページはIBMおよびLenovo社のThinkPad ThinkCentreの両サイトへのリンクを含んでいます。詳細はこちら

Close [x]

Close [x]